ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

母の日のありがとう

2017年05月15日 | 家族とわたし
昨日は母の日。
子どもだったとき、母の日が来るのがとても嫌だった頃がある。
父と母が離婚して、母が家を出て行った13歳の5月は、その嫌だった頃の始まり。
次の年には、新しい母がいて、彼女に贈り物をしたのだけれど、受け取ってもらえなかった。
だから、さらに嫌さの度合いは増して、母の日だ母の日だと騒ぐ世間が、本当に鬱陶しくて、母の日なんかこの世からなくなってしまえばいいのにと思った。

成人の前後は、自分が無事に生き延びて行くことだけで精一杯で、身の回りに母と呼べる人もいなくなったので、母の日はゼロの日になり、気持ちが楽になった。
そして、今から31年も前の真冬に、まさか自分がなれるとは思っていなかった母に、なった。

産んだ当初は、難産の極みを3日も過ごしたから、ほとんど死にかけていた。
だから一番大事な初乳をあげることもできず、2週間ずっと、両方の腕に点滴の針を刺したまま横たわっていた。
起きられるようになり、重湯からお粥になり、眺めるだけしかできなかった長男くんを、初めて腕に抱いた。
どちらも死にかけた者同士としての、強いつながりを感じながら、初めての子育ての不安に圧倒されていた。

その1年と8ヶ月後に、次男くんを産んだ。
やはり難産だったけど、前回の医者とは違い、帝王切開への切り替えが早かったので、体力的には疲弊までには至らなかった。
けれども、子宮破裂が始まっていて、後数分遅れたら、親子共々危ないところだった。
次男くんは、全身をロウのようなもので覆われていて、首にはへその緒が3重に巻かれていた。
生まれた瞬間は全く泣かなくて、看護師さんにパンパンと背中を叩かれていた。
体力が前回よりもあったから、次男くんは翌日から病室に運ばれてきた。
だから、点滴の血を逆流させながら、夜泣きの抱っこをしなければならなかった。

母の日が来るたびに思い出す。
息子たちが生まれてきてくれた日のことを。
そして、わたしを母親として鍛えてくれたこと、教えてくれたことを。
母の日が来るたびに、とてもありがたい気持ちになる。
わたしを母にならせてくれてありがとう。
わたしを母と呼んで、大事に思ってくれてありがとう。

前日までシーンとしていたので、今年は忙しくて忘れてるかもな、などと思って期待していなかった。
当日の朝もだから、夫と二人でダラダラ過ごしていて、昼から庭仕事でもやるか、と考えていた。

すると、次男くんからLINEで連絡が入り、「今日はなにをなさるので」と聞いてきた。
「密かに予定していた、夜はベトナム料理でもご馳走しよう」などと言うので嬉しくなり、ぜひぜひと答えたのだが、
「今夜はステーキを焼く予定になってる」と夫。
「じゃあ、わたしはサラダを作るから、みんなでここで食べよう」ということになった。
バージニアに住む長男くんは、同じくLINEで、わたしが困っている機器のことで質問していると、
「よし、母の日はこれで凌ごう」と、解決のための物を買えるよう、ギフトカードを送ってきてくれた。

花束を抱えてやって来た次男くん、元気そうで何より。
だけど、彼が電車を降りた直後に、まるで小さな竜巻のような強風が吹き、突然大粒の雨がバラバラと降ってきた。
嵐を呼ぶ男か君は?

ステーキを焼こうと火を起こしていた夫は、しばし唖然とバーベキューコンロを見ていたが、雨はほんの数分でまた突然止んだ。

我が家としては初めての、超〜分厚い肉!ふた切れで20ドル!


中まで十分火が通るかと心配だったけど、なかなかの焼けっぷり。


慌てて作ったオーガニック大根のお味噌汁。


とっても美味そ〜だけど、こんなにお肉を食べても大丈夫だろうか…。


なぜか突然、ピアノを弾き始めた次男くん。


彼はその昔、完全に真似っこでエリーゼのためにを弾き、その後また真似っこでショパンの子犬のワルツを弾き、
真似っこに付き合うのはもう嫌だ!と、母から宣言されてからは、独学で楽譜を読んで、ベートーベンの悲愴ソナタやジョップリンのメイプルリーフラグなどを弾いて、いろんな場所で披露しては、拍手喝采を浴びていた。
なのにやっぱり弾かないでいると、すっかり忘れてしまっていることに気がついて、電子ピアノ買おうかな…と、ボソボソつぶやいていた。

彼が帰ろうとした時また、突風が吹いてきた。
嵐と共にやってきて、嵐と共に去っていく。
なんてね、とにかく変なお天気だったよね。
突然晴れたり、突風が吹いたり、雨がザーッと降ったり、家の右側は晴れているのに、左側では狐の嫁入りだったり。
いろんなお母さんの気持ちが、お天気になって現れたのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「総理がサミットに行くから... | トップ | 榎本港区議員「東京五輪トラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sarah)
2017-05-17 20:33:36
なんか
ワタクシが言うのもヘンですが
言葉もヘンですが
「まうみさん、母の日、おめでとうございます」

やさしい人間のお子たち、かわいいネコのお子たちに囲まれて
すばらしい一日でしたね^^

次男くんは「嵐を呼ぶ男」?
sarahちゃんへ (まうみ)
2017-05-26 01:50:19
sarahちゃんからのお祝い、とっても嬉しくいただきました。
いただいておいて、お礼がこんなに遅れてしまって、本当にごめんなさい!

そうなんです、しみじみと嬉しい日でした。
そして次男くんは、その通り!嵐を呼ぶ男になっておりました。

すごい偶然だったんだけども…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。