ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

世界の首脳と呼ばれる人たちよ聞け!「Water, Not Weapons」

2017年05月18日 | 世界とわたし
武器や戦車を使い、人や町や文化を殺すことで、問題は何も解決しない。
農業の復活、そのための用水路の建設こそが、アフガン復興の礎である。




Water, Not Weapons

戦乱と干ばつが続くアフガニスタン。
この地で、干ばつと闘い続けてきた医師・中村哲(69)。
始めたのは、用水路の建設。
渇いた大地に、再び緑を取り戻すまでの、15年の記録です。

アメリカ同時多発テロから15年。
今も戦乱の続くアフガニスタンで、干ばつと闘う日本人がいる。
医師・中村哲(69)。

「武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」

中村は白衣を脱ぎ、用水路の建設に乗り出した。
15年たったいま、干ばつの大地には緑がよみがえり、人々の平穏な営みが、再び始まろうとしている。
戦乱の地アフガニスタンに、必要な支援とは何か。
15年にわたる、中村の不屈の歩みを通して考える。



↓以下の青文字の部分をクリックすると、きれいな画像で観ることができます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/notweapons/20170506/?cid=nwd-facebook-vod-humanitarian_us-water2017may

はじめの部分だけをキャプチャしました。
ぜひこの、50分のビデオを、多くの方々に観ていただきたいと思います。


2011年3月11日の朝、私は、アメリカがテロ攻撃を受けたというニュースを、ジャララバードからの緊急電話で聞いた。




テレビのニュースは、いつもはすっかり無視している国の名前、アフガニスタンを連呼し始め、


ブッシュ大統領は、アメリカの国民に向けて、最強の国アメリカは、テロリストを倒すべく、直ちに反撃に出ると宣言した。




そして激しい攻撃が始まり、アフガンの人々の命や町が、激しく破壊されていった。
とてつもなく悲しい出来事だった。

日本人医師の中村氏は、アフガニスタンでずっと、人々の治療に当たってきた。


2001年の歴史的な干ばつで、アフガニスタンの農業は、膨大なダメージを受けた。


それに伴う飢餓によって、大勢の人たちが亡くなっていった。


中村医師:
医者を100人連れてくるより、水路一本造った方がいいんですよね。


中村氏は白衣を捨て、乾いた大地に水を運ぶ、水路建設の実行に乗り出した。




アメリカのヘリコプターが、彼らが働いている区域の空を、何度も飛び交っていた。


重機も機材も無く、砂埃にまみれ、重い砂袋を担いでいかなければならなかった。


何もかも人力での、とてつもなく大変な作業だった。




そして16年が経ち、この乾いた大地は、


緑が豊かに茂る草原に生まれ変わった。


これは、今も続く戦火の中で焼かれるアフガニスタンで、水路建設一筋に励む、医師中村哲の物語である。


水、武器ではなくて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発酵と音楽のおはなし | トップ | 今こそ『森友&加計』疑惑で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。