blog

gooBlog

宝塚線事故マンション、4階まで保存 遺族にJR西提示

2017-06-20 12:35:24 | 日記





 2005年4月に起きたJR宝塚線(福知山線)脱線事故で電車が衝突したマンション(兵庫県尼崎市)について、JR西日本は25日、具体的な保存整備案を遺族らに提示し始めた。9階建てのうち4階部分までを階段状に残し、東側には手を合わせた形の慰霊碑を設置する。JR西は遺族らの意見を聴いた上で年内に改めて説明会を開き、合意を得たい考えだ。

 25日に遺族へ配られた資料によると、マンションは事故の痕跡が残る部分を中心に4階部分(高さ約13メートル)まで残して階段状にした上で、南北に約52メートルある1階部分は救助活動が行われた場所として全て残す。脱線地点から衝突現場までを含めた土地全体を大きな屋根で覆う。

 線路側には壁を設け、電車内の乗客からはマンションが見えない。しかし、現場カーブを曲がる運転士からは見えるようにし、常に安全を意識させる。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本政府のPFI法改正、韓国の... | トップ | 【絵本】元図書館司書が厳選!... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。