とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

【レフィナーダ’15】ひと月弱で20Kg増、グングン成長中!

2016-10-15 07:37:36 | レフィナーダ2015
坂東牧場在厩のレフィナーダ'15は、まずは第五分場において、日に21時間の昼夜放牧による管理が行われています。10/10測定の馬体重は456kgです。

◇荒木マネージャーのコメント
「こちらに移動してきた当初は体が若干さみしくも映りましたが、この短期間で20kgも増えたように、付くべきところに筋肉がつき、だいぶ父の産駒らしくなってきました。姉のエンパイアブルーよりも筋肉量の多い体つきをしており、気性面も全く問題なさそう。動きにやわらかみがあり、いいクッションを持っているだけに、芝・ダートどちらの方向に進んでいくのか、これからが楽しみです」
◇高柳調教師のコメント
「今週、確認に行ってきました。今ちょうど体が増えて良くなってきている最中のようで、父の産駒らしく、ここにきて逞しさが出てきた感じ。これなら安心です。もう馴致を進めてもらっても構いませんが、せっかく順調に成長が進んでいますので、もうしばらくはあえて昼夜放牧を継続。自発運動により、さらに良化を促していくように指示させてもらいました」
-----

9/15に437kgだった馬体重が10/10には456kg、まさに今が成長期なのでしょう。
9月に行われた展示会の時に馬体を見た私の感想として、「厩舎から出てきたときの第一印象は、思ったよりコンパクトかな、というものでした」、と書きました。 が、あの時感じた、「幅のあるお尻が目立っている分、全体的にコンパクトな印象を受けたのかも」、というあたりも、今はもうずいぶん変わっているのかもしれません(^^)
(その時の記事はコチラ→『2016広尾TC展示会報告(4)・レフィナーダ'15』

やはり、この時季のサラブレッドはアッという間に変わっていきます。
ある意味では、“変わる力のある馬がイイ馬”とも言えるぐらいですし、それだけに、(レフィナーダ'15にとっての今がそうであるように)成長期の過ごし方はとても大事なのだと思います。
高柳調教師のコメントによれば、やれば出来ない事は無い馴致を少し先送りし、昼夜放牧による成長促進を優先させるようですが、展示会での様子、仕草がいかにも子どもっぽかったことを考えても、その判断は妥当なものに思えます。

競走馬として見た時の素質に関しては、荒木マネージャーが、「姉のエンパイアブルーよりも筋肉量が多く、気性も全く問題なさそう。動きにやわらかみがあり、いいクッションを持っている」、と褒めてくれています。
これは生産者の木村さんもそうですが、『エンパイアブルーよりもこちらが上ではないか?』、というトーンなのは、私にとっては非常に心強いことですし、これからの成長、変わり身にも大きく期待をしたくなるところです。

もっとも、荒木さんや木村さんのコメントをすべて鵜呑みにしていると、どの馬もオープン馬に…
あっ、大変失礼いたしましたっm(_ _)m (^^ゞ

いや、そうなんですよね、この時季の素質通りに競馬で勝てるなら苦労はなくて、実際には、単純に速く走る能力だけに限らず、様々な課題がこれからどんどん出てくるわけです。
言い方を変えれば、次々に出てくる課題を、馬の成長を見極めつつ着実に乗り越えさせるのが育成なわけで、適切な時期に適切なしつけ、教育、トレーニングを課していく、これをしっかりやっていくしかありません。

何だか偉そうなことを書きましたが、要するに、レフィナーダ'15は、高柳調教師の指示のもと、適切なしつけ、教育、トレーニングを受けられる環境にいるわけで、今後の成長にも十分期待が出来るという事です。
あと2ヶ月か3ヶ月、年が明けたころにレフィナーダ'15がどう変わっているのか、今からとても楽しみです(^^)

★こちらもぜひ参考に! 『水野由加里の募集馬検討会【レフィナーダ'15編】』


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【クレッシェンドラヴ】追い... | TOP | 【ハイアーラヴ’15】気が勝... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL