BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

ガウは幸せでしたか...?

2009-10-23 | 雑談
皆さん、こんにちわ~
先日、映画『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』 を観て、4年前に死んだ犬を思い出しました。

ゴールデンレトリバーの名前は“ガウ”と言います。

↑子犬の頃の“ガウ”。実はもっと小さい頃に貰って来たのですが、写真が紛失してありません。
性格的には、映画のマーリーに近いものがありました~(笑)
(家の中ではお利口さん♪でも外では...(汗))

毛が長くなり、大分成長しました。

非常に明るく元気な犬です♪

全盛期のガウ。
筋肉質で逞しい肉体!モリモリ~

↑“デカプリオ”に似ていて、かなり男前です♪(笑)←おい!

しかし、時間の流れは思ったよりも早く...
人と犬とでの寿命の限りの違いが現れ始めました。

↑11年目ぐらいの画像かな?
顔の周りに白髪が生えています、もう激しい運動は出来ません。

13年目のある日...遂にその時が来ました。
突然、起き上がれなくなったガウ。
医者に連れて行くと腎不全を起こしており、手術も体力的に無理だと...
2~3日の命だと告げられました。

私たち家族は安楽死ではなく、寿命まで生き残らせることを選びました。
映画『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』では...

【ネタバレ注意】
映画では、安楽死を選びましたね?
安楽死が正解だったのでしょうか?
私たちの決断が間違いだったのでは?と映画を観てて非常に心を痛くしました。
(ガウ、ゴメンなぁ~(涙))

結局、彼は1週間生きました。
身動きも出来ず、おしっこ出ないまま...
(やっぱり、安楽死をさせるべきでしたよネ?後悔...(汗))


ガウが動けなくなって、ちょうど1週間目の日...
私と親父は仕事に行っていました。
(自営業で親父が社長です、電気工事の仕事をしています。)
母と弟が看病しています。

↑全く動けなくなってしまったガウ。

昼過ぎ、全く身動き出来なかったガウが上半身を起こし、母と弟の方をジ~ッと2~3分見ていたそうです。
「ガウが元気になった?」
と思いきや、その後...真っ黒の下痢状の便を大量に排出し、
またそのまま、動かなくなりました。

そして3時半ごろ、私たち2人が仕事を早く終わらせ帰って来ました。
玄関を開けると廊下にガウはコチラにお尻を向けて、身動きも出来ずに寝ています。
親父が声を掛けて「ガウ、大丈夫かい?」、ガウを跨ぐとシッポが1回パタンと振りました。
そして私が近づこうとすると...

●コレは本当の話です、過大な表現は一切していません。
寝ているガウの体から陽炎のような?“気”みたいなモノが私に飛んで来たのです。
(その見えないものは、間違いなくガウです)
私は瞬時に理解しました。
私は「ガウが死んだ!」と叫びました。
ガウは私の言葉どおり、もう死んでいました。


この後、ペットのお葬儀屋さんを呼んだのですが...
(焼いて貰って、共同のお墓に入れて貰える)
その葬儀屋さんの話では、黒い便が出た時点でガウは死んでいたそうです。
しかし、私と親父が帰って来るまで、どうしても待ちたくて根性で生き抜いていたのでしょう。
後から考えると、半身起き上がって母と弟を見ていたのも挨拶代わりだったと思います。

いや~凄いです!
ガウのド根性を見させて頂きました。
私は彼みたいにド根性で生きていけるのでしょうか?
アッパレ!です...

●この出来事はネットでカキコするのは初めてなんです。
『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』を観て、どうしてもカキコしたくなりました。

ガウ...あなたは幸せでしたか?
私達は幸せでしたよ。


PS.
ガウが死んでから4年目...
現在、またもやゴールデンの“北斗”が、2代目を襲名しています。
ガウとは正反対で、お利口だがムッツリ~のクールな性格です。
(ガウと違い醤油顔!)

↑ガウよりも知能が2~3才分上です。←その分、可愛気がない所も...
ガウ、ゴメンちゃい~(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』

2009-10-22 | 映画(洋)を熱く語る
『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』

【ストーリー】
ジャーナリストとして働く新婚夫婦のジョンとジェニーは、子供を持つ自信をつける為、犬を飼うことを決意。
しかし、やって来たラブラドール・レトリバーのマーリーは、手に負えないほどやんちゃで、
何でもかんでも食べたがるおバカな犬だった……!

この作品は、DVDで鑑賞しました。

はい、犬のお話の映画なんですが~
もちろん、犬だけのお話ではなく、結婚したラブラブの2人が子犬を飼い、
そこから色んな出来事が「あっ!」と言う間に過ぎていくお話です。

↑この数匹いる子犬達から選ばれたのが、世界一オバカな犬のマリーなんですよ~
とにかく悪い!
多分、飼い主の躾けがなっていないからなんでしょうが...
いや~彼(犬)の生まれ持った気質もあるのでしょう?(笑)

↑短時間で駐車場の倉庫を破壊するパワーの持ち主のマーリー。
ワン♪

この映画の面白いところは、ワンちゃんの面白エピソードを交え、
あくまでもマリーを含めて、家族全員の楽しくも大変な出来事が猛スピードで展開されながら、
かなり豊かに人間ドラマも表現されています。
(この作り方(脚本)は見事です!)
犬だけがウリではなく、夫婦が...家族が努力しながらも成長していく話がメインになっています。
もちろん、犬のエピソードがメチャメチャ多いです...て言うか、目白押し!(笑)
でも、決して観ててワザとらしくありません。←その点が上手い!
コメディータッチで非常に楽しい映画になっています♪

この家族の夫婦の役に“オーウェン・ウィルソン”と“ジェニファー・アニストン”が演じています。

↑“オーウェン・ウィルソン”...『シャンハイ・ヌーン』『アイ・スパイ』『アルマゲドン』
“ジェニファー・アニストン”...『ブルース・オールマイティ』(ブラピの元奥さんですよネ?)
この2人が非常に魅力的♪
欧米スタイルの生活って、やっぱり絵になりますよネ?
(この点が邦画の『犬と私の10の約束』とかに比べると、観ててオシャレで点数が高い)

物凄い速さで過ぎていく時間の流れの中で、夫婦に子供が出来、1人2人...と家族が増えていき、
戸惑いや不安で感情が悪い方向へ行った時にも、全く変わらぬマーリー。
子供は成長し、夫婦の間にも少しの余裕が生まれて来る頃には...
人と犬との時間の限りの違いが見え隠れするようになって来ます。


映画の本編では出て来ないセリフですが、テレビの予告CMの言葉で...
「あなたは幸せでしたか?」

↑たくさんの「しあわせ」を共感させてくれたマーリー。
その答えは、映画を観て頂ければ答えは出ています。


私はアメリカや海外の映画を観て思うんですが、日本には家族に対しての「愛」と言う言葉を
あんまり使わないんですよネ~
その言葉を恥ずかしげもなく使える、この国の言葉の表現は素晴らしいと思います。
そう言う、たくさんの「愛」を感じることが出来る...そんな映画でありました♪


PS.
何でも劇中、22匹のラブラドール・レトリバーをマリー役に使ったそうな?
そう言う意味でも、犬好きな人から~そうでもない?人まで...
みんなが観て楽しめる作品だと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『ファイナル・デッドサーキット 3D』を観て来ました

2009-10-19 | ホラー映画を熱く語る
昨晩、盆踊りさんのブログを読ませて頂き、辛抱溜まらず劇場まで観に行って参りました♪
(盆踊りさんのブログ“Bonkun blog3 映画編・・・”に行くのには、左下のブックマークからどうぞ~)
早速、私的レビューをカキコさせて頂きます。


『ファイナル・デッドサーキット 3D』

【ストーリー】
ガールフレンドのロリら友人達と訪れていたサーキット場で、
レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック。
周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニック達だったが、
生き残った人達が次々と謎の死を遂げ始める。
死の運命は変わらない、ニック達は死を回避しようと試みるが...

この映画は、もちろん劇場で観賞しました。

↑今回は飛び出す3D映画だそうです。

私が大好きなホラー映画シリーズなんですよ~♪

↑1作目『ファイナル・デスティネーション』 、2作目『デッドコースター』、3作目『ファイナル・デッドコースター』
そして今回の第4作目『ファイナル・デッドサーキット 3D』。
ジェイソンのような殺人鬼でもなく、人を呪い殺す悪霊でもなく...
死の運命から生き残ったメンバーが、偶然を装ったように次々に謎の死を遂げて行くサスペンス・スリラー・ホラー映画!
(実はスプラッター映画だったりして~(笑))

今回の死を予知する主人公は男子であります。
私的には女の子の方が良かったが、主人公の彼女が可愛い~ので許してあげちゃいます♪


今回の『ファイナル~』は3Dと言うことで、劇場に入るとメガネを渡されました~。
映画が始まると「メガネをかけて下さい」と言ってくれるので、慌てて直ぐにかける必要はありません!
言われるまでもない?
(指紋がベトベトなので、テッシュとか持っていた方がイイ~ですよ~)

【余談な話】
映画が始まる前に、隣に座っていた男2人組みのおっちゃん達が...
「この映画、R指定だけど恐いの?」
「いや、車の映画だから恐くないよ~。3Dが凄いから子供はダメなんだよ~」
↑おい!少しは、前知識ないんかい~!


今回の冒頭の大惨事は、サーキットのレース会場...
2作目のハイウェイの大事故と演出が被るじゃん?と思いきや~
いや~凄いです、要するにアミューズメント会場での大惨事と言う演出なのネ?
逃げ惑う観客、目の前のレース場の大クラッシュ事故に次々とぶつかるレースカー...
派手です!
観客場の建物自身もかなり破壊しています。
犠牲者が確か50人ぐらい出てたと思います、こんなに観客席に被害をもたらす事故ってあるんでしょうか?

↑画像の5人以外にも結構、死を免れた人達が居ます。
(え~と何人いるんだっけ?全部で9人ぐらいかな?)

冒頭の大惨事の掴みはO.K!
肝心のそれからの中身はどうかと言いますと...
うんうん~
無駄な話の展開がありません、主人公が予知する。→人が死ぬ。
それを阻止しようとする。→でも死ぬ。
みたいな話が展開されます。←おい!
...でも、面白い♪
(主人公の予知もCGによるイメージ映像で単発でテンポが速い)

今迄のシリーズのあらゆるパターンの死に方が演出されています。
●ドミノ倒して的“死”。
●ドミノ倒して的“死”...と見せかけて、それかよ~的所からの“死”。
●1発“死”
みたいな~(笑)
全くの王道な『ファイナル~』であります!
そう言う意味では裏切っていません、死に方も飽きもさせず よく色んな死に方を考えるもんですよネ~?
(今回は肉片が多い?)

↑多彩な死に方が見せ場なのが、このシリーズの売りです♪

私的にはCG多用のスプラッターシーンは、メイクと違い何故か安心して観賞できます。
(どんなにグロくしても、CGだと気持ち悪く感じなくない?)←私だけぇ~?

↑洗車機って危ないんだネ~?皆さんも気を付けて使いましょう。

ラストのクライマックス...
3作目の『ファイナル・デッドコースター』からですよネ~?
最後にもう1度、派手な大惨事の見せ場を作る...
1作、2作目は、どうしてもラスト辺りが、冒頭の大惨事に比べて弱かった。
このラストにもう1度派手な大惨事を持ってくパターンは大正解です。
1つの作品で2度美味しい♪

↑このシーンが、こんなに○○だなんて思いませんでした~(汗)


いや~
どうして、こんなに惨い死に方をするんでしょうか?
この映画の“死神さん”って、飛びっきりの“S”なんでしょうネ~?
て言うか“変態”の域に入っています!
死に方が既に、ブラックジョークになって来てるのも楽しい観方の一つでは?
●今回のOP&○○のレントゲン写真みたい骸骨CG演出...
あ~イテテ~
なかなか気持ちのイイ~表現法で◎です♪

↑今回、この2人は生き残ることが出来るのでしょうか?

私的には非常に楽しく観賞することが出来ました♪
でも、王道が通用するのは今回まで?
(今回は3Dだし~)
次回ぐらいからは、そろそろマンネリは通用しなかも~?
(多分、5作目も出来ると思います~)


PS.
●実はこの映画、知人2人と映画館まで観に行く約束をしてるので
多分、もう1回劇場まで観に行くと思います。
(値段高いのよ~(汗))
●実は私...あんまり3Dには観えませんでした。
視力は2.0なのに~
どうしてなんでしょう?


【おまけ】
実はこのブログ...
映画をパロディにした4コマ漫画を描いています。
(『ファイナル・デッドコースター』の4コマ漫画 )
第19話 『ファイナル・デッドコースター』の悪夢
第20話 『ファイナル・デッドハウス』の悪夢
オリジナルキャラの連続ドラマ・4コマ漫画なので意味不明でしょうが、
良ければ覗いて下さいませ~。
(4コマ漫画で描いちゃうぐらい、好きなホラー映画なんですよ~♪)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『GANTZ』実写映画化決定!!

2009-10-16 | コミック、アニメ
皆さん、こんばんわ~
今夜はコミックの実写映画化のお話です。

私は、あんまり漫画を買わないんですが...
(全部、週刊誌の立ち読みです。)
その中で私の大好きな漫画、『GANTZ』が実写の映画化が決まったそうです。



【ストーリー】
何等かの理由で死んだ人達が、気が付けばマンションの一室。
部屋の中央には“ガンツ”と言う黒い大きな謎の球体が...
“ガンツ”に映し出されるゲームの対象相手(星人)。
集まった者達は、黒い強化スーツを身に纏い、銃を片手に街の中へ転送される。
星人と戦い、生き残るのは僅かな人数だけ...
100点溜まるまで恐ろしい狂気のバトルが繰り広げられる。

は~い、SFチックな設定ですが、話の内容はスプラッターホラーであります。
原作では...腕は千切れ、内臓は飛び出し、目を覆いたくなるような壮絶な星人との殺し合いが描かれています。

そんな漫画の主人公...
普段は何の取り得のない冴えない高校生、
しかし命を賭けた戦場では、その秀でた能力を発揮する“玄野計”を嵐の“二宮和也”。
見た目は悪そうだが、真面目で正義感の溢れる長身の高校生、
玄野の幼馴染の“加藤勝”を“松山ケンイチ”が演じる。

↑左:加藤勝(松山ケンイチ) 右:玄野計(二宮和也)

うむむむむ~
原作とイメージが違うじゃん!と思いきや?
うんうん、似ていなくはないです。
(松山くんて、実は長身だし~。...でも玄野は絵は美形なんだけどな~)

いや~
どうやら『デス・ノート』の二番煎じを狙って製作されるようですが、この作品て日本で映像化出来るんでしょうか?
ハリウッドでも難しいと思います。
一歩間違えると『キューティーハニー』みたいな、チープなコスプレ&怪人戦闘アクションになっちゃいますよ~
それに、あのエグさはR指定にしなくては映像化出来ないでありましょう。
血みどろ~を表現しないと『GANTZ』ではありません!

前編・後編と2本に別けるそうですが、コミックの後半(中半?)の都心の派手な大バトルを映像化しないと
地味な『GANTZ』で終わってしまうしぃ~
(さすがに現在、本誌の世界規模大バトルは映像化しないでしょう)
あの丸っこい円形のバイクとかも登場するのでしょうか?
まだ現段階の日本の映像化(CG)技術では、とうてい無理に思えてなりません。

でもでも~
『GANTZ』の実写化はメチャメチャ嬉しいです!
ファンなら素直に喜ぶべきですよネ?

フフフフ..
ココだけの話、『GANTZ』と言えば“エロ”!
レイカは誰が演じるのでしょうか?
岸本は...!?
(ユッサユッサ、グラビア アイドル?)

↑あのレイカのムチムチボディーにピッタリ~フィットした強化スーツは、どう映像化されるのでしょう?
最近の映画、『ヤッターマン』の深キョン・ドロンジョのコスチュームのレベルは高かったであります!
あのレベルでスーツを再現して頂けば、それだけで点数高いです!(笑)

なんにしても、非常に期待の高い実写の映画化だと思いますよ~。
万人ウケするように作らないで頂きたい!
子供は見ちゃ~ダメ!
エグさも、エロさも誤魔化しちゃ~ダメよ!
だって、それが『GANTZ』なんだから~(笑)


PS.
よくよく考えると、コミックの前半の映像化かも知れない?
(そうなると当然レイカは出て来ましぇん~(涙))
それなら日本での映像化は有りえる?
地味だネ~(汗)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『ファニーゲームU.S.A.』

2009-10-08 | 映画(洋)を熱く語る
皆さん、こんばんわ~
イラスト&漫画ネタが続くと、そう言うブログだと思われちゃうので~
今夜は久しぶりに映画のレビューです。


『ファニーゲームU.S.A.』

【ストーリー】
湖畔の別荘で夏のバカンスを楽しむ3人家族の前に現れた招かれざる客―。
それは純白の手袋をし、純白のポロシャツに素足を晒した2人の青年だった。
隣家の遣いと称して現れた彼らは、最初は礼儀正しく振舞うが、
徐々にじわじわと冷酷で残忍な本性を露わにしていく・・・。
やがて彼らが始める理不尽な“ゲーム”。
何の罪もない、愛に満ちた家庭が純正暴力へと晒される。彼らにはなす術はないのだろうか。
タイムリミットの朝。ゲームの覇者となり生き残ったのはいったい誰なのか・・・?!

この作品はDVDで鑑賞しました。


は~い、盆踊りさんの紹介で観賞したこの映画...
いや~気持ちイイ~です♪
いえいえ...普通の一般の方が観ると非常に不快を感じる嫌なサスペンス・スリラー映画です。

卵を貰いに訪れた、隣人の使いと言う2人の青年が...
携帯は水に落とされ、主人(旦那)は脚をへし折られ、気が付けば彼等が優位な立場に立っている?
逆らえれば命はない...
生死を賭けた一方的な理不尽なゲームが繰り広げられる。

↑ゴルフクラブで脚を折られた主人、彼等に逆らうことは死を意味する?

この作品の面白いところは、一切の直接的なショッキングなシーン(映像)は映し出されません。
なのでホラー映画苦手な人でも大丈夫?
だと思われそうですが、そこはドッコイ!映像で映らないだけに逆に痛々しい~
血や残酷シーンで恐がらすのではなく、精神的に恐がらす演出です。

なんて言うんでしょうか~?
“虐め”や“虐待”のような恐怖が感じられるゲームが展開されるのです。
非常に気分が悪いです♪←♪おい!

この恐ろしい目に遭う家族の妻(母)役に“ナオミ・ワッツ”が演じています。

↑彼女は『ザ・リング』や『キング・コング』に出演しています。私のお気に入りの美女女優だよ~♪
彼等のゲームにより裸にされたり、映像的には全くそう言う描写&話的にもエロくはないんですが...
私的には非常にエロく感じられました。
(好きな女優さんだから余計に?)

この作品はオリジナルの映画を、全く同じに撮影されたリメイクだそうなんですが...
“ナオミ・ワッツ”が出演しているリメイクの方が私好みだと思います(笑)

途中、???と思う観ている人に問い掛けるような演出もありますが、
コレは観ている我々も、この残酷なゲームに参加していると言う主旨があるそうで~
こう言う理不尽なゲームの話を好んで観るような我々観客(視聴者)も同罪...
そう言う気持ちが欠片でもあるのでは?と言うメッセージだそうです。
うむむむむ~(汗)

でもでも~
ホラー映画好きの私には、逆にこの作品を気持ち良く観賞出来ました♪←おい!
ショッキング映像をモロ出しにしたリメイクが作られても良いかと思われます。←おいおい~
盆踊りさん、私的にはかなり点数の高い映画でしたよ~
紹介して頂いて感謝で~す♪

後味悪くて、気持ちイイ~ぞ~(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加