blog

gooBlog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐世保高1殺害 なぜ少女は凶行に走ったのか

2015-05-30 19:07:59 | 日記

 長崎県佐世保市の県立高校1年の女子生徒を殺害したとして、同級生の少女が逮捕された。


 少女はなぜ、凶行に及んだのか。捜査当局には徹底解明を求めたい。


 少女は自宅マンションで、女子生徒を工具で殴った後、首を絞めて殺害し、ノコギリなどで遺体の一部を切断したとされる。


 殺害された女子生徒は歴史好きで、大学の文学部への進学を希望していた。父親は告別式で「娘は宝物だった」と語ったという。悲しみは、察するに余りある。


 少女は調べに対し、「人を殺してみたかった」という趣旨の供述をしている。女子生徒とは中学時代からの同級生で、2人の間にいじめやけんかなどはなかったという。事件当日も、犯行直前まで2人で買い物を楽しんでいた。


 その友人をなぜエアジョーダンナイキ エアマックス殺害せねばならなかったのか。猟奇的な面も際立つ。理解に苦しむばかりだ。


 少女は幼い頃から成績が良く、スポーツにも熱心だったが、小学生時代には、給食に洗剤などを混入するトラブルを起こした。


 昨秋、母親が病気で死亡した。今年に入って父親が再婚した頃、少女は父親に金属バットで暴力を振るった。小動物を解剖する問題行動も見られたとされる。


 多感な年頃である。家庭環境の変化が、少女の心に何らかの影響を及ぼしたのだろうか。


 少女は今後、家庭裁判所に送致される見通しだ。犯行に至る心理状態を解き明かすには、精神鑑定のほか、家庭環境や成育歴の詳しい調査が求められよう。


 少女は今春からマンションで一人暮らしを始めた。高校には、ほとんど登校していなかった。


 中学時代の教員らが時折、少女を訪ね、一緒に食事をしながら、相談に乗っていた。少女を支えようとする学校関係者の努力が実らなかったのは、残念である。


 児童相談所には6月、少女を診察した精神科医から「人を殺しかねない」と相談があったが、児相は助言をしただけだった。


 少女の行為が深刻さを増しているという情報が、学校や警察に伝わらず、適切な対処につながらなかったことが悔やまれる。経緯の検証が欠かせない。


 佐世保市では10年前にも、小6女児が同級生を失血死させる事件が起きた。その後、命を大切にする教育が全国で広がっただけに、今回の事件の衝撃は大きい。


 政府は、子供の心の問題に対応するスクールカウンセラーの活用などを、さらに進めるべきだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キング、スマホ向けパズルゲーム「ファームヒーロー」日本語版リリース

2015-05-09 11:30:06 | 日記


(gooニュース×MarkeZine)


 キング?デジタル?エンターテインメントは、5月22日、スマートフォン向けゲーム「ファームヒーロー」の日本語版をFacebook、iOSおよびAndroidにてリリースすることを発表した。本作は、2014年1月より英語モバイル版を配信。マルチデバイス対応で、毎日約1.88億回プレイされている(2014年2月の平均プレイ回数)。


 「ファームヒーロー」は、農園を舞台にしたキャラクターが登場する3マッチパズルゲーム。Facebookと連携させる事で、友人間でゲームの進行に協力することができ、また、マルチデバイスでの同期機能により、いつでもどこでも、既存のレベルからゲームを再開することができる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加