英国紳士の午後

デスメタルをこよなく愛するロック系管理人のブログ

クライング・ゲーム(1992)

2017年07月14日 23時33分21秒 | Weblog

最初から完璧なネタバレになってしまうが、愛した女が実は男でした!という話だ。

まあそこに行き着くまで色々あるのだが、漫画やラノベではこういったネタは使い古されたネタだろう。

だが映画では意外とない。

俺が知らないだけだったらすいません。

 

この映画はとにかくディルが可愛いことにある。

まあ男だと言われたらそうだが、言われないとなかなか気付かないと思う。

 

途中でファーガスが、ディルの髪の毛を切ってしまうシーンがでこんなことすんだよ!

と思ったが、追ってきた仲間からディルを守るためにやったんだなと気付いた。

 

ディルが男と気づいた時になんだよ、男だったのかよ、キモっ!と考え、2度と会わなければそこで終わりなわけだが自分から謝罪する、というアクションをとる。

ここまでするのだからなんだかんだでファーガスののことを愛していたんだなぁと考えられる。

 

とにかくディルが健気で可愛い。まぁ健気というよりはヤンデレに近いが。

 

なんか初めにグライングゲームっていう歌が流れるのだが、この歌は男は女のためならなんでもしちゃうよー、っていう歌だ。

 

だがこの映画のカップルは言ってみれば性別的には男同士だ。

これでは歌詞とあんまり一致しない。

だが意識としてはやはり男女なのだ。

多くを語らず何考えてるかわからないがファーガスと健気にファーガスを愛するディル。

これは男女と言えるだろう。

 

最後のシーンは刑務所に収監されているファーガスにディルが会いに来るところだ。

刑期は2335日もあるらしい、約6年間だ。

その6年間ディルが会いに行ってあげて、刑期を終えたら二人で幸せになってくれればいいなぁ、と思った。

 

愛せるなら性別はあまり関係ない、とうことを考えさせられる映画だ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dead by daylight(2016) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL