BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『スカイライン -征服-』

2013-06-30 | 映画(洋)を熱く語る
前回の記事からの、強引な前フリの続きなんですが...
私は偏った評価の作品が結構好きなんです。

“偏った評価の作品(映画)”...?
分かり易く言うと一般的には評価は悪いが、私は好き♪みたいな映画のことなんだよネ~
具体的にタイトルを上げると...『ブラインドネス』 『サイン』 『レディ・イン・ザ・ウォーター』等など、
もうメッチャ!好き♪

そんな偏った評価の映画の中で、この購入したBDソフト最高なんだよ~♪と繰り返し見て...(もちろん、見せ場のシーンだけ)
楽しんでいるのが↓コレです。


『スカイライン -征服-』

【ストーリー】
『アバター』『2012』などのVFXを手掛けたHydraulxが異星人による地球征服3日間の黙示録を描いたSFアクション。
L.A.の高級マンションの一室に集まった人々が目撃する謎の飛行物体による地球制服の顛末を、最新の映像技術を駆使して描く。

この作品はBDで鑑賞しました。



タイトル画像 & ストーリーだけ見聞きすると、おっ!『インデペンデンス・デイ』 的な?異星人からの世界規模的侵略SF大作映画じゃん?って思うでしょう?
コレを期待して鑑賞すると、もう裏切られ度120%のチープと言いましょうか?陳腐な作品内容になっています。 ←おい!

↑コレは凄い!派手なVFX映像が満載のチョー大作!?...ではないんだよ~おいおい~(汗)

いざ始まると、ストーリーの大半が高層マンションの一室で行われる、B級的SF作品でガッカリさせられます。
この凄まじい街を襲う派手なVFX映像は、マンションの窓から見える風景が殆どな訳なんですよ~

展開される話的にはかなり地味。登場する人物も数少なく、小規模な展開に唖然とします。
騙された...金(レンタル料)返せ~~...てな感じ?
私も始めた見たときは、そう思いましたよ~(汗)


でもネ~、改めて考えてみると?この作品ってB級SF映画なんだよネ~
全然、大作SF映画ではないんですよ~
そう考えてみると、この規模的に小っちゃいお話に、もうこれでもか!と言うぐらいに派手なVFX映像が詰め込まれています。
なんでも、映画の製作費は殆どがこのVFX映像につぎ込まれているそうで?
売りとなっている『アバター』『2012』などのVFXを手掛けたHydraulx会社が手掛けたVFX映像は、半端なく素晴らしい! ←褒め過ぎか?

登場するエイリアン側の生物兵器?の設定も、繰り返し見てみると人間の脳を必要とするB級ホラーっぽいティストも興味をそそられる。

↑こういう生物兵器も個性ある設定があるようで?見ていて、かなり面白い。

ラストのオチも、今迄のSF映画ではなかったような驚く展開となっており、ココからの続きが是非見てみたい!と思わされる。
決して、つまらないラストでは終わっていません。
(なんか、続編があるという噂?これは待ち遠しい~♪)




まあ、アレだネ~
大作SF映画だと思って見るから、地味で期待を裏切られるだけで、
B級SF映画だと分かって鑑賞すれば、かなり贅沢で派手な映画です...(ほんま?)
BDソフトとしても、画質&音質面も素晴らしく、派手なVFX映像シーンを繰り返し繰り返し見るのもお勧めな作品になっています。
ただし、根本に“B級映画が好き♪”というのがあってこその、好まれる作品だとは思いますが...

↑こういうのがタイトルの絵だったら、評価はまた変わったかも知れない?
(おい!魔人スドォ、いい加減にしろ!怒られるぞぉ~)
【注意】上の画像は、私が個人的につくったものです。このようなシーンは御座いません。

ちなみにこの作品って、TSUTAYAオンリーのレンタルだったんだよネ~
私はレンタルで視聴後、BDソフトの購入に至ったんだけど、古本市場で新品半額セールで¥2,479で購入。
この値段なら、十分買いでありましょう。
(そう思うのは私だけぇ~?)

世間一般的には評判の悪い作品です。
こういうのが好きなのって、それはやっぱり~私が変人だからなんでしょうか...?(汗)

↓コチラが実際のチラシ画像です。
(SF大作映画を期待しちゃうでしょう?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここ数日のブルーレイソフト購入のタイトル(6/24~6/29)

2013-06-29 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
毎度の話ですが...

...致しました。


最近、BDソフト購入の記事ばかりで、多少ながら手抜きを感じられますが...
ここ数日のBDソフトの購入タイトルは、↓こんな感じです。

●『センター・オブ・ジ・アース』 古本市場(中古) ¥780
●『ウルフマン/狼男伝説』 Ama(新品)¥1,609
●『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 3D&2Dスーパーセット 』 Amaマーケットプレイス(新品)2,120円 +配送料:¥340 =¥2,460

『センター・オブ・ジ・アース』
先日、『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 3D&2D』を購入したので、1作目も買っちゃいました。
(ちなみに状態は、新品同様です。)
この1作目、テレビで何回か見たのですが、意外と好きなんですよ~♪

『ウルフマン/狼男伝説』
狼男の映画、好きなんですよ~
ちなみにこのBDソフト、廉価版発売日に近場のTSUTAYA & ヤマダ電機にも回ったが、置いていませんでした。
仕方がないので、チョイ割高のAmaで購入致しましたが、
現在、¥1,487の値段まで下がりましたネ~(汗)
(まあ、さすがに¥100ぐらいは気にしなーい♪)

『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 3D&2Dスーパーセット 』
前々から欲しかったソフトです。
既にレンタルで視聴済...今迄、3D版が欲しくて、廉価版も購入せずにおりました。
この値段は、3D版にしては安いですよネ~?
メチャメチャに面白い作品ではありませんが、
BDソフトで派手なVFX映像を繰り返し繰り返し見るのには、意外とお勧めの作品ではないのかな?
(て言うか、全編CGなんだけどネ~)



今回、TAKAさん からコメントを頂き、楽天でBDソフトの¥780セールの情報を頂きました。
(ありがとう御座います♪)
私が少しチェックするのが遅れて、私が欲しかった『ブラインドネス』は品切れになっていましたが、
今迄購入したソフトが、更に格安で売られていたことに...まだまだ、格安でBDソフトを購入するのは奥が深いのぉ~と思うところであります♪
(ここ最近、BDソフト買い過ぎなのでスルーしますが、『SAWソウ』シリーズとか欲しいんですけどネ~(涙))
私はネットでは、Ama以外はチェックしておりませぬ~(汗)
(Amaは購入しやすいので...着払いとかはイマイチなんですよ~)


↑あっ!この作品、面白いんだぁ~とか思っちゃ~ダメよ~
(『ブラインドネス』とか、不快な映画だよ~メチャっ!好き♪(笑))
【補足】↑“定価”というのは、Amaなどの発売時の値引き込み値段の意味です。



↑久しぶりに登場、手ぬぐい猫の“縄猫さん”。
(縄さん、『ガリレオ(2期)』CMカットしてからお送りしますので、もうしばしお待ちになって下さいませ。。。)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最近、買い過ぎ?本日のブルーレイソフト購入のタイトル(6/23)

2013-06-23 | BDソフト購入記録
本日、午前中にて...ドライブがてらに車でぶらぶら~しておりましたら?
少し遠くのBOOKOFF(ブックオフ)にて、レアなBDソフトを発見!
ここ数日、ちょっとBDソフトを買い過ぎな感がありましたが...買っちゃいましたよ~♪


そのレア?なBDソフトは、↓コレだよ~

●『【初回限定生産】センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)』 ブックオフ(中古) ¥2,950

『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』
中古ですが新品同様の良品です。
2D版はレンタルで視聴済み...3Dで見たら面白いだろうと思える、映像アトラクション的冒険映画です。
この【初回限定生産】3D&2DBDソフトが、現在Amaではマーケットプライス(出品)でのみ購入可能で、
新品で¥13,139 、中古でも¥5,000以上の値段が付いております。
洋画のソフトでプレミアが付くって、珍しくない~?
(『【初回限定生産】タイタンの逆襲 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)』 もプレミア付いてるんだよネ~)

ちなみに、私的には1作目の方が好きなのだが...前作のヒロインの方が好み♪。
(私は、1作目のBDソフトは購入していません。)

↑1作目『センター・オブ・ジ・アース 3Dプレミアム・エディション (初回限定生産) [Blu-ray]』
【注意】:赤青・立体映像の3D版になっています。

(1作目の3D版BDソフトの発売はないんかい?)


●ソニーのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)“HMZ-T1” “HMZ-T2”は、3Dを視聴するには最高のアイテムらしい。

2年半前に購入したテレビのローンは完済したのだが...
なんか、2年半でテレビを買い替えるのに抵抗がありまして~(汗)
SONYのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の“HMZ-T2”の新型が10月ぐらいに発売するかな?と考えているんですがネ~
素直に3Dテレビ購入した方がイイ~のかも?
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ3日間のブルーレイソフト購入のタイトル(6/20~6/22)

2013-06-22 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
前回、あんまり欲しいBDソフトがない...と言いながら、
フフフ...買わずにはいられない?BDソフト収集人間の性なのか?(笑)

実は、今日3本買っちゃったんですよ~

●『ゴーストライダー エクステンデッド版』TSUTAYA (新品)¥1,500【2本で¥3,000】
●『ポセイドン・アドベンチャー』TSUTAYA (新品)¥1,500【2本で¥3,000】
●『モンスターズ・インク 3D』 ヤマダ電機(新品)¥3,355 (+ポイント3%)

『ゴーストライダー』
『ゴーストライダー2 3D+2D Blu-rayセット』を予約したので購入致しました。
この作品も過去に購入してた経緯があります。 ←いつものアホ買いです~(笑)
2作目が制作されると、欲しくなっちゃうことって有りますよネ~?

『ポセイドン・アドベンチャー』
この作品、大好きなんですよ~。子供の頃から、何回も見た作品です。
前々から欲しかったのですが、TSUTAYAで初・廉価版入りだったので購入。
(ヤマダ電機では、発売当初から半額でしたよネ~)
リメイク?で『ポセイドン』がありますが、コッチのオリジナルの方が面白いです...って言うか名作です!

『モンスターズ・インク 3D』
ピクサーのCGアニメでは『ファインディング・ニモ』 『モンスターズ・インク』 『Mr.インクレディブル』 『レミーのおいしいレストラン』が大好きです。
前に『ファインディング・ニモ 3D』を購入したので、今作も購入。
(Amaよりも安いぞっ~)
そう言えば、『トイ・ストーリー2』 も映画館まで観に行った記憶が?
↓子供の見るアニメだと、軽く見てたらダメですよ~(笑)


そう言えば、『モンスターズ・インク』って、ホラーですよネ~? ←違います!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ最近のブルーレイソフト購入のタイトル(6/7~6/19)

2013-06-19 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
ここ最近、あんまり欲しいBDソフトがないので、ホラー映画のソフトを2本(+1本)購入致しました。
いや~なんか無性にホラー映画が見たくなる時ってあるよネ~?
(そう思うのは私だけぇ~?)

↓コレだよ~

●『ターミネーター4 スペシャル・エディション 』 古本市場(中古) ¥780
●『13ゴースト』 Amaマーケットプレイス(新品)¥980
●『モーテル』 Amaマーケットプレイス(新品)¥980
(『13ゴースト』『モーテル』の2本購入で送料無料。)

『ターミネーター4 スペシャル・エディション 』 ←コレはホラーではないけどネ~
この4作目、あんまり面白いとは思わないのだが...
中古ショップで安かったので購入しました。
(初回限定盤のアウターケース付だしネ~)

『13ゴースト』
好きなホラー映画です。
過去に所持してたのだが、大分昔に売ってしまったので、再び購入しました。 ←またしてもアホ買い~(汗)
メガネをかけると幽霊が見えるんだよネ~
オーパイ美女幽霊が目当てで、買い直した訳ではありません。 ←おい!
(このパッケージのジャケ絵、好きなんですよ~)

『モーテル』
最近、“ ケイト・ベッキンセール”が好きなので購入に至りました。
昔、DVDで視聴しましたが、話的には標準レベルのホラー映画...でも、決して悪くはありません。
BDの画質で見ると、また違って視聴できるかも?



(M4-A1さん、あくまでもイメージ(ゾンビ)キャラでの話ですよ~)↑

いや~それにしても、新品で1本¥980でBDソフトが購入できるとは、メチャメチャ安い!
確か、昔に『13ゴースト』のBDソフト買ったときは、¥3,000以上出して購入しましたよ~
(あと『1408号室』 『アイデンティティー』 『ブラインドネス』が欲しい...どれもメチャメチャ面白くはないが、好き♪)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

BDソフトの湿気対策に“ドライペット”はどないでしょう?

2013-06-16 | BDソフト
最近、熱いですよネ~

梅雨を通り越して、もう夏って感じ?

昨日、雨が1日振りましたが、こう暑くなってくると心配なのが保存しているBDソフトの湿気の対策です。
私がDVDで残している数少ないソフトの『松浦亜弥』のDVDソフト...
古いっと言うことも有って、パッケージの中の紙がヘロヘロ~になってしまっています。

↑中身のディスクは心配ないと思うのですが、案外パッケージって傷みやすいのよネ~
紙がヘロヘロ~になっているのは、やっぱり?湿気が原因なのか?
(DVDなので軽~く考えて、ここ数年、横向きで雑に保存(放置)してたってのもあるのかも知れない...?)
●7年ほど前に、中古で購入したソフトです。


...と言うことでBDソフトの保存に至って、私的には湿気対策を重視しております。
↓湿気対策には、この“ドライペット”という湿気とりアイテムが有効ではないでしょうか?

↑近所のホームセンターで、“ドライペット コンパクト”:¥128  中身の詰め替え(3本入り):¥178で購入。

↑使い方は簡単です! 中のケースのアルミ箔を剥がし...

↑更に中身の薄紙を剥がし...

↑容器に入れて、蓋をするだけで出来上がり♪

梅雨時など湿気の多い時期は、1か月も持たずに水が溜まります。
(倒しても水がこぼれることがないので安心なのさ~)

↑ちなみに、私はBD棚の各棚に1個づつ配置しております。
(置き過ぎか...?(笑))


まあ、実際にこの“湿気とり”がBDソフトの保存に対して、良い効果があるのかどうかは???ではありますが、 ←おい!
使用して悪いアイテムではないでありましょう。
コレからの湿気の多い時期に、BDソフトの保存にはお勧めのアイテムではないでしょうか?
(お勧めだと思いまーす♪)
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ブルーレイソフト画質評価&雑談

2013-06-12 | BD画質評価
BD『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のレビュー ←クリック!
●私が購入しのは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・エディション(2D&3D) 』ですが、2Dディスクは同じものなので記事にします。
●画像は実際の映像をキャプしたものです。モニターによって違いがありますので、あくまでも参考程度に見て下さい。


画質は...
映像はMPEG-4 AVC。
最近の大作映画は、もう全然画質の悪さの心配はいらないですネ~
そんな中でも、今作品の画質の良さはトップクラスです!
グレイン粒子が一切存在せず、ノイズも皆無、色彩も豊富で非常に色鮮やかなクリアでデジタルな映像です。
万人の誰が見ても「綺麗」と頷かせる、高画質な映像になっています。
私的には『トランス・フォーマー』みたいな、グレインが見られるカリカリな映像が好きなんだけど~
この映像を見せられると、やっぱり~文句の付けようがなく、この作品にあった美しい映像だと思います。

↑トラとの漂流が始まるまでに、しばしの前振り話が続きます。意外と長し...
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)


ことの始まりとなる、
貨物船の沈没映像に驚かされる!

あんまり前知識なしで視聴したのですが...
沈没と言えば『タイタニック』を思い出すのですが、もちろん規模の大きさが違うので比べる対象ではありませんが、
思いの外、VFX映像を使った貨物船の沈没映像の派手さに驚かされます。
動物が逃げ惑っているというのも見ていて斬新!激しい嵐のVFX映像もレベルが高く、この作品の大きな見どころの一つになっています。


   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)

ファンタジックな表現の映像も然ることながら、
トラのVFX映像も恐ろしくリ・ア・ル!

漂流するという過酷なサバイバルを、圧倒的な映像美で表現されているのが素晴らしい。
あの『アバター』の映像美に匹敵すると言う売り文句も決してオーバーではなく、多少過剰なファンタジー表現にはなっているが、
それが話の意味に通じるものがあるので、ワザとらしいという訳では御座いません。
もう、畳み込むかのように“夜光虫が光る夜の海”“クジラのジャンプ”“トビウオの群れ”“神々の嵐”等など(他にも多数)。
派手なVFXを多用した映像の見せ場がてんこ盛りの作品になっています。
基本たる“トラ”のリアルなVFX映像も目を見張るものがあり一見の価値あり!
明らかに、これまでの映画で見てきた動物のCGとはレベルの違うVFX技術に驚かされる。

↓この他にも、多数の映像的見せ場が用意されています。ああ~3Dで見てみたい!
    
   
    
    
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)

音質...
英語音声、DTS-HDマスターオーディオ7.1chで視聴。
映像的見どころの多い作品ですが、音響的聴きどころも多く存在します。
特に貨物船の沈没と後半の嵐のシーンは凄まじく、明らかに7.1chの音の恩恵を強く感じられる。
(最近、7.1ch音声収録のソフトが多く発売されて嬉しい限りです。)
●ちなみに日本語吹き替えの主人公パイの大人版は、“本木雅弘”でした...何故?わざわざ、“もっくん”なのか?


特典映像は...
本編ディスクに収録されている特典映像がメインになっています。
かなり内容の濃いものになっており、貨物船の沈没の嵐のシーンに2年費やしているとか、トラのCGの拘り、画面のサイズを変えて魚を飛び出して見せる等など...
映像的拘りのポイントを細かく説明されており、なかなか面白いです。
ちなみに、3D版のパッケージには1枚DVDの特典ディスクが付いており、主に話のオチに付いて深く語られております。
(時間的には短い物なので、別にこれ目当てで購入するものではないと思います。)
3Dディスクには未公開シーンなどの別の特典映像も収録されていますので、3D映像以外にも付属価値があります。



映像美が売りだけの作品にならず、
奥の深い考えさせる話が素晴らしい!

この作品には、実はオチがあるんですが...
このオチで、「な~んだ。」とそこで考えるのを止めてしまうと、単なる“どんでん返し”的な評価に終わってしまう作品なんだなぁ~と思います。
このオチが分かってからも、もう少しエピローグ的な話があるんですよネ~
まあ、ココからは人によって考え方が色々違ってくるんだろうケド...
人によって、今迄にどんな人生を経験したか?それによって、この作品を見て何にも感じない人や、大いに心震える人、色んな考え方ができる作品だと思います。
なので、単なる映像だけが売りの“トラウマ的ファンタジーな作品”で見終ってしまうとチョット勿体ないかな?

この話を聞く人(見る人)によって、どう感じるかはその人次第。
ちなみに私は...深々と奥の深さを考えながら、『虎と少年の冒険ファンタジィー』の物語を選択しました。
(こういう人生の考え方に+(プラス)出来る作品って、素晴らしいなぁ~♪)
●映像的観点からのレビューの記事にて、やっぱり~ストーリー抜きでは語れない、この作品の奥の深さを評価したい。
映像的&ストーリ的にも、BDソフトで繰り返し繰り返し視聴する、まさしく!打って付けのお勧めの1本ではないでしょうか?


●この記事のキャプチャー画像には、BDソフトのプロテクトを解除するようなソフトは一切使用していません。
BDソフトの映像をフツーにキャプしているんですが...本来は出来ないものなのかな?  ←クリック!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

2013-06-09 | 映画(洋)を熱く語る
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』


【ストーリー】
1960年代初めのインド ポンディシェリで生まれた少年パイ・パテルは、父が経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。
ところが、パイが16歳になった年、両親がカナダ モントリオールに移住することを決め、家族と動物たちは貨物船でカナダへ向かうのだが、
太平洋のど真ん中で突然の嵐に見舞われ沈没してしまう。
たった一人、救命ボートにしがみつき一命を取り留めたパイ。しかし、そのボートには凶暴なベンガルトラが身を潜めていたのだった…。
小さなボートと僅かな非常食、そして一頭のトラ。果たしてトラは少年の命を奪うのか、それとも希望を与えるのか!?
かくしてパイと一頭のトラとの227日にも及ぶ想像を絶する漂流生活が始まった。

この作品はBDソフトで鑑賞しました。


宗教的要素の強い作品だと言うことだけ頭に入れて視聴したのだが、
そういう小難しい話がない訳ではありませんが、全然気にせずに視聴可能です。
しかしながら、期待を大きく裏切る要素がありますので、それを受け入れることが出来るか?出来ないか?で作品の評価が大きく違ってきます。

ちなみに、私の評価ですが...
はい!もうメチャメチャ楽しく鑑賞が出来ました♪

漂流するまでに、少しばかり長めの前置き話があるので...コレは、私の苦手な小難しいタイプの話かと不安がよぎったのだが、
その心配はありませんでした、子供が見ても映像からストレートに楽しめる話になっています...ラストのオチ以外は!?(笑)

インドのおとぎ話を映像化したものかと考えていましたが、意外とリアルな世界観です。
リアルな世界観の中で、そんな訳あるかい!みたいなファンタジー的な表現がこの作品の奥の深さになってるんですよネ~

映像的にも派手&ファンタステック~♪
事の始まりたる、貨物船の沈没シーンから驚かされました。
(こんなに映像的に派手な作品だったとは!?)
根本的にVFX映像満載な作品です、虎のCGから怒涛の嵐の映像まで、そのレベルは凄まじく、
ファンタジー要素もありながら、映像から入ってくる情報だけでも半端なく素晴らしものがあります。
派手なVFX映像が好きな輩には堪りません!私、こういうVFX映像満載な作品が大好きなんですよ~♪


話的にもかなり奥が深いです。
漂流した救命ボート&小さな即席イカダの狭い範囲内で行われる、食物連鎖の厳しさみたいな?
この辺の虎と少年の関係が、リアルな演出をされているのは意外でした。
まあ、実際にはこうはいかないでしょうが、虎への調教の仕方などが真面目に展開されるのも好印象!


途中から、明らかに現実離れしたファンタジーと言いましょうか?冒険的な演出も含まれ、
この...うん?というサジ加減も絶妙で、この辺から→子供でも楽しめるファンタジー映画。
→大人を考えさせる人生論?映画。
みたいに、見る人の対象によって作品の意味が大きく変わってくるところが、この作品の見どころになってるのではないのかな?


私は思うんですけどネ~
この作品って、本当はちゃんと正解の話があるのは分かっています。
(当然、アッチが正解なんだよネ~?)
でも、別にどっちが正解かは?見てる人が決めてイイ~のでしょう?
人の人生も同じだと思います、前に進むにあたってポジティブな方がイイ~ではありませんか?
(俺、B型...でも、悪い意味の(笑))

今回、かなり期待をして鑑賞したのだが、決してその気持ちは裏切られず...
色んなことを考えさせる奥の深い作品でありました。映像的にも見ていて素晴らしく楽しい作品だと思います。
いや~また1本、大好きな好きな作品が増えましたネ~、映画の趣味は辞められません!(笑)
(この作品は、映画館で3Dで見るべきだったネ~...後悔!)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

私のこれからの BDソフトの購入予定

2013-06-08 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
このブログは朝に記事を書いても、こんばんわ~であります♪ ←なぜ?

え~今日の記事は、私のこれからのBDソフトの購入予定です。


『サイレントヒル』

Ama価格:¥2,000   2013年7月2日
過去にDVDとの抱き合わせソフト『アルティメット・ボックス』を所持してたのだが、とうの昔に売却済...
(¥10,000ぐらいするのよ~(汗))
それから何度か、再び買い戻そうか?と考えていたのですが、
はい!予想通り、続編の公開時にBDソフトの単品版が発売となりました。
値段も安くって、有難いでーす♪

『ダーケストアワー 消滅 3D・2Dブルーレイセット<2枚組>』

Ama価格:¥3,621  2013年7月3日
既にBDソフトは発売されていますが、3D版が欲しかったので廉価版待ちしておりました。
(20世紀フォックスの3Dソフトは、廉価版化されるんです。でも¥1,500ではないですよ~)
この発売日には買わず、その内Amaかヤマダで50%セール時に買おうかと考えています。 ←あくまでも予想!
まだ未視聴なのだが...面白いのかな?この手のSF系は大好きなんですけどネ~

『オズ はじまりの戦い 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き)』

Ama価格:¥4,445  2013年8月2日
現在のところ、前知識なしです。
取り敢えず3D版が欲しいので、買う予定です。

『ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版)』

Ama価格: ¥ 4,282  2013年8月7日
ワーナーの3Dソフトって、あとあと絶版でプレミアが付くのよネ~
(『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 3D&2D』 『タイタンの逆襲 3D&2Dブルーレイセット』みたいな?)
一応、買っときます。

『少林サッカー Blu-ray 究極版(特典DVD付2枚組) 』

Ama価格: ¥ 2,720  2013年8月23日
BDソフトで発売されるのを待っていました!大好きな作品です。
この前、『カンフー・ハッスル』も購入したんですよ~
本語吹替がドルビーデジタル 5.1ch音声で残念だが、発売してくれたことに感謝です♪

『ゾンビランド』

Ama価格:¥ 1,607  2013年9月3日
前の所持していましたが、既に売却済...(何故、直ぐに売る?)
廉価版が出るのを待っていました。

他にも色々発売されるのですが、
取り敢えず廉価版&セール、及び中古待ちです...

(『クラウド アトラス』 『テッド』 『ダイハード/ラスト・デイ』 『LOOPER/ルーパー』 『キャビン』等など )


え~本命買いが『サイレントヒル』と『少林サッカー 』ぐらいかな?
それ以外、あんまり欲しいソフトが今のところありません。

最近、よく思うのですが...
今一つ、発売時期の定価で購入するのが、アホらしくなっている感がするのは私だけでしょうか?

『ウォーキング・デッド シーズン2 Blu-ray BOX』 みたいに、¥10,000以上する商品が、Amaで一時期¥3,700ぐらいで買えちゃうのだから~
まず、『シーズン3』は発売時には売れないでしょう?...セール販売待ちみたいな?
(そう考えると、ソニピクの特典削除の廉価版にも文句言えないのでは?)

まあ、安くでBDソフトが購入できることは、有難いことなんですけどネ~
(根本的に、国内のBDソフトの定価が高いのが原因なのでありましょう?)
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ここ数日のブルーレイソフト購入のタイトル(6/2~6/6)

2013-06-06 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~

この前のBDソフト購入記事から、まだ4日しか経っていませんが...
ここ数日の購入したBDソフトは、↓これだぁ~!!

●『スノーホワイト』 ヤマダ電機(新品)¥1,490+ポイント5%
●『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・エディション(特製ブックレット付) (初回生産限定)』 Ama(新品)¥ ¥4,221

『スノーホワイト』
既にレンタルで視聴済。
途中まではなかなかファンタジーしてて素晴らしいのだが、これと言った感動もないまま終わってしまいました~(汗)
でも、廉価版買うぐらいだから、決して評価が悪い訳では御座いません。
そう言えば、この作品って全部で3部作つくられるとか?
(まだ、続くの...?(汗))

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
劇場公開時、この作品に全く興味がなくスルーしていたのですが、
なんか色んな意味で、奥の深い作品みたいですネ~?
かなり期待をして、このソフトを購入致しました...またしても3D版を! ←何回も言いますが、3D視聴環境ありません。


↑『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 は、私的にかなり期待大なのだが...
あんまり期待し過ぎると、ハズすかも~?
(画質にも期待ナリ~!)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加