clover note

徒然なる日々の覚え書き。

生くらげ

2008-08-11 09:47:57 | 食べる楽しみ飲む喜び
『生くらげ』なる商品を見かけたので買って来た。
塩蔵のクラゲなら別に珍しくもありませんが、「生」という部分に興味が湧きまして・・・





・・・とは言うものの、実際には塩水漬けになっているので、完全に「生」という訳でもないようだ。
しかし色合いが透明ですし、ちょっと変わった感じではあります。
ただ今、真水にさらして塩抜き中・・・



一応、佐賀県産との事です。
このクラゲは一体どんな種類なんでしょうか?
やっぱりエチゼンクラゲかな?


クラゲ―その魅力と飼い方
岩間 靖典,江ノ島水族館
誠文堂新光社

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
誠文堂新光社 江ノ島水族館 エチゼンクラゲ
コメント (5) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 目指せ!400銘柄 | トップ | 洗浄♪洗浄♪ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クラゲはクラゲでも、 (analog)
2008-08-11 22:27:12
キノコの一種で、エチゼンクラゲの千切りみたいな歯ごたえから付いた名前です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2

福岡でも、一部のラーメン屋にトッピングされてます。
えーっと・・・ (魅紅)
2008-08-12 01:00:52
いわゆるキクラゲ(木耳)ですか?
海産物として買って来てる(はず)なんで、多分海のクラゲの方だと思うんですけど・・・
もう一度袋の成分表示見て確認してみます。
くらげ? (魅紅)
2008-08-12 13:13:13
表示を確認した所・・・
「採集海域 有明海」、「原材料名 くらげ」となっていましたので、海の方で間違いないようです。
分かり申しました。 (analog)
2008-08-12 20:22:41
海の方のクラゲですか、これはお恥ずかしい事で・・・ という事はエチゼンクラゲの千切りみたいなものでしょうか、食した感想を是非
味はですねぇ・・・ (魅紅)
2008-08-13 00:32:27
・・・ないです。(笑)
ただ「こりこり」します。
それこそ、食感はキクラゲと変わりませんね。


今回は、塩もみして塩抜きした小口切りのキュウリを添えまして、三杯酢と金ゴマをかけて食べています。
夏らしい酢の物です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。