とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

元気を出したい時は… やっぱ肉ですかね(^^ゞ @徳壽・新橋

2016-10-25 05:40:03 | うまいもの
ちょいとしたお祝いの会がありまして、肉を食べてきました。
最近は焼肉屋さんで肉を食べる機会が減りましたが、単純にテンションを上げていこうと思うと魚より肉だったりするわけで、確かにこの時、クレッシェンドラヴ大敗を忘れるぐらいに元気だった気がします。
何だか本当に単純な話なのですが、やはり、肉にはそういう魅力があるのだと思います(^^)

お邪魔をしたのは、新橋焼き肉の老舗中の老舗、徳壽さんです。
このお店は昭和の時代からずっと新橋で頑張っているお店で、バブルもデフレも関係なく、ちょいと高級な肉を出し続けている姿勢は素晴らしいと思いますし、ここに行けば美味しい肉を食べられると決まっているのは心強い限りです。

ということで、まずはプレモルをグラスで。 肉を焼く心の準備を整えます。


心の準備が整ったら、早速、特撰タン塩(2500円)からスタートです!


タン塩の焼き上がり。


ただ単に柔らかいだけでなく、タン独特の旨みもたっぷり。
タン塩がここまで美味しいと、このあとのお肉に対する期待がどんどん膨らみます。
さーてと、じゃあ、期待に応えてもらっちゃいましょうか(^^ゞ

まずはオススメの一品、すだれ炙りの上赤身(1600円)です。


これは一枚のまま焼いていきます。


焼き上がったら、ハサミでカットして頂きます。


これはですね、もうヤバいぐらいに柔らかくて美味しいです。
赤身なので脂っぽくなく、いわゆる肉の味がストレートに楽しめます。
お好みではありますが、やや甘めのタレと辛味噌の相性もバッチリですので、是非この組み合わせで食べて頂ければと思います。。 あ、もちろん、食べ方なんて自由なんですけれど(^^ゞ

このあたりで飲み物はマッコリにチェンジ!


マッコリと一緒に食べるのは、絶品上ロース(2400円)です。


ロースと言えども、焼き上がると牛の脂が滲み出てきます!


先ほど、“すだれ炙りの上赤身”について、『ヤバいぐらいに柔らかくて美味しい』と書きましたが、“ヤバイお肉度”で比べるのなら、このロースも全く引けを取りません。
いや、適度な脂のりがある分、こちらの方が、「肉食ってるぞ!」な雰囲気は上でしょうか。。 もちろんこれは、いいお肉にありがちな、ほのかに甘みを感じる脂だからこそなのでしょう(^^)

そう言えば、豚足(650円)なんていうのも食べましたねぇ。


コラーゲンたっぷりの豚足は、この日の相方の大好物。
特製の味噌をつけて頂きますが、こういうのもたまにはイイものですね(^^)
どちらかと言うと見た目のイメージで避けられることが多い豚足ですが、こちらのは、お肉のレベルの高さに見合う美味しさ、食べ応えのある豚足だったと思います。

さらにそう言えば、野菜も食べなきゃと思いまして、チョレギザラダ(800円)と、


豆もやしのナムル(400円)も頼みました。


チョレギサラダの写真は取り分け後ですが、シャキッと新鮮で瑞々しい、いかにも生野菜なサラダでした。
野菜と言えば、サンチュを頼んでお肉と一緒に食べるのもありですが、この日のお肉は是非そのまま食べたいお肉でありまして、別々に味を楽しめるサラダ方式にしたのは大正解だったと思います。

そしてそして、この日最高の盛り上がり、シャトーブリアン(5500円)です!


最高のヒレ肉らしい、控え目でキメの細かいサシの入りかたがたまりません!!


焼き上がったら、お好みで塩コショウを!!!


いやぁ、これは本当に美味かったっす(T_T)
(泣くんじゃねぇよ!、みたいな…(笑))
実は、最初は厚切りサーロインを食べようと思ったのですが、この日はあいにく入荷が無かったそうで頼めず。。 でも、もう一つメインのお肉は食べたいし、厚切りサーロインに負けないパフォを出せるお肉となると、もう選択肢は限られるんですよね。

その点、シャトーブリアンは旨みと柔らかさが半端ないので、『ちょっと贅沢をして良かった』と素直に思えるし、『こんなお肉を食べたら後戻りは難しい』とも感じてしまう、まさにメインに相応しいお肉だったと思います!
(肉自体に味つけがされておらず、塩コショウだけで食べるのもさすがな感じ(^^))

ということで、後戻りが出来ない私たちは、カルビクッパ(900円)でシメることにしたのでした(^^)v


カルビの旨みとご飯は本当によく合います(^^)


ちなみにご飯ものなどは、お願いすると写真のようにきれいに取り分けて出してくれます。
その辺はちょいとした心遣いですが、さすがに接待などにも使われる、老舗の焼肉屋さんですねぇ(^^)

そして最後の一杯は、脂分を流すために黒ウーロンハイにしてみました(^^ゞ



この日の主旨は、あくまでもお祝いの会なので、頼むお肉も各種一番お高めな奴を選んでいます。
しかも、主賓である相方が年齢なりに「脂ものたくさんはキツイ」とか言いだしていましたので、赤身、ロース、ヒレと、比較的脂分少なめ、お肉の味で勝負系のものを選んで食べたのですが…

いやいや脂があろうとなかろうと、こういう美味しいお肉は満足感がハンパないっすね。
何と言いますか、“中途半端にビビってそれなりの肉を食べるより、いいお肉を少しずつ食べた方が満足感は高いの法則”、これが正しいということを改めて確認できた気がします。(その方が、結局コスパも高い!)

もうゴチャゴチャ言う気はありません。
この日が楽しいお祝いの会になったのは、きっと美味しいお肉のお陰です(^O^)


徳壽(とくじゅ)
港区新橋3-11-8
050-5570-4645(予約専用)
03-3434-2822(問合せ専用)



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末は… ひと息入れますか... | TOP | 西麻布っぽい? 今回はコース... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Oz)
2016-10-25 19:42:55
いやぁ〜 美味しそうですねぇ〜(^q^)
やはり、お大臣様は食されるモノが違う!

「脂ものたくさんはキツイ」
普通はそうなってくるものなのですが…
やはり、絶倫さんには物足りないのですかね(^^ゞ
Unknown (Az)
2016-10-25 20:52:37
>Ozさん

決して御大尽とかではないですが、ホントに美味しかったですぅ~(^^)v
ただですね、カルビクッパに大きめカットのシイタケが入っていたので、Ozさんには無理っすかね(^_^;

post a comment

Recent Entries | うまいもの

Trackback

Trackback  Ping-URL