英国紳士の午後

デスメタルをこよなく愛するロック系管理人のブログ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2(2017)

2017年05月14日 00時25分31秒 | 映画レビュー

ネットを見てると原題から邦題になるとき、名前がダサくなる、と文句が出ている。

この映画も

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.2→ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

に変更されてはいるが、別にどっちでもいいんじゃないだろうか。

そんなことに怒りを感じている人は、「俺は原題を知ってるぜ!」とアピールしたいだけのように感じる。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは1作めも当然見たが、点数で言うと80点ぐらいだろうか。

何も考えずに見られるので、とても楽しい。

悪く言うと楽しいだけで、特に語ることが無い。

まぁ元々、ガーディアンズオブギャラクシーについての知識が無いことが原因ではあるのだが。

 

今作は、非常にテンポがよく、話も2つの場所(スター・ロード組、ヨンドゥ組)で進展していくので飽きが来ない。

 

劇中で、デビット・ハッセルホフの名前が出て来て驚いた。

ナイトライダー見てないと、なんのことやらって感じだが。

2008年にやっていた新しい方のナイトライダーは、CGも当時より進化していたはずなのだが、面白かったかというと微妙だった。

実際、シーズン1で終了してしまった。

ナイトライダーに限らないが、1980年台だからこそウケた作品だと言えるだろう。

初代ナイトライダーのほうが、色々チープに感じるのだが、だからこそ許せる、楽しく見られるところが多い。

2008年は、携帯電話も有り、色々な技術が進化してしまっているためか、ナイト3000を見ても「すごい!」という気持ちにあんまりなれない。

あと車の選択も悪かったのかもしれない。

2008年版は、マスタングを使用しているが初代のファイアーバードトランザムに比べて、パンチ力が無いデザインのように思う。

ただヒュンヒュンと鳴る赤いバーを着けただけに見えてしまうのが悪かったのではないだろうか。もっと未来カーっぽいデザインを作れれば。

だが今の時代における未来カーのデザインは難しいだろう。

今は丸い形の車がとにかく増えてしまったので、逆に1970年台のようなカクっとしたデザインが未来っぽく見えるかもしれない。

だが、それは悪い意味で未来カー(笑)になってしまうかもしれない。

 

と、まぁガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの話ではなくほとんどナイトライダーの話でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スクール・オブ・ロック(2003) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL