BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『アリス・イン・ワンダーランド』

2011-05-31 | 映画(洋)を熱く語る
『アリス・イン・ワンダーランド』


【ストーリー】
19歳のアリスは、うさぎの穴からアンダーランドと呼ばれる不思議の国(ワンダーランド)へ迷い込む。
この世界の奇妙な住人たちは、なぜか皆アリスを知っていて、マッドハッターは誰よりも彼女を待ちわびていた。
残忍な赤の女王の支配に苦しむ彼らの最後の希望を託されたアリスは、
ワンダーランドの運命を賭けた戦いに巻き込まれていく―

この作品は、劇場・DVD・BDで鑑賞しました。


この作品は映画館まで観に行きました...『3D』版を。
あ~初めてじゃ~ないのかな?映画館で爆睡してしまったのは~(笑)←おい!
全くの全然面白くありませんでした!
予言の筋書き通りに進むストーリーが、全く心弾むことなく寝てしまったのよネ~。

一応、私...
ココだけの話、大体DVDレンタルされる有名どころの作品は、全部DVD-Rに○ピーしているんだけど~
その際、チェックがてらに観てみたら?
あれれ~?面白いじゃ~ないの?

と言う訳で、DVDで観るの途中で止め、BDソフトをレンタルして来て鑑賞。
うん!面白い♪
何度も繰り返し観たいので、セルBDソフトを購入しちゃいました。


ああ~...何でしょうネ?
観るときのタイミングで、コレだけ評価が変わるのでしょうか?

↑この“アリス”が穴から落ちるシーン、メチャメチャ好きです♪
(落ちるシーンは30秒ぐらいありましたっけ?)

↑ヒューーーーーー「キャーーーッ!!!!!」
(ピアノが迫ってきたり、ベッドに弾んだり~ビョ~ン!)
もう、何十回も繰り返し、繰り返し...何かを覚えたての猿の如し観る私。←何故故に?


↓根本的に“アリス”が可愛いのよ~♪

↑「ヘンテコリンのポンポコリン~」と言うセリフが、私の心をメロリンキュ~♪

再度、不思議の世界に迷い込んでしまった“アリス”...
「でも、あの頃みたいに子供ではないのよ~。コレは夢よ、いやん!“アリス”まいっちんぐ!(汗)」
みたいな?(注意:そう言う作品では御座いません。)
私の何か分からない“フェチ心”を擽るものがありました。←私は変態かい?
(私、こう言う変わった女性はタイプなのよ~♪変人好き?)


改めて映画を観てみると、“予言通り”の話が淡々と進んでいくストーリーなので
派手な話の展開を期待していると、肩すかしを食らう...で、私は眠くなったのでありましょう。
(女性なら好みの展開なのかな?そう言う意見を聞きました。)
自宅で、まったり~映画を楽しもうとこの作品を観ると、あら不思議?
今迄、見えなかった この映画の良さが見えて来るではありませんかぁ~?


原作を壊さない程度に抑えられた、それでもやっぱり~“ティム・バートン”色を強く感じるワンダーランドの住人達...
“空飛ぶ猫”や“不気味な双子”“青い芋虫”とか色々出てきますが...
その中の代表、“マッドハッター”は、“ジョニー・ディップ“抜きで好きなキャラであります。

暴走するとキレると言うイカレたキャラ設定は...
【うんちく】
この当時の帽子屋は水銀を使うので、水銀中毒による精神錯乱&神経障害の症状がみられ、
「帽子屋のように気が狂っている(mad as a hatter)」と言う笑えないネタが元になっているそうです。


↑「怖いよアリス...俺の頭は賑やかすぎる。俺はイカれたのか...?」

↑「残念ながら貴方は完全におかしい...。でもイイことを教えてあげる、偉大な人はみんなそう。」
何故かしら?このシーンに猛烈に感動!
(それは私も“変人”だから?(汗))←おい!


↑“マッドハッダー”の不思議なダンスに、MPを奪われてしまいました。
チャリラリラ~♪
(こう言う細かいお遊びもお気に入り♪)

私的にお気に入りだったのが、この↓キャラ...“白の女王”。

↑美女なんだけど~、姉の“赤の女王”に負けず、腹黒そうなところが好きナリ~♪
(この“白の女王“は、ブルーレイソフトで観ると“白”が美しく、見栄えがイイ~のよネ~)
●この“白の女王”の吹き替えって、“深田恭子”がやっていたの?知らなかったよ~



まあ、色々偏ったレビューをカキコしてしまいましたが、←大丈夫です、自覚はあるんですよ~
ストーリー的にも“アリス”が大人になり切れていない不安な状態を、大きくなったり、小さくなったりを映像で表現し、
現実逃避ともとれる“不思議な世界”への出来事が、大人に近づくにつれて薄れていた自分の個性というのかな?
常識に縛られた殻から脱出みたいな?
そう言う大人に成長する過程を上手く表現した作品になっていると思います。

でもネ~、やっぱり~そう言うのを楽しむよりも何だろう?
“不思議な世界(ワンダーランド)”をじんわり味わう映画と言ったら良いのかな?
まあ、人それぞれ楽しみ方は違うと思うんですが
私的には、大変好きな作品になりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★新発売★ 【ソニ- NP-BN1 互換バッテリ-】を購入しました

2011-05-29 | 家電・アイテム
皆さん、こんにちわ~
今日の記事は、家電ネタです。

前に購入した、ソニーのデジカメ...サイバーショット“DSC-WX5”。

SONYのサイバーショット“DSC-WX5”を購入←クリック!

ブログで使用する画像以外には、飼っている犬“ホクト”ぐらいしか撮っていませんが
遊ぶには最適の大変使いやすいデジカメだと思います。
しかし、このデジカメ...前にもレビューでカキコしましたが、
尋常ではないくらいに、バッテリーの持ちが悪い...!
(電源付けっぱなしだと1時間持ちません~(汗))

と言う訳で、予備のバッテリーを購入しようと思ったら?
あらら~
ソニーの純正物は¥5,880 →Amaで値引きされても¥3,290 もして高い!(汗)

そう言うことでバッタモン...と言えば聞こえが悪いですが、他メーカーによる、互換バッテリーを購入しました。
もちろん、Amaで購入...★新発売★ 【ソニ- NP-BN1 互換バッテリ-】 DSC-WX5,DSC-TX9 対応 ¥1,520 。
安いぞぉ~~~!!

↑“MAID IN CHINA”と書いています(笑)
¥1,520だから、当然です。

他にも2~3種類あったのですが、一応Amaのレビューでまともそうなコレに決めました。

↑裏です。


↑コレがソニーの純正バッテリー。
当然ながら、つくりはコチラの方が良いです。



現在、2回ほどバッテリーチャージで使用しましたが、
一応...純正のバッテリーと変わらず使用できています。
え~現在平成23年5月29日です。
もし異常が見られれば、すぐココ↓に【異常有り!】(←赤文字で)とカキコしますので、
それまでは、値段が安いので~なかなかお買い得な互換バッテリーだと言えるでしょう。

現在、平成23年6月26日。
純正よりも若干、バッテリの持ちは悪い?感はありますが...(気のせい?)
全然フツーに使えています。
値段を考えれば、やっぱり~お買い得な商品であります♪


「コレで多い日も安心だよぉ~~♪」←おい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『パコと魔法の絵本』 ブルーレイソフトの画質評価 

2011-05-19 | BD画質評価
皆さん、こんばんわ~
いや~Amaに中古の『パコと魔法の絵本』ブルーレイソフトを注文したら...
ディスクに極小の傷が付いており、一部再生できなかった次第で~(汗)
返品&再度注文していて、今記事が遅くなりました。

 

●注意1:この画像はモニターをデジカメで撮影したもので、実際の物とは多少色合いが違います。
(あくまでも参考程度にして下さい。)
●注意2:私自身が映像に関してド素人であり、知識がなく未熟なため純粋なBD画質レビューではありません。
(BDソフト画質雑談になっています。)←おい!

BD『パコと魔法の絵本』 

● 『パコと魔法の絵本 』のレビュー ←クリック!

【ストーリー】
奇妙な人たちばかりが集う病院に、記憶が1日しか保てず、毎日同じ絵本ばかり読んでいる少女パコがやって来る。
院内一の偏屈ジジイの大貫はある事件をきっかけにパコと交流を重ね、自分は彼女になにかできるかを考える。。。


この『パコと魔法の絵本』...
かなり気に入っちゃって~、早速ブルーレイソフトの“中古”を購入して参りました。
(Amaで送料込みで、¥2,510で購入致しました。 )

ブルーレイソフトの“邦画”と言えば、あんまり画質が綺麗ではない...と言うのがパターンなのですが~(汗)
(コレは撮影機材&照明の明るさが悪いのが原因となっているそうです。)
この『パコ』は、メチャメチャ高画質です!はい...

↑非常に発色が良く濃厚な色彩で、派手さのある映像になっています。
淡くピントをぼかしたシーンもありますが、演出だと思います...?
基本的にクッキリした、誰もが“高画質”だと思える素晴らしい映像になっています。
(DVDとの画質の違いは、雲泥の差です。)

実写部分も非常に綺麗です。
派手な色彩が、このファンタジックな作品にピッタリな映像になっています。


この作品の面白いのが、この↓“パコ(女の子)”が感じているであろう?
VFXを駆使した、絵本の演劇のイメージ映像です。

↑このCG映像も驚くほど高画質です!もうメチャメチャに綺麗です♪
キャラ&背景ともども、派手にぐるぐる~動きまわるアクション!

↑ブルーレイの映像で観ると、この青空の色が非常に美しいのよ~!
“実写”との切り替え&合成の演出が素晴らしく、
映像的にも...何回も繰り返し観たくなるVFX映像となっています。
(子供が観たら大喜びでありましょう。)


↑このCG映像のアクションは...
“ハリウッド”と言うよりも、“日本のアニメ”の動きに近いかも知れない?
それぐらいアクションの演出の出来が良いです...必見だよ~♪


音質も大変素晴らしいです、他所様のブログで「セリフが聞き取りやすい」と言っていますが
まさしく、その通りです。
音の広がり&サラウンド感も上々で、重低音も迫力満点!
この作品は...音響システムが“ある”のと“ない”とでは、かなりの評価の違いが出てくるでしょう。
かなり楽しめる音つくりになっています♪


↑“絵本の演劇”をVFX映像で演出する...
邦画で違和感なく、すんなり~VFX映像の魅力に入り込める作品って、決して多くはないのでは?


ちなみに...私、
初めはDVDで鑑賞し、BDソフトを購入後...何回も鑑賞しましたが、
“DVD”で観るのよりも“BD”で鑑賞する方が、完全に作品の価値観が高くなりました。

ストーリーも大変素晴らしい作品なのですが、目から入って来る“映像”の演出も大変素晴らしい作品だと思います。
こう言う“映像的良さ”を兼ね持った作品は、コレからの時代...
やっぱり~ブルーレイソフトで鑑賞するのをお勧めしたいと思います。

もう、そう言う時代が来たと言ってイイのでは...?
うまうま...♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『パコと魔法の絵本 』

2011-05-13 | 映画(邦)を熱く語る
『パコと魔法の絵本 』

【ストーリー】
奇妙な人たちばかりが集う病院に、記憶が1日しか保てず、毎日同じ絵本ばかり読んでいる少女パコがやって来る。
院内一の偏屈ジジイの大貫はある事件をきっかけにパコと交流を重ね、自分は彼女になにかできるかを考える。。。

この作品はDVDで鑑賞しました。

↑(“小池栄子”が...“妻夫木聡”が出てたなんてぇ~、最後まで気が付かなかった...(汗))

観るタイミングが良かったと思います...
ここ最近、立て続きに5~6本のホラー映画を観ていてたので
明るく楽しく~心温まるような作品はないかと知らべていたら、この映画に行き着きました。
いや~映画好きの知人の娘さんに「お勧めだよ~」と言われ、気になってはいたんですけどネ~
(若い娘さんに言われると、気になっちゃうでしょう?(笑))←おい!


序盤の独特の濃い~笑いのノリは、やっぱり~少なからず抵抗がありましたが...
(この笑いのセンスを、受け付けない人もいるでしょう?)
“頑固じじい(大貫)”と“パコ”が出会ってからは、グイグイと話の魅力に惹き寄せられていきました。

↑人を攻撃するしか出来ない人生を送ってきた“大貫”は、“パコ”と出会い絵本を読むことで変わっていく...

“パコ”は事故の障害で1日しか記憶を保っていられない、一晩寝ると1日の記憶がリセットされる。
本の表紙裏に “毎日よんでね...ママより” と書いてあるので必然的に絵本を読んでる訳です。
両親の“死”に気が付くこともなく毎日...
(コレは幸せなのか?不幸せなのか?)
もう、この基本設定だけで私は泣けます!


ストーリー的には後半...

↑“大貫”の発案で、病院のみんなで“パコ”に絵本のストーリーを“演劇”で観せることに...
(“阿部サダヲ”の演技は私的には好み、ちなみに私は“土屋アンナ”のファンです♪)
●出演している俳優さん方みなさん、メチャメチャ演技が上手い!


実はですネ~
私、この作品があまりにも気に入ちゃって、ブルーレイソフを注文しちゃいました~(笑)

↑中古で¥2,000チョイで売っていたので買っちゃった~♪
私はストーリーが良いだけではブルーレイソフトは買いません。
“映像”や“音”がブルーレイの高画質な映像で楽しめるソフトをメインに購入しているんですが...
『パコと魔法の絵本』ブルーレイソフトの画質評価 ←クリック!

そう言う意味で、この作品で驚かされたのが“絵本“のストーリーを“パコ”が感じているであろう?
目線で表現されるCGによるVFX映像!!
特にこの後半の“演劇”が始まってからの映像が半端なく素晴らしい~!!

↑この絵本の演劇が、VFX映像を交えての凄い映像になっています。

『ガマ王子対ザリガニ魔人』

↑ハイスピードな展開で、“実写”と“VFX映像(絵本のキャラ)”が交互に切り替わります。
まるで派手なアクションアニメを観ているかのような映像で、絵本の話が演出されます。
もう、ぐるぐる回って...お小ちゃま(子供)なら、このシーンだけで大喜びでスクリーンに釘付けでしょう!

ここのVFX映像って、目ぐるましく動き回るアクションが素晴らしく
かなりレベルが高いと言うか、大人の私が観ていてメチャメチャに“血湧き肉躍る”のよ~♪
“パコ”が完璧に絵本の演劇に入り込んでしまっている状態を、映像で表現出来ていると思います。

↑1日しか記憶を保てない“パコ”が味わう、最高に幸せな“絵本”のストーリー。
(この絵本って“飛び出す絵本”だから、あの動きのある映像になっているんでしょうネ~)

基本となる話の芯がしっかりとしているので、
ドタバタ・コメディとファンタジー色のギャップが相まって、大笑いしながら感動できる秀作のストーリーになっています。
オチも哀しいかな?
奇跡は2人が出会った時点から、始まっていたんですネ~

“パコ”の為に絵本のお話を演じる結果、演じている皆にも何かを変えてしまう...
タイトル通り、まさしく!“パコ“の持っている本は“魔法の絵本”でありました♪
(邦画はあんまり好きではないのですが、コレは素晴らしぃ~~♪)

PS.
エンディングに流れる“木村カエラ“の歌が、気に入ってしまったので
早速、AmaでCDも注文してしまいました。
ゲロゲ~ロ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『エイリアン』

2011-05-11 | 映画(洋)を熱く語る
『エイリアン』

【ストーリー】
地球への帰途についていた宇宙貨物船ノストロモ号は、謎の救難信号を受けて未知の惑星に降り立つ。
そこには異星人の船があり、船内には無数の奇怪な卵が存在していた。
卵から飛び出した奇妙な生物が顔に貼り付いた航宙士ケインを回収し、ノストロモ号は再び航海につくが、
彼の体内にはすでに異星生物の幼体が産みつけられていたのだ。
ケインの腹を突き破り姿を表したエイリアンは脱皮を繰り返し巨大に成長、一人また一人と乗組員を血祭りにあげていく……。

この作品は、テレビ・ビデオ・DVD・WOWOW・BDで鑑賞しました。


いや~改めて考えて見ると、この作品のレビューを語るのは初めてで御座います。
私的には『エイリアン』シリーズの中で、この1作目が一番好きな作品なんですよネ~♪

私がこの映画を初めて観たのはテレビです、確か小学中学年ぐらいの頃だったの思います...
(もちろんテレビ初放送!)
ちょうど裏番組で空飛ぶ悪魔のような怪物が、襲ってくる映画(多分、アメリカのTVドラマ)が放送していました。
全然『エイリアン』の予備知識がなかった私は、2つの番組のチャンネルをアッチ替え~コッチ替え~
どっちが面白いのか?浮気心たっぷりでテレビ観ていたのですが...
子供ながら、ものの30分ほどで『エイリアン』の方が面白い!...て言うか、作品としてののつくりが全然違うことに気が付き
本作品にぐいぐいと魅せられたことを強く覚えています。
(確かこの裏番組の怪物の正体も“エイリアン”だったと思います。)←他局が『エイリアン』に対抗していたのか?


私はこの頃...SF映画はあんまり好きではなく、宇宙が舞台の作品はあんまり興味がなかったのですが
今作品のようにSF&ホラーとい言うジャンルの作品は、この当時まだ少なかったと思います。
幼少からホラーが大好きだった私に取っては...(『ゾンビ』が好きだったのよ~♪)
恰好の入門の秀作SF映画となってしまった訳なんですよネ~

↑この当時としては、最高のショッキング映像シーンとなりました。
(今、観ても凄いわぁ~)

突然、卵から孵化した生き物に、口から胃の中に卵を産み付けられ
そして幼体が腹を突き破って出てくると言う演出は、
観た者は、一生忘れられないものとなったでありましょう?
あわわ~

コレってアレなんですよネ~
聞いた話では、レイプに通じる生理的恐怖を表現しているそうです。
いきなり口に“ナニ”を突っ込まれ、妊娠させられて出産...
(↑下劣な表現で申し訳ありません...でも男女関係なしで妊娠させられる訳だから、男でも怖いわなぁ~(汗))

↑この黒光りしたヌメヌメ~とした体も、男性器のような形をした頭も、そう言う生理的気持ち悪さを表現しているそうです。

↑(●『ディレクターズカット版』には、女性隊員を“エイリアン”が性的に弄ぶ?と思われるシーンも追加されているのよ~)

やっぱり~この作品の成功には、この↓“エイリアン”のデザイン・造形が肝となっているでしょう?

↑BDのメイキングによると...
“H.R.ギーガー”の元からあったこのイラストを見て、「コレをこの映画の“エイリアン(異星人)”にしたい!」と頼んだそうです。
いや~、やっぱり~凄いデザインですよネ?

↑色んなVFX映像を観慣れた私が今見ても、素晴らしく斬新な姿・設定の“クリーチャー”だと思います。
未だに続くこのシリーズは...(『VSプレデター』も含め)
この“ギーガー”の生み出した“エイリアン”あってのものでありましょう?



今回、ブルーレイソフトを購入したことにより、今作品を改めて鑑賞したのですが...
今観ても映像的&話的にも、殆ど古さを感じさせません。
子供の頃に観た映画って、記憶の中でかなり美化されているものなんですが、今観ても素晴らしい出来だと思います。

聞いた話では...5作目がこの1作目の“リドリー・スコット”監督により制作中だそうです。
(1作目の前章になるらしい。)
さらに、この1作目自身のリメイクも決まったらしく?
まだまだ~、1作目から32年? この“エイリアン”の人気は全く色褪せておりません。
そう言う意味でも、やっぱり~この第1作目は凄い作品なんですよネ~♪


『エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX』(中古)を購入←クリック!
『エイリアン』 ブルーレイソフトの画質評価 ←クリック!
『エイリアン』の脱衣シーン♪ ←クリック!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『エイリアン』 ブルーレイソフトの画質評価 

2011-05-10 | BD画質評価
皆さん、こんばんわ~
本当は画質レビューはスルーしようと思っていたのですが、
有名どころで勿体ないから、やっぱり記事にします。


●注意1:この画像はモニターをデジカメで撮影したもので、実際の物とは多少色合いが違います。
(あくまでも参考程度にして下さい。)
●注意2:私自身が映像に関してド素人であり、知識がなく未熟なため純粋なBD画質レビューではありません。
(BDソフト画質雑談になっています。)←おい!

BD『エイリアン』

『エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX』(中古)を購入←クリック!
『エイリアン』のレビュー ←クリック!

【ストーリー】
地球への帰途についていた宇宙貨物船ノストロモ号は、謎の救難信号を受けて未知の惑星に降り立つ。
そこには異星人の船があり、船内には無数の奇怪な卵が存在していた。
卵から飛び出した奇妙な生物が顔に貼り付いた航宙士ケインを回収し、ノストロモ号は再び航海につくが、
彼の体内にはすでに異星生物の幼体が産みつけられていたのだ。
ケインの腹を突き破り姿を表したエイリアンは脱皮を繰り返し巨大に成長、一人また一人と乗組員を血祭りにあげていく……。



はい、毎度のトーシロー(素人)のブルーレイ画質レビューもとい... 画質雑談で御座います♪
(私の記事って参考になっているのかな?)
いや~この作品って、1979年の作品なんですネ~

↑今から20年以上前の作品だと考えれば、驚くほど高画質です。
今回のBOXのシリーズ4作品の中では一番綺麗だと感じる映像ではないのかな?
(3、4作目がDVDのアップコンかと思うような映像なのよ~、コッチの方が新作なのに何で?(汗))

↑暗いシーンは映像の情報量が少ないですが、良い意味でのグレイン(粒子)がほど良く残されており
割かし立体感のある映像に仕上がっています。
(本編中...こう言う↑映像が殆どです。)
●古い作品なので、最新の作品のブルーレイソフトの映像と比べると大分落ちます。
●下↓は、敢えて綺麗な映像のシーンを集めて記事にしています。


↑暗いシーンが多い作品なので、実際には言うほど高画質には感じられないかも知れない?

↑この宇宙船の卵のシーン...
中身の幼虫の肉感が非常に生々しく気持ちイイ~です♪
(気持ちイイ~=気持ち悪いの意味)
DVDの映像では、絶対にこの肉感は出ません!

↑明るいシーンは非常に綺麗な映像です。
フツー古い作品ってブルーレイで観ると、セットや特撮の粗が結構目立つのですが...
この1作目(2作目も良い)に関しては粗が目立ちません!
細部まで拘って制作された、非常にレベルの高い作品なんですよネ~

↑いや~ブルーレイの映像の恩恵を強く感じられるシーンです、ショッキング度も倍増!
生々しぃ~たらアリャしない!キモイかわいい~♪←すいません、ホラー系大好きなもんでぇ~(笑)
(このシーンって、シリーズの中で、一番インパクトのあるシーンではないでしょうか?)

↑首だけになったアンドロイドの“アッシュ”...
高画質で観ると、汚さも倍増!うひょ~~~♪←?
●上の3枚の画像をこう見ると...『エイリアン』ってなかなかショッキングな作品ですよネ~?
今でも決して色褪せないSFホラー映画だと頷けます。



↑ブルーレイの高画質な映像で観ても、この“エイリアン”の造形は非常に出来が良いです。
黒光りしてヌル~っとした質感は、1作目のが一番好きです。
(まあ実際、殆どの登場シーンは暗くてハッキリと見えないんですがネ~)
ちなみに上↑の画像は“エイリアン”の口元のアップです。


↑この作品を初めて観たのは小学生の真ん中ぐらいだったのかな?
子供ながら、なんかこう熱いモノが込み上がって来たのは私だけではなかった筈...
(詳しくは下↓の記事を参照...)
『エイリアン』の脱衣シーン♪ ←クリック!
画質がイイ~とより熱いモノが込み上がってくるのだよ~...みなぎら~!

↑この頃の“シガニー”って、やっぱ美女だなぁ~♪

ちなみに、音質ですが...
あ~
私の音響システムでは、コレと言った“音”の面白さは感じられませんでした...地味です。
(古い作品だから当たり前?)


もう一度言いますが...
敢えて綺麗な映像のシーンだけをより選んで、記事にしています。
話の殆どが暗い宇宙船内のシーンばかりなので、鮮やかな映像は少ないです。
期待しすぎてこのソフトを鑑賞するとガッカリするかも知れません?

しかし、DVDやWOWOWでの今作品の画質を知っている人達なら...
ブルーレイソフトの古い映画の画質を知っている人間なら、驚きの高画質のなっていると言えるでありましょう。
『エイリアン』大好きな人なら、間違いなく“買い!”のソフトとなっています!

ちなみに私的お勧めの購入方法は...
3、4作目のソフトの画質がかなり酷いので、この『エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX』ではなく、
単品での『エイリアン』『ヱイリアン2』のブルーレイソフトの購入をお勧めします。
(現在、Amaで1本¥2,422 で購入できます。)


PS.
『エイリアン2』のブルーレイ画質レビューは、いずれ後日に記事にします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX』(中古)を購入

2011-05-06 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
ブルーレイソフトネタが続くのは、どうかと思いますが...
やっぱり~今夜もブルーレイソフトネタだったりします。←おい!


え~先日、実はこのソフトも購入していました。
↓はい、『エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX』であります。

あ~今更感がありますが...旬が過ぎちゃいましたよネ~?
割と遠くの中古ショップで購入...¥9,800でした、もちろん中古です。
(コレって安いのか?高いのか?どうなんでありましょう...?)


↑こんな感じで1作目~4作目まで+特典ディスクが2枚付いています。


↑なかなか状態が良く、新品同様なんですが...
でも説明書(ブックレット)が薄っら折れていました、恐らくコレは店員さんの扱いが原因なんでしょう。
(意外と店員さんの扱いが雑な場合が多いのよね~、購入時に目の前でディスクに指紋付ける輩もいたりします~(汗))


今更、画質を語るまでもないですが、画質はかなり綺麗です。
1作目はWOWOWで録った『ディレクターズ版』を持っているんですが、やっぱり~映像的にも画質的にも全然違います。
(吹き替えが選択出来るだけで、買う価値ありだよネ~?)
『エイリアン』 ブルーレイソフトの画質評価 ←クリック!
『エイリアン』のレビュー ←クリック!

2作目はWOWOW版は画質が好みではなかったのですが、今回のブルーレイは...うん!綺麗です。
非常にイイ~映像になっていて、買って良かったと強く実感できます。

3、4作目はあんまり興味がないのよネ~
でも、綺麗ですよ~...と思っていたのですが、改めて見ると???あんまり綺麗ではないぞっ!(汗)
(詳しくは、他所のブログを参考にしましょう♪)←おい!



私的には1作目と2作目目当てだったんですが...
(既に1作、2作目はレンタルで視聴済み...買う価値のある高画質だったので~)
今回、ブルーレイソフトのバラ売りが発売されましたよネ~?
あれを買うなら、やっぱりBOXを購入した方が気持ちが良いので、ショップで見付けて即買いしちゃった訳なんですよ~♪

よくよく考えて見れば...
この『エイリアン』BOXは、DVDの時にも購入していました。
(もちろん、既に売却してしまいましたが...)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX 』といい、好きな映画の作品は
メディアが変わる度に私は、購入し続けるんでしょうネ~?
(そう言えば『スター・ウォーズ』Blu-ray BXが9月16日発売に決定!)←コレも同じく、また購入します♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

親父が“VIERA TH-42S2”を格安で購入しました!

2011-05-05 | 家電・アイテム
みなさん、こんばんわ~
今夜の記事は、タイトルそのまんま...
はい、私の親父が格安でプラズマテレビを購入致しました。
(買いに行ったのは、もちろん私です。)


いや~アナログ放送が終了まで、あと3ヶ月ないのかな?
今迄、「地デジなど興味がない!」と意味の分からん意地を張っていたのですが~
コレはメチャメチャ安いぞっ!と私が後押しして、ついに購入致しました。

↑パナソニックの“VIERA TH-P42S2”、ヤマダ電機で¥57,800で購入。
(5年間保証も付いています。)

なんと!42インチのプラズマテレビが¥57,800!?
や、安過ぎるぞぉ~~!!


先着5名限りなので、1時間前にお店に行ったのだが...1人しか並んでいませんでした~(笑)
(結局、開店前には5人ぐらい並んだだけで、全員このテレビ目当てではなかったのよネ~)
●ただしお持ち帰りが条件です。
昼から行っても楽勝で購入できたでしょう。
(もう地デジ対応テレビって、みんな買っちゃったんですかネ~?)


実は私、半年前に“VIERA TH-P46G2”を¥150,000で購入したばかりなんですが...
(親父が購入した“S2”の1つ上の機種です、外見は同じです。)
いや~、“S2”でも十分綺麗ですよ~
画質を拘る私が見れば、少々“黒”が薄いですが...フツーの人が見たら差は気が付かないでしょう?
地デジしか見ることのない親父等ならば、まさしくこの映像で十分過ぎるぐらい綺麗です!
“G2”と違い 前面の画面がガラスなので、“S2“の方が扱い易いと思います。
(雑巾で気軽に拭けます♪)←照明の映り込みはあるけどネ~

42インチが5万円台で買えちゃうなんてぇ~~~
(ちなみに私は、6年前?に42インチのプラズマテレビを¥380,000で購入致しました。)
こんな時代がやってくるなんて~、夢にも思いませんでした。

さすがに、もうコレ以上安くはならないでしょうネ~?
ある意味、デフレみたいで怖い...?


PS.
ちなみに親父等の地デジのハイビジョンの映像の感想は...
始めは「綺麗だ!」と褒めていたんですが、1週間もしない内に
「慣れればブラウン官の映像と変わらん!」だそうです~(汗)
(やっぱり~、BDソフトの普及は難しい?)

それと評判どおり...
スピーカーの音が悪い!
耳の遠いウチの母は、このテレビの音があまり聞こえないそうです。

↑“シアターバー”の購入が必要?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ファイナル・デスティネーション』 ブルーレイソフトの画質評価 

2011-05-03 | BD画質評価
皆さん、こんにちわ~
昨日の続きと言えば何ですが...今日もブルーレイソフトの画質評価ネタです。 

●注意1:この画像はモニターをデジカメで撮影したもので、実際の物とは多少色合いが違います。
(あくまでも参考程度にして下さい。)
●注意2:私自身が映像に関してド素人であり、知識がなく未熟なため純粋なBD画質レビューではありません。
(BDソフト画質雑談になっています。)←おい!

BD『ファイナル・デスティネーション』 

『ファイナル・デスティネーション』 ←クリック!
『ファイナル・デスティネーション』、『ファイナル・デッドサーキット』のBDソフト(中古)を購入 ←クリック!


【ストーリー】
主人公のアレックスは修学旅行に向かう為登場した飛行機の中で悪夢を見る。
それは今乗っている旅客機が離陸直後に大爆発し、全員死亡すると言う恐ろしい夢?
混乱するアレックスのせいで同級生と先生の7人が飛行機から降されるはめに。
ところが直後、悪夢は現実となり旅客機は離陸直後に大爆発!
結果的に7人が生き残ることになった。
しかし、助かった7人達は次々に謎の死を遂げることになっていく。
“死”の運命からは逃れられない...


はい、私の大好きなホラー映画シリーズの第1作目です。
2000年にアメリカで公開された作品なので、もう10年以上昔の作品なんですよネ~

↑少し古い映画と言う訳で、目を見張るような高画質な映像ではありません。
“VC-1”が悪いと言う訳ではありませんが...
そう言う感じの?モヤ~とした垢抜けない映像になっています。

↑それでも当然DVDよりも発色が良く、色鮮やかで、割合シッカリ~した映像だと言えるでしょう。
(注意:画像サイズが小さいので綺麗な画質に見えますが、実際はもっとピントが悪いです。)

多少、ざわ付く悪い意味でのグレイン(粒子)が目立ちます。
暗い映像が多いのですが、情報量が少なく“黒”が潰れていますネ~...
(画質的にも少し暗めなのよネ~)


↑パッっとしない画質ですが、それでもやっぱり~ブルーレイソフトです、
お決まりの台詞ですが...「DVD」とは雲泥の差です。

↑シリーズ1作目のメンバーって、なんか一人一人個性がありますよネ?
私的には1作目が一番好きかな~?
(スプラッター度は地味だけど...)
ちなみに画像の右の“カーター”、こいつ性格悪いのよ~!

↑ああっ!ルートン先生!痛そう~~(汗)
前にも言いましたが...こう言うスプラッターな映像を高画質で観るのは、やっぱ~気持ちイイ~ですネ~♪
(気持ちイイ~♪=気持ち悪いの意味です。)←ホラー好きは、こう言います(笑)

実は私、彼女↓がメッチャ!好きです♪
“アリ・ラーター”って言うのかな?
『バイオハザードIII 』『バイオハザードIV アフターライフ』『HEROES/ヒーローズ』で出演していますよネ?
(この頃からのファンです♪)

↑彼女は続編の『ファイナル・デッドコースター』にも登場します。
うむ!
やっぱり~美女はブルーレイソフトの高画質で観るに限る♪

↑どうでもイイ~話なんですが...
現在の彼女ってスタイルいい~んだけど、“胸”あんまりないでしょう?
(ちなみに私は“貧乳”も好きだよ~)←おい!
でも、この頃の彼女って“ユッサ~ユッサ~”なのよネ~♪
(こう言うのも楽しむのも、ブルーレイの高画質なら!なのよ~♪)


↑何回も言いますが、↑画像はサイズを縮小しているので綺麗に見えています。
実際はもっと汚い画質です。

音質の方は標準的かな?
迫力はあるんですが、あんまり気にならないと言いますか...特にオモシロイ所は御座いません。
(決して悪くはないです。)

40インチ以上のモニターで、この作品が好きな人はDVDから買い換えをしても良いですが...
決して¥10,000出費しての買う物では御座いません。
(このソフトは期間限定生産で、現在ではレアなソフトとなっています。値段高いのよ~)

ちなみに私は、中古で¥3,980(+配送料¥340 )で購入したのですが~
いや~買って良かったですよ~
だって、好きな作品なんだも~ん♪(笑)


【今日の教訓】
好きな映画は、ブルーレイで観るに限る!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ファイナル・デッドサーキット』 ブルーレイソフトの画質評価 

2011-05-02 | BD画質評価
皆さん、こんばんわ~
今夜は昨夜の続きのブルーレイソフトの画質評価ネタです。 

●注意1:この画像はモニターをデジカメで撮影したもので、実際の物とは多少色合いが違います。
(あくまでも参考程度にして下さい。)
●注意2:私自身が映像に関してド素人であり、知識がなく未熟なため純粋なBD画質レビューではありません。
(BDソフト画質雑談になっています。)←おい!



BD『ファイナル・デッドサーキット』

『ファイナル・デスティネーション』、『ファイナル・デッドサーキット』のBDソフト(中古)を購入 ←クリック!
『ファイナル・デッドサーキット 3D』を観て来ました ←クリック!


【ストーリー】
ガールフレンドのロリら友人達と訪れていたサーキット場で、
レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック。
周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニック達だったが、
生き残った人達が次々と謎の死を遂げ始める。
死の運命は変わらない、ニック達は死を回避しようと試みるが...


いや~残念ながらこのソフト、スペック的には“片面一層”の“VC-1”コーデックです。
あいや~画質悪いじゃん?と思い、今迄買わずにスルーしていたのですが...

↑実際、購入して鑑賞すると...メチャメチャ綺麗です!

↑若干、わざとらしいカラフルな発色ですが、色鮮やかで観ていて美しい画質です。
ピントもクッキリ鮮明で、ハッキリした非常に見栄えの良い映像となっています。

しかし実際のビットレートは12~20Mbps ほどしかなく、やっぱり~データー的にはイマイチなんですが~
映像を観るからには、かなりの高画質映像に見えます。
(それは私が映像的に素人だからでしょうか?)


↑こう言うスプラッターなシーンを、高画質な映像で鑑賞すると何故か不思議な気持ちになります。
(だって、この手のB級ホラー映画って画質が悪いのがフツーじゃ~ないですかぁ~?)

↑レースの事故でタイヤが飛んできます...この後、このお姉さんは...バシュッ!

↑とてもブログには載せれない状態になっちゃうんですよ~(汗)
(すんません、グロ画像は載せないつもりだったんですが...コレ抜きで、この作品は語れません。)
しかし、このシーンもココまで高画質だと非常に生々しいかったりします。


↑オープニングのレントゲン・スプラッターなCG映像...
うんうん、コレまた非常に美しい映像になっています。


実はこのソフトは映像だけでなく、音質も非常に素晴らしい。
かなり迫力のある音質で、元は3D映画なんですが...それに負けずに立体的な音響で、
音が左から右へ、前から後ろへと移動し、チョーど迫力のサラウンド感を味わうことが出来ます。
(鑑賞していて非常に楽しいです♪)

更に嬉しいことに、英語&吹き替え音声ともDTS-HD Master Audio 5.1ch 音声で収録されているんですが...
吹き替え声優人がお笑い芸人&色物アイドル方の人達で、鑑賞に堪えられないものとなっています。
(主人公のキャラが変わってるじゃん!うぇ~~ん、酷すぎるよぉ~~~(涙))
映画会社のスタッフさん、毎度毎度...ええ加減にして下さい!


ネットで調べて見ても、この『ファイナル・デッドサーキット』の画質の評価は
あんまり情報がなかったのですが、
購入してみると画質的にも音質的にも、なかなか楽しめるソフトでありました。
綺麗な映像で観るホラー映画って、なんかイイ~意味で斬新で気持ち良かったです♪(笑)←そう思うのは私だけぇ~?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加