とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

2016広尾TC展示会報告(2)・ミスペンバリー'15

2016-09-19 21:57:51 | イベント・募集馬検討
ハイアーラヴ'15に続き、同じ坂東牧場で見たもう一頭のハーツクライ産駒、ミスペンバリー'15について報告します。
ミスペンバリーはご承知の通りエタンダールの母ですが、これまでディープインパクトを4回も配合されていることからも、繁殖としての彼女への期待の高さが窺い知れます。
ただ、これまで本当の意味でその期待に応えてきたかと言うと、エタンダールのダービー8着、青葉賞2着が最高の成績ですから、そこは正直評価が分かれるところではないでしょうか。
(返す返すもマグナムインパクトが惜しかったし、ディメンシオンへの期待が高まる所以でもあります)

そのミスペンバリーの15年産は、父がハーツクライに替わりました。
これまで、良くも悪くもディープインパクトのイメージが強かったミスペンバリー。 果たして父ハーツクライの15年産がどう見えるのか、毎年ツアーに参加をされる会員の皆さんからも、非常に注目を集めていたと思います。









これまたあまりいい写真が撮れずに申し訳ありませんm(_ _)m
今年の坂東牧場では、馬を2頭ずつ出して頂いたこともあり、2頭を撮影しながら荒木さんや木村さんの話を聞き、さらに自分なりのチェックを並行して行わなければならず、撮影タイミングを掴むのが非常に難しかったです… という言い訳です(^^ゞ

それはさて置き素直な感想はと言いますと、15年産もさすがにミスペンバリーの仔だな、というものでした。
これはある種の思い込みかもしれませんが、馬体のバランスが良いだけでなく、1歳にして他の馬とは違う“格”を感じさせると言いますか、やはりこの馬も持っているんですよね、私が過去に出資をした兄姉に感じた独特の雰囲気を。
たまたま隣でこの馬を見ていた重鎮級の古参会員さんも、「やっぱりミスペンの仔はいいよなぁ…」と仰っていましたが、父がハーツクライに替わったことなど関係なく、ミスペンバリーの仔はミスペンバリーの仔だと感じました。

エタンダールの育成も手掛けた坂東牧場の荒木さんも、こんなコメントをされていました。
「ミスペンバリー'15に関して細かいことを言うつもりはありません。こういう馬を預かるのはとてもやりがいがあります。育成場としては、こういう馬をクラシックに送り込むのが使命だと思い、一生懸命やらせてもらうだけです」

いやぁ、毎年の事ながら、荒木さんのラッパ… じゃなくて前向きなコメントを聞くと、分かっていても気持ち良く騙されたくなっちゃいます。 もともとイイ馬だな、と思っている時にこんなことを言われたら、普通はねぇ。。(^_^;
(これも毎年の恒例行事で、私にとっては広尾TC募集馬展示会の大きな楽しみのひとつです)

あ、話が脱線しそうなので戻します。
そのぐらい特別な雰囲気を感じさせるミスペンバリー'15ですが、まだ子どもっぽいのはこの時季なので致し方無し。 これはハイアーラヴ'15もそうですが、ハーツクライ産駒2頭はいずれも5月生まれですから余計にそう感じます。
今はまだ420kgそこそこの身体つきですし、数か月後にどんな馬になっているのかがとても楽しみです。

木村さんんも、それから血統アドバイザーの竹内さんも仰っていましたが、この馬の最大の魅力は奥の深い成長力、そして中長距離でこそ発揮されるスピードの持続力といったイメージでしょうか。
その上でミスペンバリー'15が藤原厩舎であることを考えあわせると、3歳春の大舞台というよりは、古馬になって中長距離路線で大きいところをめざす方が面白いし、この馬の格と個性にあっているような気もします。

これは素直な感想ですが、こんなにいい仔が出るのであれば、無理してディープにこだわる理由はないでしょう。
竹内さんは血統の観点から、「ミスペンバリーにとって父がディープからハーツクライに替わるのは、プラス要素はあってもマイナスではない」と解説してくれましたが、数年後、この馬がそれを証明しているかもしれません。

何だか褒めてばかりのレポートになりましたが、ミスペンバリー産駒の最大のリスクは、“馬っぷりの良さが競馬での強さに直結しないことがある”、そして、“脚元に不安を抱えることが多い”ことでしょうか。
そのあたりについても、父がハーツクライに替わったことがいい方向に作用してくれるとありがたいです。


◇ミスペンバリー'15
牡1歳 鹿毛 2015.05.24生 新ひだか産
父:ハーツクライ 母:ミスペンバリー(母の父:Montjeu)
エクイノムスピード遺伝子T:T型(中長距離適性)
栗東 藤原英昭厩舎予定
販売総額 3,600万円 / 総口数 2000口 一口価格 18,000円

最新近況:
初期馴致の開始時期に伴い、9月13日に生産牧場である木村秀則牧場より、日高町の坂東牧場に移動しています。馬体重423kg、体高155cm、胸囲171cm、管囲19.5cm(9/15測定)
「手脚が長めで、全体的にゆったりとした造りの好馬体。顔つきや体のラインなど、まだ随所に幼さが窺える段階ですが、父がハーツクライに替わった分、伸びしろや成長力といった点で秘めているものはかなり奥がありそうですからね。この体型、骨格であれば、これから筋肉がついてくるにつれて、良さがグンと際立ってくるはず。放牧時には雄大なストライドで駆けていましたし、適度に大きな馬体、パワフルな印象は、兄クリサンセマムにタイプが近いのかもしれません。芝の中長距離、パンとしてくればキレ味を繰り出せそうな末脚勝負のイメージでしょうか。まずは存分に成長してもらい、ゆくゆくは大きな舞台まで登り詰めて欲しいと思っています」(木村秀則氏)

募集写真:


広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『競馬』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016広尾TC展示会報告... | TOP | 2016広尾TC展示会報告... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Oz)
2016-09-21 18:49:35
ミスペンママっ仔は全て出資してきた私

何だか魅力的なんですよねぇ(^^♪

継続は力なり!
(う〜ん、いつもながら意味不明で恐縮です(~_~;))


即満でしたら諦めますけど、多分(^^ゞ
Unknown (Az)
2016-09-21 21:45:28
>Ozさん

継続はチカラなり!
すごく分かりやすいですよ(^^)

多分、大丈夫なので、ボチボチ行きましょう。

post a comment

Recent Entries | イベント・募集馬検討

Trackback

Trackback  Ping-URL