徳島鉄道風景(新)

平成26年9月15日「OCNブログ人」より引っ越して来ました。
昔の徳島の蒸機が尽きて関東中心になりました。

えっとぶりに上越線へ

2016-09-18 21:56:08 | JRの高崎・上信越方面


今月になってから雨ばっかりで梅雨みたいです。


曇り予報が外れて陽が射した中、排気ガスを吸いながら16号沿いをイベント会場へ向かいました。例年より人出が少ない感じでした。


えー、検索してみると第五空軍第374空輸航空団第36空輸飛行隊の愛称のようですが、カタカナへの変換は誰が担当したんだろう・・・


ここら辺だけ見ると米海兵隊機も顔負けですよ。

しばらく富士山が見える(条件が整えば)場所を巡ってましたが
富士山から離れて上越国境へ向かいました。今回も東北線方向は天候不良のため作戦変更です。

高崎より先に来るのは昨年11月以来。こっちに来ると、いつもは倉賀野で入れ換えを撮った後に八木原で蒸機を撮りますが、この日は水上で2092レを撮ろうと直行です。


そう言えば、211への置き換えが始まって115を撮る方も増えてきました。水上より先は一足先に新型電車に置換完了のようです。


座席モケット以外ほぼ原型の千番台車内。まだキレイで廃車にするのはもったいない気がしますがランニングコストは今の電車より掛かると言うことなんでしょうね。


早速2092レです。従来なら高崎線下り初電から高崎乗換で八木原に行き、そこで2092レと蒸機を撮っていましたが待ち時間が多くて退屈でした。逆に水上まで来ると20分位でやって来ます。この日はカメラの時計で8:35でした。


ホームの長岡方も考えましたが編成が入りやすいこっちをチョイス。


望遠で覗いていたときから非常に目立っていた1両目の22T6です。SNCFは確かフランス国鉄、ADOMISは合格と言う意味のようです。欧州で運用可能・・・


秋田から来るとなればこれらは返空ですね。後の方には常連のクロロホルムも載っていました。


さて、蒸機の下りをどこで撮ろうか迷いましたが津久田に来ました。この日は朝から曇っていて小雨もぱらついたんで駅で撮れる所と思ったんですが何と陽が射して来ました。また傘を忘れそうで心配でした。


蒸機までは1時間半くらいあるんで山側を散策。途中のお宅の物置?にこんなのが。小生はマツダの似たようなヤツの方が好きでしたが、これはダイハツミゼットでしょう。


115同様、この107も置換されるんでしょうね。既に黒磯への運用は211になっています。


何度も書いてますが、ロングシートながら非常に座り心地の良い座席が気に入っています。エアサスですから115より乗り心地も良いように感じますし車内外共に傷みもありませんが、やはり抵抗制御車は淘汰の対象か。2両ユニットですから四国で引き取ってくれんかな・・・


蒸機の写真は良いニオイがする後追いだけ。ここは下りには向かんわ。


再び水上に戻って来ました。12系と115系の並び、良いですね。


上り高崎行き115が出た後に下り長岡行きが入線。通常、長岡行きは左の12系が停まって居る線から発車です。蒸機運転の日は左のホームを専用にして上越接続は改札前のホームを使用してるんでしょう。この方が階段を使わなくて良いんで楽ですね。


昔70系に塗られていた配色を意識してる?あれは結構気に入ってましたが、こっちはけったいな色合いです。ただ、この電車の感心なところはちゃんと幌があって編成が貫通していることです。夏休み期間中でしたから4両だったのかもしれません。


蒸機は水上に3時間以上居て、その間は貨物の通過もなく、倉賀野まで戻ることも考えましたがまた雨が降って来たんで水上でぼんやりしていました。


88名は32・35・43と急行用の伝統でしたが12系が最後。高の字が旧管理局名表記と同じなのも良い。四も結構デザインされていましたが、やはり名が秀逸でした。


二時半を過ぎて漸くD51が転車台の方から出てきました。蒸気が纏わり付くカンジが良い。冬はもっと格好いいでしょう。


通過する線は12系の左側の線だと思ってサイドを撮るべく改札前のホームに居たんですがなんと目の前を通過・・・


雲は低いですがどうやら雨は上がりました。上り蒸機と貨物を撮るべく107で移動。石打が出ていますが幕回し中です。


小生は初めての上牧、既に先客2名。


水上方に踏切が見えます。あそこも今度行ってみたい。


初めてなんで無難にホームで撮りましたが完全に絶気。やっぱり上りはしょうがないか。後閑の発車シーンが人気あるのも納得です。


みれば高崎方にも小さな踏切があるようです。斜面の中程を線路が通っていて水平に行ける道は無く一旦下の道路まで降りて再び上る必要があるようです。


6連でした。蒸機通過後も残っていたのは2071レを撮るためだったんですが、また小雨がぱらつきやきもきしました。


予定では2071レを撮った後、約8分で来る上り電車で八木原に先行し再び蒸機を撮る・・・だったんですが2071レが来ない。電車が来るんでホーム中央に戻ったところでやっと来ました。


このタイミングです。この写真で15:58、電車は定刻です。撮れて良かったぁ、良い所なんで今度は踏切の方へ行ってみます。実はすっかり諦めて電車に乗る体勢でしたが、一緒に撮ってた方から来ましたよと声かけしてもらって撮れました。ありがとうございました。


何度も来てはいますが今年は初めての八木原。道路のホキが踏切横断中。


蒸機はまたしてもホームから。


ホームで撮ったのは、この駅で交差しそうだった2087レも撮ろうという目論見。


この写真で16:42でした。もう少し時間があればセメントサイロの横辺りまで行きたいところですが、上牧からの電車が着いて5分くらいですから展開は無理と判断しました。


この駅の跨線橋はなかなか素敵です。他の駅同様、既に中線は架線もなく柵まで出来て2面二線構造の駅になりました。


115を撮ろうと一本遅らせました。この電車は空いていたのに次は30分も無く超満員。高崎まで立って帰ったのでした。おしまい。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士駅でスイッチャーに出会う | トップ | 三度富士山背景で軽金踏切へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。