とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

【マカハ】マイル戦のような競馬になってしまった? @関係者コメント

2016-10-15 17:38:39 | マカハ
東京10R 白秋ステークスで12着となったマカハの関係者コメントです。

◇吉田隼人騎手のコメント
「指示は『中団の後ろから』。スタートして少し出してポジションを取り、一応、指示通りの位置からレースを進めることはできましたが、今日のような中途半端な競馬ではダラッとした脚しか使えませんので、前半はもっとフワッと乗り、直線だけの競馬のほうが合っているのではないでしょうか。それに位置取りだけの問題ではなく、今日の形では、周りが動くとこちらも動かざるをえなくなりますから。被されるのが嫌なため、いつもよりも早めの仕掛けになり、終いの脚が使えなくなる格好に。結果論ですが、前が流れていただけに、腹を括った競馬でもよかったのかもしれません。テン乗りで肌で感じられる情報量が少ない分、今回のような競馬になってしまいました」
◇小崎調教師のコメント
「枠も最高でしたし、人気薄でもありましたので、ひと泡吹かせるぐらいの気持ちでしたが、今日のような競馬ではダメ。最後もそれなりに脚を使っているとは言え、いつものマカハのそれではないですから…。外から来た16番と一緒になって仕掛けていくのではなく、それを先に行かせて後ろから追っかけるような競馬で終いの脚を使えていれば、掲示板ぐらいはあったかもしれません。腹を括って直線だけの競馬に徹し、あとは嵌るか嵌らないか。そういった競馬のほうが良いのでしょう」
-----

吉田隼人騎手、小崎調教師の説明を聞くと、要するに、最後にダラッと脚を使わざるを得なくなる、マイル戦に出た時のマカハの競馬になってしまった、ということになりますかね。
そう言われるとそんな気もしますし、仕方がない気もするのですが…。

でもですね、確かにスタート後にやや押していったのも分かりますし、4コーナー手前から仕掛け気味に進出していったのも事実ですが、そもそも『中団の後ろ』、という指示通りの位置から常識的なタイミングで仕掛けていったわけで、その競馬がマカハにあっていないと言われると、「いやいや今さらそんなことを言われましても…」、みたいな事になっちゃいます(^_^;

吉田騎手の言う“腹を括った競馬”、小崎調教師の“直線競馬に徹してあとは嵌るか嵌らないか”、それは全くその通りでありまして、こちらもレース前からそういう形になると思っていたわけです。
逆に言えば、それが何故、『最後方から』ではなく、『中団の後ろから』という指示になってしまったのか…。 マカハのようなタイプは、テン乗りのジョッキーには特に分かりやすく説明しないと、うまく伝わらない部分もあるでしょうしね。

いや、別に文句があるわけではないのですが、どうせなら、『最近のマカハのパターンである最後方から直線だけの追い込みを選択しなかったのは、好走ではなく勝ちを狙いに行ったから。今回はそれがハマらずスミマセン』、みたいなコメントの方が説得力はある気がします。(別に、ウソを言う必要はないですが(^_^;))

何だか偉そうになってしまいましたが、まだまだマカハには頑張って欲しいですし、今日も着順ほど大きく負けてはいません。 ましてや、年齢的な衰えが少ないのは、これまで関係者の皆さんが一生懸命ケアをしてくれたおかげですからね。
いろいろ難しいところがある馬ではありますが、この一敗にへこたれることなく、休み明け2戦目となる11/13東京10R 奥多摩ステークスでの巻き返しに向けて、いい準備をして頂きたいと思いますm(_ _)m


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【マカハ】休み明け? 直線伸... | TOP | [秋華賞(G1)]ヴィッシ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL