とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

[天皇賞・秋(G1)]前残り、勝つのはゴール前グイッと出るあの馬!?

2016-10-29 19:56:22 | JRA 重賞戦線
■10/30東京11R 天皇賞・秋(G1・芝2000m) 15:40


◎ アンビシャス
○ エイシンヒカリ
▲ ルージュバック
△ モーリス
△ サトノクラウン
△ ステファノス
△ リアルスティール

JRAデータ分析(過去10年)の注目ポイントです。
1.単勝人気別成績は、1番人気馬が4勝、3着内率も80.0%と高い数値をマーク。しかし、2番人気馬は0勝で2着と3着が3回ずつ。3番人気馬は2着以内が0回。オッズ別成績で、単勝10倍台の馬が4勝を挙げているが、それらはいずれも5番人気馬。
2.馬番別成績では、全体的に外寄りの馬番は苦戦。好成績なのは7、8番で、7頭が3着以内に入っている。
3.年齢別成績では、3着以内馬延べ30頭中22頭が4歳馬と5歳馬で好走率でも上位。一方、3歳馬は15頭が出走して2着馬が2頭、3着馬が3頭出ているが、優勝した馬はいない。
4.前走レース別成績では、前走が宝塚記念だった馬が好相性。ただし、それ以外のG1から臨んだ馬は連対なし。また、前哨戦となるG2では、毎日王冠組が好成績。
『今週の注目レース』:http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2016/1030_1/
-----

世界で活躍をしたエイシンヒカリ、モーリスという実績馬、そしてトライアルの毎日王冠を快勝したルージュバック。 この3頭が人気を集めていますが、素直にこの3頭で決まるかと聞かれると、何故かそう簡単ではない気がしています。

ということで、本命は2枠3番のアンビシャス。
勝つイメージは、マイペースで逃げるエイシンヒカリをゴール前で捉える形ですが、同じ2000mの産経大阪杯でキタサンブラックに勝っていますし、今回も大物食いのチャンスがあるのではないでしょうか。

対抗は逃げ粘るエイシンヒカリ、前を行く2頭を追う形になるルージュバックが単穴。 モーリスは△一番手にしましたが、基本的には前残りの競馬になる前提の予想になっています。
まあ、そう書いてはみたものの、この上位4頭はどれが勝ってもおかしくないです。
で、その中であえて狙うなら一番人気がないアンビシャスが面白い、そういうことかもしれません(^^ゞ

ちなみにデータ的に面白い単勝10倍台の5番人気馬ラブリーデイは、大外15番枠に入ったのがいかにも…。 昨年と違って京都大賞典を負けてきたのも気に入らず、今回は無印にしています。



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【レフィナーダ’15】エンパ... | TOP | “特に気になる1歳馬” 最新の... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL