ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

安倍首相の『首相失格の暴言』と『公職選挙法違反おにぎり』について

2017年10月12日 | 日本とわたし
読売新聞が、全国の有権者を対象に行った世論調査で、憲法9条に自衛隊の存在を明記するという安倍首相の考えに対する賛否の割合を発表しました。



賛成が35%
反対が42%

あとの23%は無回答

年代別では、
18〜29歳、そして30歳代で、賛成が反対を上回り
40歳代以上の各年代では、反対が多数を占めた。

男女別では、
男性が賛成44%、反対42%と、ほぼ互角
女性が賛成28%、反対42%と、反対が多かった

投票する党が決まっている人(全体の8割)の、投票先の政党別賛否は、
自民党支持者が60%とダントツに高く、次に維新の47%、そして公明の41%と続き、賛成が反対を上回った
希望の党の25%、社民党の13%、そして共産党、立憲民主党共に11%が、反対が賛成を上回った


この、希望の党の割合が興味深いです。
希望の党に投票しようと考えている有権者の58%が、反対だという結果が出ています。
この党は、憲法改正を主張していて、選挙後に自民党と連立すると明言しているのですが、この数字が意味しているものは…。
これは楽観的過ぎるかもしれませんが、野党共闘の意味で、希望の党に取り込まれている元民進党の候補者に投票しようと考えている人たちがいるのではないか、と思うのです。


内閣の支持率は37%、不支持率は48%
政党支持率では、
自民党   36%
希望の党  10%
立憲民主党 8%
公明党   5%
共産党   4%
日本維新の会2%
無党派層  21%


内閣の支持率が37%、自民党の支持率が36%、そして日経の世論調査によると、投票に「必ず行く」と答えた人が69%もいるのに、
どうして昨日のような、「改憲勢力、3分の2超えも」みたいな予測が立てられたんでしょうね。
憲法違反を繰り返し、国会をきちんと開かず、説明責任はまるで果たさず、もりかけ疑惑の追及を避けるために冒頭解散に踏み切った人間が党首の自民党の支持率が、
支持率が今だに3割以上もあるということが、本当に本当に不思議でならないわたしには、自民圧勝ってなに???と、でっかい?マークが頭の中でグルグルグルグル回り続けています。


さて、その安倍首相。
11日放送の「報道ステーション」で行われた党首討論で、森友学園前理事長の籠池被告への、国有地売却の経緯について検証の必要性を問われ、
「こういう詐欺を働く人物のつくった学校でですね、妻が名誉校長を引き受けたことは、やっぱり問題だった。
やはりこういう人だから、だまされてしまった」

って言ったんですね。



これに対して、鬼のように怒った弁護士さんがいます。
元検事の郷原信郎さんです。


郷原さんは、
「刑事事件では、推定無罪の大原則がある」
「籠池氏は起訴されたが、黙秘しているとされ、公判も始まっておらず、弁明の機会がない。
行政の最高責任者が、起訴内容を、あたかも確定事実のように発言するなど、司法の独立の観点からあってはならない」

と、これを有耶無耶にしていてはいけない理由を、詳しくブログで説明してくださっています。

「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された」は、“首相失格の暴言”
【郷原信郎が斬る】2017年10月12日
https://nobuogohara.com/2017/10/12/「籠池氏は詐欺を働く人間%E3%80%82昭恵も騙された%E3%80%82」/

引用始め:

加計学園問題は、安倍首相が「国家戦略特区諮問会議の議長」という立場にあるのに、
首相のお友達が経営する加計学園が、獣医学部の新設で優遇された疑いが問題となった

今回の「籠池氏の詐欺」についての発言は、自らが、準司法機関である検察を含む「行政の長」なのに、司法判断の介入になりかねない発言である。
いずれも、その立場にあることを認識していれば、あり得ない発言であり、認識した上で、意図的に言っているのだとすれば論外である。

安倍首相が、党首討論で持ち出した「籠池さんの詐欺」は、検察の逮捕・起訴も、それに至る告発受理の経過も、「疑惑だらけ」である。
それを、裁判が始まってもいないのに、有罪であるかのように決めつける発言を、「選挙に関して」行ったのである。

しかも、安倍首相は、自分の妻である安倍昭恵氏が、その籠池氏に「騙された」と言うのである。
それは、どういう意味なのだろうか。
「詐欺師の籠池氏に騙されて森友学園の小学校の名誉校長になった」という意味だろうか
それとも、「騙されて100万円を寄付させられた」という意味だろうか


引用終わり

******* ******* ******* *******

いやはや、もうこの人の無知さは底抜けとしか言いようがありません。
これまでにも、「私は立法府の長ですから」などという、とんでもないこと言ったこともありましたね。
その件について、逢坂誠二議員が提出した質問書に、こんな文言がありました。

安倍総理の「議会については、私は立法府の長」との発言に関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a190280.htm
安倍総理は、国会会期中、自民党の国対幹部との面会をしばしば行い、自民党総裁として国会運営の方向性も指示しているため、
「国会は自分のコントロール下にある」との認識の下に、「議会については、私は立法府の長」と、しばしば言い間違えているのではないか。

******* ******* ******* *******

恐ろしいのは、この程度の、というか程度というにも低過ぎる知識、そして人権意識の人間が、一国の首相であり、事もあろうに改憲に手をつけようとしているということです。
だからやっぱり、今回の選挙は本当に大事な選挙であると、投票日まで何度でも言い続けていこうと思います。


そうそう、おまけと言ってはなんですが、先日の、稲刈りを遅らせてまでして演出をした、安倍首相の福島での田んぼ演説直後に、有権者におにぎりや飲み物を配って食べたことが、
公職選挙法違反(有権者に物品を与える行為を厳しく禁止する)における違反行為になる可能性が出てきました。
ビデオを見ると、司会の人が、「安倍総理が食べたおにぎりです〜」と、だからどうしたと言いたいようなことを大声で言っていました。
お茶も配られていましたし、

昭恵夫人が仲介に入り、山口と福島の業者が提携して作った日本酒も、宣伝されたようです。
何かもう、違う世界で生きているのではないかと思えるほどの行動です。
周りに誰も、注意や指摘をする人もいないのでしょうか?
それとも、しても聞く耳を持たないのでしょうか?

いずれにせよ、この選挙を最後に、この人物にはどうしても国会から消えてもらいたいという思いが、日増しに強くなる今日この頃です。

さあ、投票に行かないと、税金は国民から吸い上げるものだなんて言ってる首相に、また好きなように使われて、
おっきな会社は優遇されるわ、庶民の給料はいくら働いても上げてもらえないまま、働き方改革とか言ってこき使われる。
おまけに、子どもの育て方だの、学校での過ごし方だのにまで口挟まれて、何かおっきな災害が起ころうもんなら、緊急事態宣言されて、一気に独裁国家に成り果ててしまいます。

*緊急事態条項(安倍政権が憲法改悪の際に挿しこもうとしている最も危険なもの)

◯◯が起こった際に、という書き方をしていて、その◯◯がとてもあやふやなことが、まず一番懸念されることなのですが、
この緊急事態条項に基づいて緊急事態宣言が出されてしまった場合、

「首相は、支出その他の処分を行い、地方自治体の長に必要な指示を出せる」と規定されているので、
日本国のすべての権限を、内閣総理大臣という名の一個人が、掌握することになります。
しかも、緊急事態宣言下では、
「何人も、(つまり全国民は)国その他の公の機関の指示に、従わなければならない」と書かれています。

首相である人間がどんな人間であろうと、例えば今で言えば、口を開けばウソをつき、下品な野次を飛ばし、法律もろくに知らない安倍首相でも、
地方自治体の長に指示を出せるわ、公の機関も掌握してしまえるわ、そして全国民は例えどんなことを指示されても、それに従わなければならないって…、
これはもう、『戒厳令』じゃないんでしょうか?
今でさえ数の力でごり押しして、自分たちのやりたい放題をしている人間が、そしてそのことが憲法違反であることもわからない人間に、そのような巨大な権力を持たせることの恐ろしさを、想像するだけで寒気がします。

内閣は、法律と同一の効力を有する政令を、制定することができる
緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、
当該宣言に係る事態において、国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる、国その他公の機関の指示に従わなければならない


今の暮らしが変わるのがイヤ。
ずっと政権を取り続けてきた党だから、一番安定してるっぽい。
ミサイルとか怖いから、なんとかしてくれそう。
他の党に任せるのは不安。



そんなふうに考えている若い人たちに、今の自民党(特に安倍政権)は、これまでの自民党とは違って、
国の根っこに毒を盛り、市民もろとも弱らせてしまう恐ろしい計画を実行しようとしているんだということを、わかってもらいたいなあ。

そうだ、こんなずるいことや、汚いこともしてるよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 守田氏「今日の選挙予測の発... | トップ | ちょっと政治から離れて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
選挙 (愚かな私)
2017-10-21 11:29:21
どんな気持ちでこの日本国をみられているのでしょう

日本国に住む人間の方が無関心かもしれません。

そんな感覚の人間を教育してきたのです。

私の息子・娘も選挙に行かないと言います。

本当にご先祖様にも日本国にもごめんなさい。
愚かな私さんへ (まうみ)
2017-10-21 14:00:08
愚かな、なんておっしゃらないでください。
そして、選挙に興味がわかないのは、教育や社会の在り方にも大きな責任があると思います。

欧米では、まだ小学生の頃から、模擬選挙のクラスがあったり、政治の話が家庭や学校の中で頻繁に交わされています。
そして、その会話の中で、自分の意見を持って発言するということが、日常茶飯事に繰り返されていて、だから政治がとても身近な存在になっています。

これからの日本は、できるだけ早急に、政治というものが何か遠い、特別なものというような誤解が解かれるような市民の運動が必要かもしれません。
需要があるとしっかり訴えれば、供給されるはずですから。

家族同士って、かえって難しいものです。
今回は無理でも、また次回に向けて、焦らず、がっかりせず、ぼちぼち話しかけてみてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。