津々浦々 漂泊の旅

「古絵はがき」 に見える船や港。 そして今、バイクで訪ねた船や港のことなど。       by ななまる

晩秋の吉備路へ

2016-12-31 | 旅行
2016(H28)年の暮れにあたり、自身の覚えとして、本年、最も心躍らせた小型木造汽船「T丸」と、その船に
纏わる旅について、記しておきたい。
「T丸」は、終戦後に建造された旅客船。鮮明な進水記念式典の画像を手にしてから、長い間、その特定に
頭を悩ませてきた。セピア色になった写真の裏面には、今はY市域となっている地名を冠した造船所名が記さ
れていた。鮮明な写真から船名を読取れるのに、何故、記録に迫ることが出来ないのか。交通事情の逼迫し
た当時に建造されながら、杳として掴めぬ「T丸」の消息に、長い間、もどかしい思いをしてきた。
勤務する船会社には、荷主やメーカー・商社の営業さんが打合せに来所する。本船出港の度、荷の確認にご
来所下さる商社マンI氏とは、打合せの後、バイクやツーリングの話をする間柄。I氏お勤めの商社は、主に鉄製品
を扱っている関係から、瀬戸内の中核都市Y市に営業所を構えていた。
Y市の縁から、I氏に「T丸」の話をしたのが今年に入ってから。I氏は直ぐ、Y営業所の同僚M氏に「T丸」の話
をお伝え下さった。M氏もバイク好きで、早速、造船所のあった集落を訪れ、地元の方々のご紹介もあって、
「T丸」建造をご記憶のご尊老より、証言を頂戴することが出来たという。
これには驚かされた。『戦時船名録』にも採録されず、全く手掛かりを得ることの出来なかった小型木造汽
船について、自分は全く身体を動かさず、情報を得ることが出来たのである。ご尊老の証言と船舶原簿より、
芋蔓式に「T丸」の謎は解けた。年内に、Y市にご尊老とM氏を、お尋ねしたいと考えていた。

そんな頃、関係している団体の事務局長氏より、玉島港と備中鍬の話を伺った。氏は倉敷市のご出身。
倉敷市内の玉島は、備中松山藩(高梁市)の飛地として新田開発・築港が行われ、高梁と玉島は高瀬舟によ
って結ばれた。備中松山藩は、領内から採取される砂鉄から備中鍬を生産し、江戸へ移出・販売することで、
藩財政を立て直したという。
製鉄文化に関連し、氏の話は「青江の刀鍛冶」にも及んだ。その時、地名「青江」を耳にして仰天した。
高校生の頃、備中国青江住「次吉」作の古刀を一つのモチーフとした小説を手にした。数年前に他界された作
家の、僕にとって入口の作品となり、後に、作品全てを読了した。しかし、刀剣に関心は向かず、「青江」が
実在地名とは、考えもしなかった。青江には刀鍛冶の守護神を祀った神社や、刀工の井戸も残っていると
判った。

秋も深まり、旅心は募るばかり。仕事の調整もつき、珍しく昼行で西へ向うことにした。運輸局や法務局での
調査もあるため、現地調査日に平日を充てた。自宅を08:10に発ち、晩秋の箱根を超え、新東名道へ入った。
浜松いなさJCTと豊田東JCT間は初走行区間。快適な走行から、箱根を超えたら、直ぐ中京地区‥といった
感覚。北風の厳しい日で、伊勢湾岸道では車体を倒しても、いきなり現れる風の道に、吹き倒されそうになる
恐怖を覚えた。若狭湾から琵琶湖、濃尾平野を通り、伊勢湾へ吹き抜ける風の道を体感した。桑名へ渡り切
った時には、心底「ホッ」とした。途中、静岡SAと西宮名塩SAの給油停車のみで、16:05岡山総社ICから下道へ
出た。陽は西へ傾いていたが、先ずは青江神社を目指した。



全国を歩いていても、余り、風景写真を撮ることはない。今回、偶々見かけたこの風景に、バイクを停めた。
備中国分寺は江戸期に再興され、五重塔は江戸末期の建築。予備知識無しに現れた、絵になる風景に感動
した。







高梁川堤防上の県道を南下し、青江神社に参拝する。境内には金山神社もあり、拝殿内には男根が祀られて
いた。岡山県神社庁のHPには、青江神社に関し「当社の御祭神素盞嗚命、五十猛命は吉備穴海、高梁川接点
の津の神であり、金山彦神、金山姫神は鎌倉、室町期に栄えた青江鍛冶の守護神と伝えられている」とある。
祭神の解説は、附近の原地形を考える上で非常に興味深い。
青江神社参拝を終えた頃には既に日は落ち、夕闇のなか、青江の井戸へ向った。墓地横の路地から山に入る
には、勇気が要った。井戸とは言っても水溜りのよう。手を浸したら凍みるように冷たかった。





宿は岡山市内にとり、翌日は早朝から「高瀬通し」を見学した。「高瀬通し」は、農業用水及び高瀬舟の運航
を可能としするため、船穂町水江から玉島港にかけ、正保2(1645)年から延宝2(1674)に整備された約10㎞の
水路。船穂町水江にある「一ノ口水門」「二ノ口水門」の間が閘室だったという。
現在、高梁川からの取水はサイフォン式となっているが、築造当時、それぞれの水門が、どのように機能したの
か、現地では良く判らなかった。『運河と閘門』は、従来の説と異なる説も取り上げている。
グーグルアースを見ると、現地の高梁川中に洗堰がある。至近から見ようと藪漕ぎしたが、行き着けずに諦めた。



「二ノ口水門」の山手に「白神源次郎記念碑」のあることに気付いた。帰宅して調べたところ、水江村に生ま
れた白神は、高瀬舟を仕事としていた。日清戦争で死亡した白神は、「死んでも喇叭を離さなかった」美談
の主として広く紹介されたものの、後に、喇叭手は別人の木口小平であったとされた。訂正は、白神の死因
が溺死であった事によるという。
何故に美談は生まれ、広まったのか。日清戦争に同じ備中国から出征し、喇叭手となった2人の若者が、生
きて再び故郷に帰れなかったことに、違いは無いのである。



高梁川の右岸を下流へ向かい、玉島で羽黒神社に参拝した。神社の鎮座する羽黒山は、干拓前は阿弥陀島
(古来「玉島」と呼ばれた)という小さな島であった。羽黒神社は、万治元年(1658)年、備中松山城主水谷伊勢守
が玉島周辺の干拓に着手するにあたり、出羽神社の神霊を勧請したことに始まる。玉島の市街は、羽黒神社
を中心に広がる。溜川河口は高梁川の河川舟運と、北前船による沿岸舟運の結節点として、大いに繁栄した。



玉島みなと公園から周辺を眺めた。遠くに中国電力玉島発電所の煙突を望んだ。高校3年の夏休み、東京
港から内航貨物船に便乗した経験を記したが、水島港の製鉄会社専用岸壁に上陸したことを思い出す。
みなと公園で時間調整の上、運輸局と法務局を訪れ、証明書を取得した。その後、ご尊老をお訪ねし、柔ら
かな晩秋の日射しのもと、造船所跡地を望む縁側で「T丸」のお話を伺った。時代に翻弄された小型木造客
船の航跡と、建造に関わった人々の、喜びや悲しみが胸に響いた。お読み下さった方には申し訳ないが『日
本船名録』や『戦時船名録』に採録されなかった船名の故、明記は控えさせていただきます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 築港用石材運搬船団 | トップ | 阿波国共同汽船の創立 »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事