BD総天然色・魔人スドォの匣-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『ガレリオ』 のヒロイン“柴咲コウ” → “吉高由里子” をどう思うか?

2013-06-02 | ドラマ
皆さん、こんばんわ~
私はここ最近、テレビでよくドラマを見ております。
『家族ゲーム』 『雲の階段』 『ガレリオ』 『35歳の高校生』『幽かな彼女』 『でたらめヒーロー』などなど...
そんな中、今回気になったのが『ガレリオ』です。

【ストーリー】
帝都大学理工学部物理学科准教授・湯川学が新人女性刑事・内海薫の依頼を受けて、
明晰な頭脳で事件のさなかに起きる超常現象を解き明かして事件を解決するストーリー。
(シーズン1より)

今回は4月からスタートしている『シーズン2』のお話です。

前シリーズも全話視聴しましたが、私的には映画版『容疑者Xの献身』の大ファン。
(まあ、劇場版は『ガリレオ』とは別物といえる作品なんですけどネ~)
●ちなみに私は原作は読んでいません。

今シリーズも楽しく鑑賞しているのだが...
今回、気になっていたのが、ヒロインたる“柴咲コウ”からキャスティング変更された“吉高由里子”のキャラです。

まあ、演じているキャラは別キャラなので、よくある役柄は同じで別の女優さんが演じるのではないから悪くはないんですが...
(内海刑事は今回、第1話でアメリカ・オクラホマへ研修に行ってしまいました。)
私ね~“、柴咲コウ”大好きなんですよ~♪
なので、初めはこのキャスティング変更に異議があったんですが、実は“吉高由里子”も好きなんですよネ~(笑) ←気が多い?

当然、第1話を見ていると“福山雅治”演じる湯川教授と“吉高由里子”とのトークの駆け引きに違和感ありまくりだった訳ですが...
この“吉高由里子”演じる新人エリート?刑事って、ツンデレと言いましょうか?高飛車というのかな?
かなりの濃いキャラでありまして~
現在、既に7話目に至って慣れてしまったのか?
コメディーとも思われる過剰なトークの駆け引きが、意外と面白く思えてくるようになってきました。

なんだろうネ~、本来は湯川教授が変人扱いされるはずが、“吉高由里子”演じる刑事の方がキャラが濃い...(笑)
湯川教授の助手役の“渡辺いっけい”演じる栗林とのトークは、既に虐待レベルで見ていて更にメチャメチャ面白い~♪


話はビミョーに変わるのだが、アレなんだよネ~
実は、“吉高由里子”って幼児体型のようで、なかなかのグラマー♪
背は低いが、胸も結構大きくヒップもかなり魅力的!
(いつのまに、こんなに成長したの~?)
フフフ...これはイイ~意味での誤算でありました♪ ←おい!


話は戻って...まあ、確かに、
“吉高由里子”の個性ある演技&キャラに違和感ゼロとはまだ行きませんが、パターン化しているストーリーに飽きた感は感じさせてはいません。
ていうか、やっと落ち着いた感じで見れるようになったのか?
(そう言えば今回、たま~に、パターン崩し的なエピソードもありますよネ~?)
これはある意味、製作者側の意図が正解だったのかも知れない?
(まあ、噂では“柴咲コウ”降板の真相は、映画版の“織田裕二”が原因と言われていますが...)

今回の『ガレリオ』も...うんうん、実に(フツー)に面白い!


それと『ガレリオ』の主題歌...福山×柴咲のKOH+「恋の魔力」。イイ~歌ですネ~?
私ね~、今迄の『ガレリオ』の主題歌「KISSして」、映画版『容疑者Xの献身』の「最愛」メチャメチャ好きなんですよ~
(カラオケでも福山版をよく歌います。)
福山 ってイイ~曲をつくりますネ~♪

↑先日、カラオケにいったら、まだ曲入っていなかったよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ『妖怪人間ベム』は、なかなか良質なドラマだよ~

2011-11-20 | ドラマ
久しぶりのカキコですが、今夜はドラマネタです。
今、土曜の夜のお茶の間に、なかなか良質なホラードラマが放送されていることを知っていますか?
そのドラマのタイトルは↓コレです。


ドラマ『妖怪人間ベム』



「闇に隠れて~生きる、俺たち妖怪人間なのさ♪」

そう、あの昭和の懐かしいアニメ『妖怪人間ベム』の実写ドラマ化なのです。

ドラマ『怪物くん』の後ドラマだったので、初めは原作イメージぶち壊しの同じテェイストなドラマと思いきや?
あのオリジナルのダークなイメージに忠実な、ちゃんとしたドラマになっているではありませんかぁ~♪


出演しているキャストは...

妖怪人間ベムを“亀梨和也”。
オリジナルの色黒ハゲ親父とキャラが違うじゃん!と思いきや、
人間ではない苦悩に涙を流す、非常に感情移入しやすいキャラに仕上がっていると思います。
(スキンヘッドのおっさん俳優を持ってこなかったのは、大正解だと思います。)


ベラを演じる“杏”。
うわっ!色ぺっえ~♪ハマり役と言いましょうか?
彼女の演技が相まって、メチャメチャ魅力のあるキャラに仕上がっています。
(そう言う趣味はないけれど、彼女になら鞭で打たれたい♪ビシッ!(笑))


そしてベロを演じる“鈴木 福”くん。
『マルモ』では好みではなかったのだが、改めて見ると演技がメチャメチャ上手い!
「怪しい奴じゃないよ~」と言う台詞が、全然違和感なく聞くことが出来ます。
(“福くん”が上手いから、このドラマがリアルに楽しめるんだと思うよ~)


『妖怪人間』と言うからには、彼等は化け物の姿に変身するのだが...

↑モンスターの造形はアニメのイメージ通りの、なかなか良い造りになっています。
何でも、テレビで観ていて気持ち悪くならないギリギリのレベルのデザインになっているとか?

↑(いや、小さいお子ちゃまは、見たら泣くっしょ~?ギャーーッ!)

しかし、改めて見ると斬新なモンスターデザインになっていますよネ?
私、ホラー&モンスター映画が大好きなので、色々その手の作品を観ているんですが
誰が見ても生理的に嫌悪する、おぞましぃ~醜い姿になっていると思います。
(こんなの見たら、誰もが“悪”の生き物だと思うわなぁ~)

彼等は興奮したり、気持ちが高ぶると、見るも恐ろしい“化け物”に変身し
この超人的な力を使い、人助けの為に使うのです。


肝心のドラマの内容の方なんですが...
いや~非常に真面目につくられています。
ベム・ベラ・ベロの3人が、必死に人間になろうと生きているんですが、
この世の中は、そんなに甘くありません。

少しでも人間の手助けをしようと、自からトラブルや事件に立ち向かい
妖怪人間に変身して人々を助けていくのだが、
結局、醜い姿を嫌われて、心傷つきながらも...それでも、決して“正義”の心を見失わない...

人間の醜い心を散々目にし、もがき苦しみながらも
人の暖かい心に憧れ、ひたすら“悪”に立ち向かう彼等が、もう本当に健気で涙するドラマに仕上がっているのよ~
(敵対する幽霊や怪物が登場せず、純粋な人間ドラマにしたのも正解だと思います。)


今回のドラマのオリジナル要素として、人の負の感情に何かをして
犯罪へと導く“悪の存在?”として、“榎本明”が演じる謎の“榎本ベム”が登場する。

↑謎の男“榎本ベム”、どうやら妖怪人間の生みの親らしい?
(アニメ版の“ベム”の同じ姿をしている...何故?)

初めは、蛇足な設定だと思っていたが、
どうやら話の後半のメインになってきそうなので、これはこれで面白いのかも知れない。


いや~
なかなか秀作なドラマになっていますよ!
脚本が素晴らしく、演じている俳優さんたちの演技も上手く、アニメのイメージも損なわれず、
非常に出来の良い作品になっています。

現在、第5話の中盤で、これほどの盛り上がり?

↑非常に素晴らしい出来の第5話。
家族ぐるみの付き合いをする“夏目刑事”に姿を見られるが、彼等の心の優しさを理解し
生まれて初めて、その存在を受け入れられる“ベム”達...

↑その嬉しさに涙を流す“ベム”...泣ける!(涙)
ストーリーの流れを放浪ではなく、1つの街に絞ったのも大正解!
顔馴染みの知り合いが出来、彼等との触れ合いに喜び、苦悩しする妖怪人間たち...
話の中間でこのハッピーな展開は、これから後半につれて悲しい鬱シナリオが用意されているのを予感させる...(涙)

いや~なんだろう?この感情移入の強さは?
彼等3人には本当に幸せになって欲しい!
彼等は人間になることが出来るのか?
このまま話のレベルを保ちながら、最終回まで進んで欲しいと思います。



それにしても“杏”が演じる“ベラ”のハマり具合は神レベルです♪
ああ~なんて美しいぃ~、メロリンキュ~~~♪

↑彼女になら、鞭で打たれたい~~~♪ ←2度言うか?



PS.
この番組は第1話から、ブルーレイレコーダーに録っていて大正解ナリ~♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『美丘-君がいた日々-』

2010-08-29 | ドラマ
皆さん、こんばんわ~
そろそろ...じんわりとブログ再開と言うことで、連載中の映画のパロディ漫画以外の記事も
色々カキコしていこうかと思っています。


私は、あんまりテレビドラマは観ないんですが...
最近、たまたまテレビを点けてたら、偶然目にしたドラマにハマっちゃったのでチョイと紹介します♪

そのドラマのタイトルは...『美丘-君がいた日々-』です。


【ストーリー】
平凡な大学生だった太一(林遣都)は、ある日、嵐のような女の子・美丘(吉高由里子)に出会う。
自由奔放に自分の思うままに生きる美丘に振り回されながらも、次第に惹かれていく太一。
しかし、美丘には秘密があった。不治の病を脳に抱えていたのだ。
次第に進行していく病気、自由がきかなくなる体、失われていく大切な記憶...自分が自分でなくなる恐怖。
残されたわずかな時間。
そんな過酷な運命の中でも、出会った2人は新たな恋をスタートする。
彼は、彼女の愛を全身で受け止め、彼女がこの世に生きていたことの証人になろうと決意する。


いや~柄にもなく恋愛ドラマなんですが...
このドラマのヒロイン・美丘を演じている“吉高由里子”が役柄の意味も含めてタダ者ではありません!

↑“美丘”を演じる“吉高由里子”。

頭の脳の病気であと半年ほどしか生きられない彼女...
しかしその性格は“思い付いたことは即行動!” “自分が思っていることはハッキリと発言する”
“気に入らない奴は男にでも殴りかかる!”←ちょっと表現が違っていますが良い意味で捉えて下さい。
かなり個性的な性格でありまして...(汗)

もちろん、その行動は残り少ない命の後悔しない重いから来ているものなんですが、
この役柄が“吉高由里子”の演技に拍車を加えて、私的にはかなり魅力的に感じてしまう~(笑)

元々私って、男性であろうが女性であろうが変わった人に興味を惹かれる変な癖?があり、←おい!
自分の考えを上回る行動をする人物...特に女性には勘違いをした興味の惹かれ方をしてしまうのよネ~←おいおい!
そう言う意味でこのドラマのヒロイン“美丘”に非常に興味を惹いてしまったのだが...

また“吉高由里子”の演技が上手い!
自は低い声の女優さんなのだが、はしゃぐ演技の時に発する声が甲高く、そのギャップが非常に可愛い♪
役的にも、好きな彼氏に「何やってるんだよ~!」と体当たりアタック!を噛ます暴虐ぶりもオモロ可笑しい♪
そんな個性的な彼女がかなり早い進行スピードで体が動かなくなり、記憶が徐々に失われていく...
それでももがき苦しみながら1日1日を全力で頑張るパワーぶりが、非常に心震わせられるドラマになっていると思います。

↑哀しいドラマなんですが、彼女自身の性格は爆裂!明るくて観ていて楽しいです♪


私、思うんだけど~
人の命って寿命がまだまだ先だと思っていると簡単に「もう死にたい!」とか言っちゃうでしょう?
あるいは「死ね!」とか?
●そんなこと言わないかぁ~?
(もうちろん本当の“死”を意味した思いではないんだけど...)
でも実際に自分命、人の命に限りがあると分かると、そんなことは言えません!
“明石屋さんま”が言った言葉だけど、「生きてるだけで丸儲け~」
あの言葉って非常に深い言葉だと思います。


え~『美丘-君がいた日々-』は関西では土曜の夜21時から~よみうりテレビ系でやってるのかな?
もうじき最終回だと思うんですが、私のお気に入りのドラマになっているのでご紹介致しました♪


PS.
このドラマの主題歌の“福山雅治”の歌う「 蛍 」がまた泣けるのよネ~
彼って映画『『容疑者Xの献身』の「最愛」時もそうだけど...
こう言う曲作るの上手いですよネ~
(CDをレンタルしちゃいましたよ~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『銭ゲバ』最終回を観ました

2009-03-16 | ドラマ
皆さん、こんばんわ~
いや~観ましたよ、『銭ゲバ』の最終回!
全8話、なかなか質の高いドラマだったかと思います。


貧乏の為に“銭ゲバ”になり、己の欲の為に人を欺き、人を傷付け、
人を殺して金持ちになった風太郎。
「暗黒面に堕ちた主人公は大抵、悲劇の末路が待っている」と言いましたが、
はい、やっぱり悲惨な末路になってしまいましたネ~

しかし、思ったよりは最小限の最悪の末路で済んだのではないのかな?
少なからず“銭”で苦しむ定食屋と刑事の家族は、彼のお陰で救われました。
三船造船の派遣社員は本社員となり、家族優遇の処置もそのまま。
老人ホームへの5億の寄付もしていますし、結果的には幸せになった人が結構多いのでは?

彼は“金欲”の為に罪を犯したのではなく、純粋に“幸せ”になる為に罪を犯した
のでしょう。
(もちろん、それは間違いなのだけども)
ミドリさんも墓石をあの場所に作ったと言うことは、ある程度の“許し”があったんですかネ~?
親父も“銭ゲバ”には堕ちずに済んでいますし...

ラストの残された僅かな時間の中、“本当の幸せ”がどう言う物かを風太郎は理解したんでありましょう。
テレビ版の「新世紀エヴァンゲリオン」の最終回を思い浮かべたのは私だけ~?

↑「銭がなくちゃ~ダメだ~」と言う意味では御座いません。
(幸せな人生を思い浮かべる演出が似てるかな?と思ったりして~)

まあ、思ったよりもあっさりした最終回だったかもしれませんが、
でも風太郎は死んだ先も地獄で苦しむのでしょう、大好きな母に会うことも出来ずに...
彼はココからもずっと地獄が続くのでしょう。

出演している役者さん達の演技のレベルも高かかったです。
ミムラさんも美しかったし、妹の茜の女の子も結構タイプでありました~♪

↑やっぱり、このドラマの良さは松山くんの演技にあるでしょう。
ますますファンになってしまいました~♪


...と言う訳で『銭ゲバ』全9話、非常に素晴しいドラマでありました。
文句なしに、BD-Rにダビングして保存版に決定で~す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『銭ゲバ』の最高に悪い顔

2009-02-17 | ドラマ
「銭ゲバ」の公式サイト・スタッフブログを見ました。
“最高に悪い顔”

先日放送された第5話の衝撃的展開で、風太郎がニヤリ~と笑うシーンがあるんですよ~
(かなり印象的)
何でも松山くん、いわく...
「この5話を演じきれなかったらワイの負けです」
風太郎の表情なんですけど‘最高に悪い顔’が完成しましたとのコメント。

↓おそらくこのシーンの顔でありましょう。

ニヤリ~
何て悪い顔をしているのでしょうか!?
まさしく「銭ゲバ」!

この悪い顔を観た時、松山くん演技上手いな~♪と思ったのよネ~
欲丸出しの顔であります。
この後、風太郎は良心の欠片が残っており、絶叫の悲鳴を上げるんですけど...
いや~
松山くんは美男子ではないですけど、カッコいい~です♪
これからドンドン演技の幅が上げて行くのでありましょう。


PS....と言いながら、↓こう言う顔で「銭ゲバ」を観賞する魔人スドォ(笑)
おぅい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『銭ゲバ』から暗黒面を考える...

2009-02-15 | ドラマ
皆さん、こんばんわ~
先ほど「銭ゲバ」を観ていました。
いや~非常に面白いドラマであります。

金の為なら手段を選ばない輩のことを「銭ゲバ」と言うそうで?
ドラマを観ながら思わず叫んだりしちゃいそうな気になりません?
「銭ズラぁ~~~!!」
ならない?(笑)
(私は「エロズラぁ~~!!(大声)」と叫んだりして~)

ちなみに私の辞書の中では、こう言う「銭ズラ~!」みたいな主人公のことを“暗黒面(ダークサイド)に堕ちた”と言います。
(はあ?)
私はこの手の暗黒面に堕ちた主人公の話が好きなのよネ~



今日の御題:『銭ゲバ』から暗黒面を考える...

●では説明しましょう、暗黒面に堕ちた主人公の作品と言うと...

「スター・ウォーズ エピソード1~3」のアナキン・スカイウォーカー

愛する女性を助けたいが為に暗黒面に堕ちジェダイの騎士を皆殺しにし、
シスの暗黒卿・ダースベーダーとなってしまう。
コ~ホ~

「オペラ座の怪人」のファントム

醜い顔の為にオペラ座の地下神殿に棲む怪人。
これまた愛する女性の為に人を殺め、オペラ座を火の海にしてしまう。

「銭ゲバ」の蒲郡風太郎

子供の頃に貧乏の為に母を亡くし銭ゲバとなってしまう。
人を騙し殺め三船造船の会社を乗っ取ろうとする。

<おまけ>
「北斗の拳」の聖帝サウザ

少年期に父とも慕う師を拳の教えで知らずに殺してしまう。
その後、あまりにもの悲しみの為一切の愛を否定し、暴虐の聖帝となる。
「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ、 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ」と言う名言を残す。
泣ける!


どうでしょう?
殆どの主人公が愛ゆえに暗黒面に堕ちているのです。
何て哀しい話なんでしょう。
愛ゆえに「銭ゲバ」のようなドロドロ~ドラマが作られてしまう訳なんですよネ。
(魔人スドォ、真面目に語ってないだろう?(笑))

これから「銭ゲバ」の風太郎はどうなるんでしょうか?
暗黒面に堕ちた主人公は大抵は悲劇の末路が待っています。
彼はやはり幸せにはならないのでしょうか?どうなんでありましょう?
今後の「銭ゲバ」は目が離せない!?


PS.ちなみに私は“椎名桔平”が演じる 風太郎の親父が好みです。
なんかイイ~キャラしてるぞ~♪

TVドラマ「熱烈的中華飯店」のオモロキャラが頭から離れん!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『銭ゲバ』を観たズラ~

2009-01-25 | ドラマ

皆さん、こんばんわ~
今夜は先日から始まってるドラマの話を致しましょう。

「真実の愛」を渇望するゆえ、「金」の力でそれを手に入れようとする。
悪事に手を染めながら...

『銭ゲバ』


「同情するなら金をくれ!」
そんな甘いお話では御座いません!
物語は貧しく不幸な生い立ちゆえ、金の為なら手段を選ばない、「銭ゲバ」になってしまうお話。
「銭ゲバ」って何ズラ?

【うんちく】
「銭ゲバ」俗に、金銭への強い執着を揶揄(やゆ)して言う語。
ゲバルトというのはドイツ語で闘争とか暴力と言う意味の言葉。
分りやすく言うと、お金の為なら何でもする奴のことであります。

ジョージ秋山のコミックのドラマ(実写化)だそうです。
最近、多いですよネ~、コミックのドラマ化が...
ネタがないんでしょうか?
(それだけコミックの話の出来が良いと言うことでしょう)

で、↓彼が「銭ゲバ」の主人公・蒲郡風太郎を演じる松山ケンイチさん。

映画「デスノート」の“L”を演じてる人です(左目に傷のあるキャラです)。
セリフの語尾に「~ズラ」と付けるのが印象的。

原作のコミックのキャラクターはどんなのか調べてみると?

ありゃ?この絵柄(キャラ)を松山くんが演じるとは?美化しちゃいました~?(笑)
(ある意味ナイスなキャスティングかも?)

まだ2話しか観ていませんけど、う~~ん後味が悪いですネ~
非常に暗いお話です。
私的には松山くんが出てるのでコレからも観てみようかな~と思っています。
(関西地方では土曜夜21時、日本テレビ系で放送)

↓ミムラさんも出てるしぃ~♪

「斉藤さん」真野役でお気に入り♪ウフ~


PS.「斉藤さん」のドラマは地デジ(再)でBD-R DLに全話録画したよ~ん♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加