英国紳士の午後

メタルマンをこよなく愛すロックマン系管理人ブログ
メタルマンはメタルブレードで死ぬ

パカパカパッションについて

2017年02月23日 23時21分13秒 | ゲームレビュー

ここ1年ぐらい、携帯ゲーム機といえばPS VITAしか使っていない。
3DSも勿論もってはいるがスパロボBXを1度クリアしてから全く使わなくなってしまった。
どうしてもPS VITAに比べ画質が劣るためか、どうもやる気にならない。
というわけではない。

そんな俺がPS VITAでいつもプレイしているゲームはパカパカパッションだ。


パカパカパッションって何?と思う人も多いと思うが、1999年に発売された音ゲーだ。
今もかなりの音ゲーブームのように感じるが、当時も音ゲーブームだった。
今はKONAMI、SEGAが強いように思うが、当時は色々な会社が変な音ゲーを出していた。
けどよく考えたら当時もSEGAは、サンバdeアミーゴとかクラッキンDJとか出してたし、あんま変わんねーか。
まぁその頃にパカパカパッションというゲームはアーケードで発売された。

うちの近くのゲーセンにはパカパカッションSPが出て1年ぐらい経つまで入荷しなかったので、その存在はインターネットを通じて知るのみだった。
初めてやったときは、そもそもルールが全くわからなかった。
というか遊んでてもルールがわからず、インターネットで最終的に理解した記憶がある。

これがゲーム画面だ。
まぁなんか音ゲーやってる人はなんとなくわかるかもしれないが、プレイヤーは左側の小さいチップみたいのに併せて演奏する。
ボタンは4つ。
普通の音ゲーは、判定バーが一番したにあるわけだが、このゲームでは判定バーが上から下に流れてくる。
この感じは実際プレイしてみないとわからないと思うのだが、本当に慣れるまで時間がかかる。
このタイプの音ゲーというのは俺が知ってる限り、このゲームしかない。

上の画像にも書いてあるが、この棒みたいのが"LIMIT"を超えて3秒間経過してしまうとゲームオーバーだ。
この棒は、相手が最高判定である"perfect"をとるか、自分が最低判定の"miss"をとると増えてくる。
プレイヤーは"perfect"を取り続けなければならないわけだがこれが慣れてくるまで本当に難しい。
なお、最初の頃はこの棒がいっぱいある方が勝ってると思ってたわ。
格ゲーと同じように体力ゲージとかにすれば良かったのに。

いやぁ、音ゲー初心者じゃしょうがないですよね、とか思うかもしれないが本当に舐めないほうがいい。
最近の音ゲーがあんまりわからないから昔の音ゲーで例えるが、ポップンの"cool"判定や弐寺のピカグレ判定よりもきついと個人的には思う。

何よりポップンや弐寺は最高判定を取らなくてもクリアは出来る。
パカパカパッションは最高判定を取り続けないとクリアが出来ないのだ。
ポップンで例えると90000点ぐらいは取らないとゲームオーバーといった感じだろうか。
なんか書いてみるとそんなきつくない気もする。

曲も版権曲なんて当然ない。
今は版権曲が入ってて当然の時代だが、当時はギタドラぐらいだったように思う。
まぁポップンも6から導入されているが。(厳密にはポップン3のサマーからか?)
ビーマニポケットがあるだろ!とか言うかもしれないけど、そういうマイナーなのはまぁいいだろう。
ガッチャミックス?そういうのもありますね。

曲は正直、すげーいい曲ってのはない。
なんか微妙な曲ばっかり。
それでもやり続けてしまうのが恐ろしい。
なお、曲的にはパカパカパッション2がなんかわけわからん曲が多い。
blue noise2が一番いいように感じるが、ほとんどblue noiseと変わらない。
private serviceはいいけどなんかアニソンって感じ。

話を戻すがパカパカパッションは他の音ゲーと比べて大きな違いがある。
他の音ゲーは大体専用筐体があるが、このゲームは格ゲーと同じ筐体を使用出来たのだ。
だから店側としては、基盤とボタンだけ交換すれば導入出来た。
専用筐体を入れなければならない他の音ゲーと比較して安く導入出来たのだ。

またこのゲームは、格ゲーのように乱入することが出来た。
が、対面の台との対戦ではなく同じ画面での対戦だったので、必然的に隣に座って対戦することしか出来なかった。
こんなんじゃ対戦しねーだろ。

まぁがちゃがちゃ書いてきたが、このゲームが何年か前にPSアーカイブで購入出来るようになったのでそれをずーっとやっているのだ。
他にPS VITAでそんなにやりたいゲームもないので、この前オーディンスフィア レイヴスラシルを押切蓮介先生のおかげでやっていたが、今はパカパカパッションに戻った。
電車内で一生懸命、このゲームをやっているおっさんがいたらそれは多分俺だろう。
他にやっているやついるんだろうか。

なおアーケード版をやりたいときは秋葉原のクラブセガか、高田馬場のミカドに行けばいいだろう。
たまに俺以外にもやってる人がいるが、ほぼ例外なく俺より断然うまい。
PS Vitaでは最近やっと曲によっては90%が出るようになってきたが、100%なんて一生出ないだろうと思う。いや、95%も出ない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒース・レジャーのジョーカ... | トップ | それでも町は廻っている 年表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゲームレビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL