BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

ここ最近のブルーレイソフト購入のタイトル(7/24~7/28)

2013-07-28 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
3Dソフトの映像を吟味しながら、ちゃんとBDソフトも購入していました。



今回の、ブルーレイソフト購入のタイトルはコレ↓だぁ~!

●『ロスト・アイズ』 ヤマダ電機(新品)¥1,490+ポイント5%
●『ディヴァイド』 ヤマダ電機(新品)¥1,490+ポイント5%
●『テッド』 Ama(新品) ¥ 2,767

『ロスト・アイズ』
未視聴です。
内容も知らず、取り敢えず買っとけ!の1本です。 ←おい
面白いのか...?

『ディヴァイド』
何か、『ブラインドネス』みたいな感じの?後味悪~い作品なのかな?と思い、
期待を込めつつ購入しました。 ←おい!
コチラも未視聴です。

『テッド』
購入して直ぐに鑑賞しました...面白い!
毒がありながら、癒されるこの感覚は何でしょう?
この作品、メチャメチャ好きだよ~♪
クマの声、“有吉”だから心配したけど、メチャメチャ上手いじゃん?
いや、上手くはないんだけど、“有吉”の声が完璧に“テッド”のキャラとして定着しています。
(なんか続編もあるみたいだけど~、2作目も是非“有吉”を起用して下さい。もう彼以外には考えられません!)



“有吉”は、猿岩石の頃から大好きなんですよ~♪
その理由は↓コレだぁ~!

“いっつあん”...六甲山に登るには、心の準備がまだ...(汗)
(この前、足を鍛えようとランニングしたら、コブラ返りになっちゃったよ~イテテ~)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

3Dテレビ・パナソニック VIERA “TH-P55GT5”を視聴 3Dデビュー

2013-07-27 | 家電・アイテム
3D映画、視聴目当てで購入した、
Panasonic プラズマテレビ スマートビエラ “TH-P55GT5”が23日に到着致しました。



ヤマダ電機にて、展示品を¥112,800 で購入。
(この機種の1つ前の2012年の機種です。)
ついに、3Dテレビを購入致しました。 ←詳しい話はクリック!して参照。

今回、2年半前に購入した同じGTシリーズの2つ前の機種(2010年製)からの買い替えになります。


画面46インチから、55インチへのサイズUPは...
思っていた以上にデカイ!
2年半後の機種というこにより、黒の沈みも深く感じられ、幾つかの性能の向上ポイントが見られるが、
画面が大きくなり、当然ながら映し出される映像に粗さを感じられるんだよネ~。
高画質のBDソフトは綺麗な映像ではあるんだが、中画質から下の部類の映像は精細感が感じられず、
大画面であるべき短所を実感せずにはいられない。
●なのでテレビを2つ使い分けることにしました。
(一番↓下を参照。)




肝心の3D映像だが...
パナソニックのプラズマテレビの3D方式は、“アクティブシャッター方式”。

↑右眼・左眼の映像を交互に表示され、それと同期してメガネが左右それぞれの視界を相互に遮ることで、視差を生み出す方式。
長所として画質の解像度が高いが映像は暗く、メガネ自体の価格もかなり高い。

↑Panasonic アクティブシャッター方式(Bluetooth)3Dグラス Mサイズ “TY-ER3D4MW” Ama価格¥ 8,657 。


まだ、3Dテレビを購入して4日目なので、軽~い3Dレビューを...
3D映像は凄い!凄過ぎる~!!
自宅のホームシアターで一番最初に見た3D映画は、やっぱり~『アバター3D』!

『アバター3D』は映画館まで観に行ったのですが...はい、見事にあの3D映像が自宅で視聴できています。
この『アバター』の3D映像は強烈です!人や物が飛び出すだけが3Dであらず...
惑星パンドラのナヴィの住む森林を、まるで本当にそこにいるかのような感覚にさせられる3Dで表現されたその映像により、
うっそうと茂る木々の中を駆け回り、切り立った崖を登り、その大自然の大空を飛び回る疑似体験に似た感覚は、
USJやディズニーシーのアトラクション映像よりも素晴らしいと言っても過言ではないでしょう。


3Dテレビを購入してから、取り敢えず10本ほどの3DBDソフトを要所、要所チェックしてみたが、
BDソフトの画質の同じく、3D映像もピンキリで、その映像のレベルもバラつきがある。
(3D映像の立体感の濃い・薄いが見られる。当然ながら立体感の薄い映像は見ていて面白くありません。)
私的には『アバター』『ライフ・オブ・パイ』『センター・オブ・ジ・アース2』『ヒューゴの不思議な発明』が特に質が高いと思いました。
画面も明るく感じられ、クッキリ浮き出た精細なフルHD映像は鳥肌が立つぐらいに美しい~♪


↑『タイタニック』は、飛び出し感が特別に強い訳ではありませんが、これだけの大人数の人々が逃げ惑う3D映像は圧巻!
元が古い映像の割には徹底的なリストアされた映像を元に、丁寧な3D映像に変換されていました。

↑『ライフ・オブ・パイ』の幻想的な3D映像は非常に美しく、見る者の心奪われる。
3D映像としての見せ場も数多く、ミーアキャットの大群に思わずゾゾっ~(汗)

↑あんまり評価されていないが、『センター・オブ・ジ・アース2』はクッキリ鮮明で、強烈な3D映像になっています。
飛び出し感が半端ない!巨大蜂ブビビ~ン!!
(2Dで見たら、あんまり面白くないが...3Dで見たら化けるネ~)

↑『ヒューゴの不思議な発明』には仕掛け的なトリッキーな3D映像が多く、見ていて心弾ませる。
その映像は根本的に高画質で美しく、見る者を魅了させる。


しかしながら...
“アクティブシャッター方式”はかなり暗い。
想像はしていたのですが、“アクティブシャッター方式”はかなり暗い。
画質調整で調整をかなり苦戦して、なんとか見れる明るさになりましたが、
根本的に暗い映像の『アメイジング・スパイダーマン』などは視聴にストレスを感じる。
これは“偏光方式”の方が明るくて、イイのですかネ~?

↑『アメイジング・スパイダーマン3D』。
(後半のクライマックスへの映像は、なかなか良い3D映像しています。)


目に悪い気が...
ぶっちゃけ~
果たして?この“アクティブシャッター方式”メガネをかけて、
3D映画1本を鑑賞できるのか?と聞かれればビミョーなところです。

●レンタルで『塔の上のラプンツェル』を鑑賞しました。
丸々1本、全く問題なく快適に3D映像が堪能できました♪


まあ、なんだろうネ~
私みたいに派手なVFX映像をBDソフトで繰り返し繰り返し“弄り倒し見”する輩には、最高の素材でありましょう!
それぐらい、良くできた3D映像の映画には特筆する素晴らしさがあります。
遅れながら2年半?
自称映画好きの私が、やっと3Dテレビをゲッチュしました~♪
まだ購入して4日目です。
コレから色々吟味して、記事にしていこうと思っています。



PS.
現在、私の部屋にはテレビが2台あります。
地デジ&画質の悪いBDソフトは46インチで、高画質の2D映像&3D映像は55インチで使い分けて視聴しようかと思っているのだが...

↑この場合、プロジェクターを購入した方が正解だったのかも~?(汗)
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ最近のブルーレイソフト購入のタイトル(7/12~7/23)

2013-07-23 | BDソフト購入記録
皆さん、こんにちわ~
3Dテレビ購入の為、色々言走り回っていたのですが...
そんな中、ちゃんとBDソフトも購入していました。

購入したタイトルは、コレ↓だよ~

●『Vフォー・ヴェンデッタ 』 古本市場(中古) ¥780
●『猟奇的な彼女 』 Amaマーケットプレイス(中古)¥2,146 +配送料:¥340 =¥2,486

『Vフォー・ヴェンデッタ 』
未だに未視聴の作品です。かなり評判の良い作品ですよネ~?
中古の品質の状態は、ケースが傷だらけで悪いです。
て言うか、根本的にケースが違うメーカーのタイプに交換されているような気が...(汗)
ハズレだぁ~!

『猟奇的な彼女 』
私にしては、珍しく恋愛もの(ラブコメ)の作品です。大好きな作品なんですよ~♪
Amaのマーケットプレイス(中古)で安かったので、購入に至りました。
商品の状態は新品同様!良い買い物ができました。



過去に、この作品のような恋愛経験が...(汗) ←ただ、嫌われていただけぇ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに、3Dテレビを購入致しました。

2013-07-21 | 家電・アイテム
皆さん、こんばんわ~
ここ最近、少しブログをサボっていたかな...? ←おい!
実は、ここ数日、色々考えてやってることがあったんですよ~


何をやっていたかって? それは...

↑【注意】現在の3Dテレビは、その本体に対応した3Dメガネがないと3D映像は見られません。

いや、まだ届いていないんですけどネ~
本日、ヤマダ電機にて注文して参りました。

↑パナソニック スマートビエラ(プラズマテレビ) TH-P55GT5 。
3年前?の同ランク機種“TH-P46G2”からの買い替えなので、46インチ → 55インチへのサイズUPです。
(3D映像は画面が大きい方が良いかと...私的には画質はこのレベルで十分です。)
ちなみにヤマダ電機にて、展示品で ¥112,800でありました。


“展示品”?(汗)
はい、分かっています...
展示品のテレビって、あんまり良くないってのは分かっているんですが、
まあ、2年半でテレビの買い替えをやる私ですので、次も2年半ほどしか使わないでしょうし、取り敢えず3D映像を楽しむのなら良いかとの判断です。
(4Kテレビも控えていますしネ~)
一応、4年間保証も付いています。

本当は予算の関係で、ソニーのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)“HMZ-T2”を購入しようかと考えたのですが、
2~3日前に生産終了と知り、やはり秋ごろに新型が登場すると予想されるので、
コレはコレで、また買えばイイ~かな?と思い、予算オーバーですが3Dテレビの方を購入しちゃった訳なんです。


私は現在、28本の3DBDソフトを所持しています。
3D視聴環境もないのに、コツコツ地道に集めてきました。

テレビを購入して、いきなりこれだけの本数の作品を視聴できるかと思えば、フフフ...嬉しい限りです♪
あさっての、23日に届く予定です。
(ちょうど仕事が休みなのさ~)


ちなみに3Dメガネなのだが...

↑Panasonic アクティブシャッター方式(Bluetooth)3Dグラス Mサイズ TY-ER3D4MW 。
ぶっ!
Amaで¥ 8,657 もするのよ~
高い!...高過ぎるぞっーー!!(涙)
(ショップで在庫切れしてたのよ~、せっかくAmaと同じ値段に負けて貰ったのに...なのでAmaにて注文しました。)
●ちなみにショップ店頭でフツーに買うと、1万越えなのよ~ぶるぶる...2個買えない~(汗)
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

『LOOPER/ルーパー』

2013-07-17 | 映画(洋)を熱く語る
『LOOPER/ルーパー』


【ストーリー】
近未来―タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが利用していた。
彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー"と呼ばれる暗殺者の元へ―。
凄腕ルーパー、ジョーの元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。
だが、送られてきたのは“30年後の自分"。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分"は街へと消えていく。
「奴を殺さなければ、自分が消される! 」必死に追跡する現代のジョー。
ようやく未来の“自分"を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。


この作品はブルーレイで鑑賞しました。


フフフ...私は“タイムトラベルもの”が大好きなのさ~♪
そんな私が、もちろん!“タイムトラベルもの”見たさで、この作品を鑑賞した訳なんですが...

元となる時代設定が現在だと思っていたのが、根本的に近未来のお話。
その時代から、更に30年先から暗殺される対象者が↓の場所にポン!と送られ来たところを...ズバーン!と“LOOPER(殺し屋)”がラッパ銃で撃ち殺す。

死んだ対象者の体には、報奨金として銀の延べ棒が何個か貼り付けられています。
案外簡単で地味な仕事です。
しかし、何年かお仕事をすると、最終的には30年後の自分自身が送られてきて、ズバーン!と撃ち殺して″ループを閉じる”。
(証拠隠滅の意味する。)
そして、30年後までのんびり大金(自分自身の暗殺には“金の延べ棒”)を頂いて暮らすと言う訳の分からないシステムが成立しています。
(なんでも、30年後は体内にナノマシンが埋め込まれており、暗殺は無理っぽい!)
あ~...なんて強引な暗殺システムなんでありましょう~(笑)


当然ながら、主人公“ヤングジョー(若い頃のジョー)”は、“オールドジョー(30年後のジョー)”を殺しそこねます。
だって、“オールドジョー”は『ダイ・ハード』のマクレーン刑事並みに強いんだもん!(笑)

実は私...この“ヤングジョー”の俳優さん、あんまり知らないのよ~
いや、見たことはあるような?ないような~?てな感じです。 ←おい!
なので、対して違和感を感じずに見られたのだが、どうやら“ブルース・ウィリス”に似るようにメイクしているらしい。
ハッキリ言って似てないが、私はそういうのを映画にツッコむのは好きではないので、コレはこれでO.K♪

んで、肝心の話の内容だが...
話の設定 & 登場する俳優 は素晴らしいのだが、派手なVFX映像は殆どなし、ていうか見せ場たるアクションシーンは殆どカットされており、
いかんせ...全てが地味
映像的な見せ場は、ラストの「鉄雄」ぐらいなものになっています。

↑私はこの作品のBDソフトを購入。
もう見ることもないだろうと、古本市場に売却に行ったのだが...
???
何故だろう?まだ大事なところを理解していない気がする?

そう言えば『デジャヴ』も1回見ただけでは、面白いとは感じませんでした。
(『デジャヴ』は私が一番好きな、タイムトラベルもの映画です。)




んで、んで、ソフトは売らずに帰宅...そして、また何回も繰り返し、弄り倒し見をした訳なんですが!
この作品って...

↑こういうストーリーの流れになっているんですネ~

“ヤングジョー”、と“オールドジョー”の経験した出来事は既に違ったものになっています。
何故だが分からないが、“オールドジョー”が歴史を変えていることになります。
(この辺はネタバレになるので、敢えて詳しく語りません。)

この作品は“並列世界”ではなく、通常のタイムトラベル(『ドラえもん』)論理をベースにしています。
なんか色々とデタラメで、コレはこれで面白いと思います。
全てが完璧のタイムトラベル論理が、本当に正解ではないのかも知れません。
フフフ...なんか矛盾があって、逆に面白いじゃ~ないの?(笑)

↑『LOOPER/ルーパー』 に登場するタイムマシン...渋い!
(サイヤ人が乗って来たのかも知れない?)

他にも、タイムトラベル論理を利用した肉体拷問や...(おぞましぃ~)
歴史が変わりそうになると記憶がぼやけるなど、なかなか面白い要素のある話になっています。


ぶっちゃけ~、決して派手な話では御座いません。ストーリー的にも強引でイマイチだと思います。
万人が見て、全員が全員 面白いとは思わないでありましょう。
しかしながら、私の大好きな“タイムトラベルもの”映画のコレクションとして、手元に置いておきたいソフトの1本になりました。
うまうま...ナリ~♪

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ最近のブルーレイソフト購入のタイトル(7/3~7/12)

2013-07-12 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
いや~暑いですネ~?メチャメチャ暑いです~(汗)
熱中症で病院に運ばれている人も多いみたいなので、皆さんも暑さ対策には気を付けましょうネ~


そんな熱い中...ここ最近のBDソフト購入タイトルはコレ↓だぁ~!!

●『コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション』 Ama(新品) ¥1,982
●『LOOPER/ルーパー』 ヤマダ電機(新品) ¥4,194 ¥-900P = ¥3,294 (+ポイント3%)

『コララインとボタンの魔女 スタンダード・エディション』

↑発売予定日 9月4日の『パラノーマン ブライス・ホローの謎』に興味を惹かれ、
この制作会社の第1弾の今作品を購入致しました。
ストップモーションの人形アニメ映画です。
前々からこの(『ココライン』)パッケージ絵を見て、「興味ねぇ~」と思っていたのがお恥ずかしい。
結構、評価の高い作品なんですネ~

『LOOPER/ルーパー』
購入する気はなかったのですが...
ヤマダにて、パッケージがあまりにもカッコいい~ので、ちょいポイントを使い購入。
元もと、タイムトラベルものの作品は、大好きなんですよ~♪
ポニーキャニオンは、廉価版も滅多に出さないし~
(『エクスペンダブルス』みたいなのは、たま~に廉価版を出してはいます。) ←でも¥1,500ではないのよ~(汗)
特典映像ディスクが別ディスクに収録なので、購入して良かったと思います。



矛盾のあるタイムトラベルものと評価は悪いが...そんなことは御座いません。
映画『デジャブ』を理解すると、タイムトラベル映画がより楽しめることが出来るのであーる。
★『デジャヴ』を熱く語る ←クリック!
(“並列世界”を理解すると、タイムトラベルの理解の幅が広がります。)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『サイレントヒル』 ブルーレイソフト画質評価&雑談

2013-07-06 | BD画質評価
BD『サイレントヒル』

『サイレントヒル』のレビュー ←クリック!
●画像は実際の映像をキャプしたものです。モニターによって違いがありますので、あくまでも参考程度に見て下さい。

画質は...
映像はMPEG-2...まだBDソフトが出だしの頃に発売されたソフトなので、残念ながら決して高画質な部類の映像では御座いません。
グレイン粒子が見られるザラザラした映像になっており、ノイズが感じられる粗めの画質になっています。
しかしながらビットレートは平均35Mbps辺りを保っており、レート的には高く、
灰が降り注ぐサイレントヒルの色のない白い世界を映し出すには、決して悪くない映像だと思います。
映像の半分は暗い映像が多く、暗部は潰れ気味ではあるが、当然ながらDVDの映像と比べると雲泥の差。
BDとしての恩恵は十分に感じられ、私的には本編との内容と相まって、納得の映像の1本のソフトとなっています。


    
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)

映像的センスが素晴らしく、
当然ながら見せ場は、闇に蠢く不気味なクリーチャー達...

原作たるゲームを映像で再現しようとしているからなのか?“サイレントヒル”の舞台となる風景・建物・構図・カメラの動きが素晴らしく、
映像的にセンスが良く、見せる映像になっています。
VFX映像的な見せ場も素晴らしく、裏(闇)世界に変わる、見る見るうちに壁や扉などが腐蝕していく様子や、
闇に蠢く不気味なクリーチャーも個性があり、この作品ならではの世界観を構築している。
ラストにはあっと驚くスプラッター表現も凄まじく、コアなホラーファンも納得させる映像を見せて付けてくれます。


   
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)

音質は...
英語音声:リニアPCM 5.1chで視聴。
割と大なし目のホラー映画かと思われるが、かなり見せ場と言いましょうか?聞き場の多い作品なのに驚かされます。
“サイレントヒル”の廃墟の街に、何処からともなく聞こえるサイレンのなる音...
ウゥウウウーーーーーーー...
闇世界に入り聞こえる金属的な音や、クリーチャーの呻き声など、
低音も良く響き、かなり拘った音つくりをされているのが良く分かります。
音響システムがあるのと?ないとでは、この“サイレントヒル”の不気味な世界観の感じ方が変わってくるでありましょう。

特典映像は...
特典映像は本編ディスク内にSD映像で同時収録。
映像特典「Path of Darkness 」 (約60分)
内容はDVDのと同じものだが、クリーチャーのメイキングなど見ていてかなり面白いです。
 ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)


ストーリーや世界観も秀作。
宗教的要素が強い話の本作品...
ストーリーも素晴らしく、盲目的な宗教の考えの恐ろしさや、“サイレントヒル”を覆うおぞましい闇の力の世界観も秀作な作品です。

↑“サイレントヒル”に閉じ込められた街人たち...闇の力から逃れるために教会に救いを求める。


単品化...祝♪
いや~、今回の『サイレントヒル』のBDソフトの単品化は嬉しい限りです。
実は『サイレントヒル アルティメット・ボックス 』というDVD+BDソフトの抱き合わせ商品を持っていたんですが、
これって¥10,000ほどする高価な物だったんですよネ~

↑『サイレントヒル アルティメット・ボックス 』
DVD発売日: 2006/11/22 ...?
私が購入したのは、確か3~4年前だと思うんだけど...当然ながら、とっくの昔に売却済。
今迄、何回も買い直そうと考えましたが、2作目が制作されると聞いてから公開時に単品化するのでは?
そう思い、今迄ず~っと待っていました。
このように思っていた人は多いようで?意外と人気の作品だったと再認識致しました。
●ちなみに私の勘違いかも知れませんが、『アルティメットBOX 』の際観た本編の映像は、常に変動なしの完全固定35Mbpsのビットレートの数値を示していたと思うんですが、
今回の単品版は結構、数値が変動するんですよ~。私の思い違いかな~?

この『サイレントヒル』のような、予算がある程度大きく、VFX映像満載のホラー映画って考えてみるとあんまりないんだよネ~
あったとしても、大抵血の表現を抑えたり、何処か上品な作品になってしまいます。
2作目が公開になりますが、あの度肝を抜くすプラッター描写はさすがに今回はないでしょうが...(あるのか?)
我々ホラー好きにとっては、有難い大作ホラーとなります。
今回も劇場まで観に行こうかと思っています。


●この記事のキャプチャー画像には、BDソフトのプロテクトを解除するようなソフトは一切使用していません。
BDソフトの映像をフツーにキャプしているんですが...本来は出来ないものなのかな?  ←クリック!
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ数日のブルーレイソフト購入のタイトル(6/29~7/3)

2013-07-03 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
今回は、前々から楽しみにしていたソフトを、2本購入致しました。




↓コレだよ~

●『ダーケストアワー 消滅 3D・2Dブルーレイセット<2枚組>』 ヤマダ電機(新品)¥2,465 (+ポイント3%)
●『サイレントヒル』 Ama(新品) ¥1,953

『ダーケストアワー 消滅 3D・2Dブルーレイセット』
フフフ...Amaとヤマダは使いよう♪
予想通りヤマダ電機で、50%引きで発売されました。
(3Dソフトの廉価版って、有難いです♪ ありがとう!20世紀フォックスさん!)
こういうB級SFエイリアン侵略映画は大好きなのだが...
コレって、面白いのだろうか?
(『プロメテウス 3D・2Dブルーレイセット<2枚組>』も同じ値段でセールをやっていました。)

『サイレントヒル』
いや~、やっと再び手にすることが出来ました♪
アルティメットBOX売却から、単品化待ちで手にするまで3年ぐらいかかったのかな?
このソフトが単品化されたことを祝おうではありませんかぁ~♪
映画館まで観に行った、大好きな作品です。
VFX映像満載のホラー映画って、堪りませんよネ~
(2作目も映画館まで観に行くぞ!)



『サイレントヒル』の廃墟より...前回からの続きです。
ふとしたことから、“サイレントヒル”の廃墟に迷い込んだ魔人スドォ達...
行方不明になった“メアリー”を探す為に、街を探索するが、
“とらちゃん”と“縄猫さん”からはぐれた魔人スドォは、同じく偶然迷い込んでいたSWATゾンビ“M4-A1”と仲間になるのだが。。。

●“M4-A1さん”、同じ絵ばっかり使いまわして申し訳ない~
(今度、新しく絵を描き下ろしますネ!)


コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加