re-neco

市民ブロガーnecoのフットサル雑記

きほんのき。

2017-02-12 | フットサル
ブログ復活したとはいえ、全く宣伝しないnecoです。
誰が見るのかしら(笑)

さて。
フットサルの事を5年間、全く考えずに過ごしてきたわけですが、ここで重大な事態が発生しました。

フットサルのルールが思い出せない。


ここはひとつ、基礎からお勉強です。
参考にしたのはこちらのサイト。

フットサル専門ページbyPINTORU


あ〜、そうだったなあ。
などと思いながら、他にもいろいろ検索。
こんなサイトを見つけました。

FutsalEDGE


この中で、スポーツライターの北健一郎氏が、『フットサルを取り巻く現在の環境とメディアの力』について語っていらっしゃいました。
競技フットサルの魅力を、もっと多くの人に伝えるためには、メディアの力が必要なんだ、という熱い想いに溢れておりました。

確かに。
これは私が前回のブログを書いていた頃にも思っていた事だけれど、競技フットサルって情報が少ないんですよね。
昔からのファンや関係者の方々にお話を聞くと、興味深いエピソードなんかいっぱいあるのに、そのお話が一般の人々に伝わるような場所に置いてない。
しょうがないから自分でブログを書いた、というのが私のフットサル観戦記のスタートでした。

バスケも、似たような環境にあったと思います。
bjリーグが立ち上がった頃の観客席なんか、本当に数えられる程しか人がいなかった。
ただし、バスケには潜在力がありました。
中高生の部活動の競技人口を調べると、バスケはベスト3に入る程、人気のスポーツです。それが、リーグ戦の観客動員数には、当時繋がっていなかったわけです。
この、潜在的なバスケファンを、どう掘り起こしていくかが課題でした。

残念ながらフットサルは、現在のところ『人気の部活動』という訳ではありませんね。競技者もファンも、多くの場合サッカーから流れて来ているようです。
しかしながら、サッカーファンならサッカーを見る。
サッカーが好きだからフットサルを見る、とはなりにくいのが現実だと思います。

私なんかは元々バスケ観戦にハマっていて、似たような魅力を持つフットサルに流れてきた、ちょっと変わったタイプです。
なので、サッカーの魅力とフットサルの魅力はまるで違うと、常々考えてきました。
この違いを、いかにうまく伝えるべきかと考えた時に、まずは前述したサイトのような、『フットサルの基本』を伝えてくれる存在が大事なのかなと考えます。

一番手っ取り早いのは、フットサルマンガがジャンプかなんかで連載される事ですかね(笑)

私が考えるフットサルの魅力は、なんといっても、無料で公開されている試合が大変多い事です。来月開催の全日本選手権も、1次ラウンドが無料ですし、その他関東リーグなどの地域リーグやら各都県リーグは全て観戦無料、、、だったはず(笑)
どうせタダなんだからと、もっと軽い気持ちで見に来てもらえればいいのにな、と思います。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年振り。 | トップ | テレビの力。 »

コメントを投稿

フットサル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。