とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

【有馬記念(G1)】2016年、JRA重賞締め括りの大一番!

2016-12-24 18:52:51 | JRA 重賞戦線
■中山10R 有馬記念(G1・芝2500m) 15:25発走


◎ キタサンブラック
○ サトノダイヤモンド
▲ アドマイヤデウス
△ ゴールドアクター
△ シュヴァルグラン
△ サウンズオブアース
△ マリアライト
△ ヤマカツエース

JRAデータ分析(過去10年)の注目ポイントです。
1.過去10年は5歳以下の馬が優勢で、6歳馬は2着以内に入っていない。7歳以上の馬で2着に入ったのは2008年アドマイヤモナークだけで、2度の3着は共にエアシェイディによるもの。6歳以上で有馬記念を制した馬はダイユウサクが最後。
2.単勝オッズ別成績では、単勝2.9倍以下に支持された7頭のうち6頭が連対。5.0~6.9倍と10.0~14.9倍のエリアから3着以内に入った馬はおらず、7.0~9.9倍のエリアが好成績。20.0~49.9倍のエリアから2着馬が4頭、3着馬が3頭出ている。
3.前走レース別成績では、3着以内馬の大半は前走で国内外のG1に出走していた。中でも、ジャパンカップ、天皇賞(秋)、菊花賞から臨んだ馬の好走が多い。
4.前走が国内外のG1だった馬の当該レース着順別成績では、1着だった馬が好成績。また、10着以下から巻き返した馬は6頭いるのに対し、6~9着だった馬がいまひとつの成績。
『今週の注目レース』:http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2016/1225_1/
-----

いやぁ、もう有馬記念の予想をする日がきちゃいましたねぇ。
という事は、あと一週間を過ごしたらもうお正月ですよ。。 いやいや全く早いものです(^_^;

で、予想ですが、今回は素直にキタサンブラックを本命にしました。
非常に面白みがない予想ではありますが、データ面でキズがないのもそうですし、とにかくこの場面で再び1枠1番を再び引く、その運の流れが素晴らしいと思います。
今回は相手も強いので必勝とは言えませんが、馬券圏内に残る可能性は非常に高いでしょう。

対抗はサトノダイヤモンド。
これまた面白みがないこのこの上ないですが、とにかく菊花賞のパフォーマンスが圧巻。 レベルが高いと言われていた世代の中で、最も大きな可能性を秘めていた素質馬の本格化を感じさせるものでした。
JCでのキタサンブラックも強かったですが、この馬ならば、アッサリ差し切る場面があっても驚けません。

あまりにも普通の予想になってしまうので、▲には穴っぽいところでアドマイヤデウスを。
正直、キタサンやサトノに比べると見劣りますが、京都大賞典ではキタサンブラックとタイム差なしの勝負をしましたし、昨年の有馬記念でも勝ったゴールドアクターとは0.3秒しか差はありませんでした。
このあと単勝が多少売れて、データ的に面白い20~49.9倍のゾーンに入れば楽しみです。

その他△各馬も多士済々で、さすがに年末のグランプリですね。
中でもゴールドアクターは昨年の覇者。 JCでは4着に敗れていますが、中山巧者でここが目標だったのは明らかですし、2番枠からキタサンブラックをマークしていけるのも大きなプラス材料でしょう。
まあ、客観的に見て、“勝つ可能性”はアドマイヤデウスよりも高そうです(^^ゞ

何にしても、今年楽しませてもらった競馬の集大成となるような、素晴らしいレースになればと思います。
そしていつの日か、私の出資馬がこの大一番に出走する、そんな日を夢見て観戦したいと思います(^^)



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ステラバレット】12/2... | TOP | 【ステラバレット】前走より... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | JRA 重賞戦線