Testpassport問題集はIT技術者向け設計の試験対策

testpassport問題集は品質が高いのみならず、正解率も高いです。

1Z0-068問題と解答は試験の全部内容を覆い、1回で試験に合格することを保証します

2016-10-29 16:26:45 | Oracle
Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator 認定資格は、1~2 年の RAC および Grid Infrastructure の経験を持つ、データベースのシステム管理者およびデータベース管理者を対象とした資格です。
試験番号:1Z0-068
試験名称:Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administration
関連資格:Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator
バージョン:Oracle Database 12c
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:150 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 90問
合格ライン:試験全体で 60*% 3つの各セクションの合格ラインを上回る必要があります
出題形式:選択問題

Testpassportは効果的なOracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator資格1Z0-068問題集で、短時間で試験に十分に準備させることができます。
弊社のOracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator資格1Z0-068勉強材料を選択すると、あなたが望むものを選択することです。
弊社の Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator資格1Z0-068試験対策が審査し、あなたが知る必要がある答えのすべてのコンテンツをカバーしています。
1Z0-068問題と解答は試験の全部内容を覆い、1回で試験に合格することを保証します。
1.Which statement is true concerning the installation of an Oracle Grid Infrastructure 12c patchset and its
status during the installation?
A. Some grid infrastructure patchsets may not be installed in a rolling fashion.
B. They can be applied in-place.
C. When performing rolling patches, crsctl query crs softwareversion always displays the lowest version
of thesoftware running anywhere in the cluster
D. When performing rolling patches, the VIPs for the node being patched are relocated to another node.
Answer: C
2.Which two statements are true about ASM default templates?
A. Default data file templates are only created by ASM when a normal redundancy disk group is created.
B. Default template settings for redundancy depends on the disk group redundancy.
C. Default templates for a disk group can be modified.
D. Default template setting for striping depends on disk group redundancy.
E. Templates may be shared across disk groups.
Answer: A,B
Explanation:
Default template settings depend on the disk group type. The default template for data files for a normal
redundancy.
Reference: http://docs.oracle.com/cd/E11882_01/server.112/e18951/asmfiles.htm#OSTMG139
3.Which three types of patches and upgrades are supported for Oracle Grid Infrastructure 12c?
A. in-place upgrades using the Oracle Universal Installer
B. out-of-place patching for patch bundles
C. in-place patching for patch bundles
D. out-of-place upgrades using the Oracle Universal Installer
E. in-place patching for one-off patches
F. in-place patching for patch sets
Answer: A,B,E
4.Which three statements are true about the Global Enqueue Service and Global Enqueue Service (GES)
Resources in Oracle 12c RAC?
A. The mastering instance for a GES resource is never the same as the instance that owns the enqueue
inexclusive mode.
B. The LMD0 runs only on the instance that masters all GES resources.
C. When a GES resource is dequeued, converters if any exist for that resource, are processed before
anywaiter for that resource.
D. The LMD0 process on the requesting instance communicates with the LMD0 process on the mastering
instance if they are not the same instance.
E. The mastering instance for a GES resource is never the same as the instance that owns an enqueue
inshared mode.
F. An LMD0 process runs on all instances.
G. The foreground process on the requesting instance communicates with the LMD0 process on the
mastering instance if they are not the same instance.
Answer: A,F,G

弊社のOracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator資格1Z0-068試験材料の命中率がからり高くになり、試験内容を覆い、カバー率が97%以上に達することを保証します。

Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator資格1Z0-068出題範囲:
Grid Infrastructure
クラスタの原理と目的について説明する
Oracle Clusterware のアーキテクチャについて説明する
Clusterware に対するグリッド?プラグアンドプレイの影響を説明する
RAC データベースおよびアーキテクチャ

Oracle RAC の利点を説明する
グローバル?リソースの必要性を説明する
グローバル?キャッシュの調整について説明する
Oracle RAC のインストールと構成

Oracle データベース?ソフトウェアをインストールする
クラスタ?データベースを作成する
データベース作成後のタスクを実行する
単一インスタンスの Oracle データベースをRACに変換する
Oracle RAC の管理

Enterprise Manager の「クラスタ?データベース」ページを使用する
RAC 環境の REDO ログ?ファイルを定義する
RAC 環境の UNDO 表領域を定義する
RAC データベースおよびインスタンスを起動および停止する
RAC 環境の初期化パラメータを変更する
RAC のバックアップとリカバリの管理

ARCHIVELOG モードと高速リカバリ領域を使用するように RAC データベースを設定する
RAC 環境用に RMAN を設定する
グローバル?リソースの管理

グローバル同時実行性制御の必要性を説明する
グローバル?リソース?ディレクトリについて説明する
グローバル?リソースの管理方法を説明する
グローバル?エンキューおよびインスタンス?ロック管理について説明する
グローバル?バッファ?キャッシュ管理について説明する
RAC データベースの監視と調整

RAC 固有のチューニング?コンポーネントを識別する
RAC 固有の待機イベント、グローバル?エンキューおよびシステム統計を識別する
最も一般的な RAC のチューニングの推奨事項を実装する
クラスタ?データベース?パフォーマンス?ページを使用する
RAC で自動ワークロード?リポジトリ(AWR)を使用する
RAC で自動データベース診断モニター(ADDM)を使用する
サービスの高可用性の管理

RAC 環境でサービスを設定および管理する
クライアント?アプリケーションとともにサービスを使用する
データベース?リソース?マネージャとともにサービスを使用する
スケジューラとともにサービスを使用する
サービスの集約とトレースを設定する
接続およびアプリケーションの高可用性の管理

クライアント側の接続時ロード?バランシングとフェイルオーバーを設定する
サーバー側の接続時ロード?バランシングを設定する
ロード?バランシング?アドバイザ(LBA)を使用する
高速アプリケーション通知(FAN)の利点を説明する
サーバー側のコールアウトを設定する
サーバー側とクライアント側の ONS を設定する
透過的アプリケーション?フェイルオーバー(TAF)を設定する
Oracle RAC のアップグレードとパッチ適用

様々なパッチのタイプについて説明する
ローリング?パッチとローリング更新を計画する
Oracle Universal Installer(OUI)ユーティリティでパッチセットをインストールする
opatch ユーティリティでパッチをインストールする
Oracle RAC One Node の管理

オンライン?データベース移行を実行する
既存のクラスタに Oracle RAC One Node データベースを追加する
Oracle RAC One Node データベースを RAC データベースに変換する
DBCA を使用して単一インスタンスのデータベースを RAC One Node データベースに変換する
Oracle Database のサービス品質(QoS)管理の使用

QoS を使用する目的とメリットを説明する
QoS のコンポーネントについて説明する
QoS の操作について説明する
RAC 環境におけるマルチテナント?アーキテクチャの使用

RAC 環境および非RAC環境でのマルチテナント?アーキテクチャについて説明する
RAC マルチテナント?コンテナ?データベース(CDB)を作成する
RAC CDB でプラガブル?データベース(PDB)を作成する
デフォルトの CDB および PDB サービスを使用する
PDB サービスをサーバー?プールに関連付ける PDB サービスを作成する
RAC CDB から PDB を削除する

「Oracle Database 12c: Grid Infrastructure の管理」セクション

Clusterware の概要

クラスタの原理と目的について説明する
クラスタ?ハードウェアのベスト?プラクティスについて説明する
Clusterware に対するグリッド?プラグアンドプレイの影響を説明する
Oracle Clusterware のアーキテクチャ

Oracle Clusterware のアーキテクチャについて説明する
Oracle Clusterware の起動の詳細について説明する
フレックス?クラスタ

フレックス?クラスタのアーキテクチャとコンポーネントについて説明する
フレックス?クラスタでのノード障害の影響について説明する
Grid Infrastructure のインストールの計画と事前タスク

Grid Infrastructure のインストールを計画する
システムおよびネットワーク要件を確認する
必要な OS パッケージをインストールする
カーネル?パラメータを設定する
グループおよびユーザーを作成する
ディレクトリを作成する
シェルの制限を設定する
Grid Infrastructure のインストール

Grid Infrastructure をインストールする
インストールを検証する
ASM ディスク?グループを設定する
クラスタ?ノードの管理

クラスタを拡張するための前提条件の手順を実行する
addNode.sh を使用してクラスタにノードを追加する
クラスタからノードを削除する
従来の Clusterware の管理

日常的な Clusterware の管理タスクを実行する
Oracle Cluster Registry(OCR)のバックアップとリカバリを実行する
ネットワーク設定を管理する
what-if コマンド評価の範囲と機能について説明する
ポリシー?ベースのクラスタ管理

ポリシー?ベースのクラスタ管理のアーキテクチャとコンポーネントについて説明する
サーバーの分類を管理する
ポリシー?セットを管理する
ポリシーをアクティブ化する
Grid Infrastructure のアップグレードとパッチ適用

使用可能なパッチとアップグレードのタイプについて説明する
ローリング?パッチとローリング?アップグレードを計画する
アクティブなバージョンとソフトウェア?バージョンを比較する
Oracle Universal Installer(OUI)でパッチセットをインストールする
opatch ユーティリティでパッチをインストールする
Oracle Clusterware のトラブルシューティング

Oracle Clusterware のログ?ファイルを探し、diagcollection.pl を使用する
リソースのデバッグを有効にする
コンポーネント?レベルのデバッグを有効にする
Java ベースのツールのトレースを有効にする
Oracle Cluster Registry(OCR)ファイルをトラブルシューティングする
Oracle Clusterware によるアプリケーションの高可用化

Oracle Clusterware の高可用性コンポーネントについて説明する
ポリシー管理型データベースと管理者管理型データベースについて説明する
アプリケーションの仮想IP(VIP)を作成する
アプリケーション?リソースを管理する

ASM の概要

自動ストレージ管理(ASM)のアーキテクチャについて説明する
ASM のコンポーネントについて説明する
ASM インスタンスの管理

ASM インスタンスの初期化パラメータを説明し適用する
ASM インスタンスおよび関連プロセスを管理する
V$AS M動的パフォーマンス?ビューを使用して ASM インスタンスを監視する
フレックス ASM

フレックス ASM のアーキテクチャとコンポーネントについて説明する
フレックス ASM をインストールおよび設定する
フレックス ASM を管理する
ASM ディスク?グループの管理

ASM ディスク?グループを作成および削除する
既存の ASM ディスク?グループの属性を設定する
ASM ディスク?グループに対して継続的なメンテナンス?タスクを実行する
ASM ディスク?グループに関する主要なパフォーマンスおよびスケーラビリティの考慮事項について説明する
ASM ファイル、ディレクトリおよびテンプレートの管理

クライアント?ツールを使用して ASM ファイルにアクセスする
完全修飾 ASM ファイル名の形式について説明する
ASM ファイル、ディレクトリおよび別名を作成および管理する方法について説明する
ディスク?グループ?テンプレートを説明および管理する
Oracle CloudFS の管理

ASM Dynamic Volume Manager を管理する
ASM ボリュームを管理する
ASM クラスタ?ファイル?システム(ACFS)を実装する
ACFS スナップショットを使用する
Oracle CloudFS の高度なトピック

ACFS の監査を設定する
ACFS の暗号化を実装する
ACFC のレプリケーションを設定および管理する
ACFS のタグ付けを実装する
ASCF プラグイン?アーキテクチャについて説明する
High Availability NFS を設定する
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« C9020-567試験資料を使用すれ... | トップ | C9020-567試験に出る可能性が... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。