ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「わたしは家をあきらめますから、あなた方は原子力をあきらめてください!」

2012年03月11日 | 日本とわたし
昨日は冬時間の最後の日。
今日のマンハッタンデモに参加するために、親子で初めてここに遊びに来てくれるBあやちゃんとフレディのご飯を作ってると、真ん前にこんな空。


ばってんやん……。

4才になったところのフレディ。めちゃ可愛い!ほんでもってめちゃ賢い!


キラキラ星を披露してくれるフレディ。音を弾き間違うと「はぁ~」と、がっくりした声を出してうなだれる。それがまた可愛い!


4才の男の子のエネルギーのスゴさ……その記憶が遠い彼方に過ぎ去ってた旦那とわたしには、ちょいとしたカルチャーショック。
ひらがなもアルファベットもすらすら読めるフレディ。
かるたゲーム……思いっきり負けたし……。

日付が変わって本日11日。
Ustreamで、追悼の式典を観ているパソコンの画面の横には、Bあやちゃんが自分で彫ったお地蔵さん。


日本の総理大臣は、「皆で分かち合って復興を進めよう」と言うた。
肺に水が溜まってはるような辛い健康状態をおして出席しはった天皇陛下は、
震災により失われた多くの人々、救助や防災の活動中に命を落とした多くの人たちに、深く哀悼の意を表し、
被災者を支援してきた大勢のボランティアや、原発事故の対応にあたってきた人たちをねぎらい、
世界各国から寄せられた支援への感謝を述べはった。
そして、わたしらが協力して、たゆみなく努力を続けていくよう期待してはると。
「この大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝え、防災に対する心がけを育み、安全な国土を目指して進んでいくことが大切」やと。
この、何度も繰り返して言わはった『安全な国土を目指して』という言葉はきっと、天皇陛下の、脱原発への願いやと思う。


今日から夏時間。
日本との時差はまた、13時間に戻る。
前回のデモの、大雨の肌寒いお天気とはうってかわって、雲一つない快晴!デモ日和。

電車だぁ~い好きっ子フレディ、嬉しいかぁ~!


来た来た、やっと来た!


週末は、平日より更に不便になるアメリカン電車事情。平日でも充分不便やねんけど……。
しかし、この幸せそうな顔を見たら……。


このメッセージはBあやちゃんの手作り。
彼と出会った大人はみんな、フレディのメッセージを読み、彼にエールを送ったり、にっこり笑いかけたりしてた。
今日の主役はフレディに決定!

更に今日は、集合場所のユニオン・スクエアまで地下鉄に乗ることに。地下鉄パフォーマーに聞き惚れるフレディ。


ユニオン・スクエアには、ふた足先に春が来てるみたい。


今回のデモのトレードマーク、黄色い風船(核廃絶)。


それぞれ準備に勤しむ方々。


だんだんと人が集まってきた。


気持ちのいい日!


行進前のパフォーマンス。
ジャパニーズ・レゲエ界のオリジネーター、ランキン・タクシーの歌を歌う。


さあ、出発だよぉ~!


バンドのみんなもすでにノリノリ!


14ストリートからセントラルパークまで、五番街をひたすら北上する。


横断歩道を横切る時は、どこからともなく警官がやって来て、誘導してくれたりする。


まだまだ歩く、歩く、歩く。


図書館前に到着。


階段付近でエールを送ってくれた若者達に、一緒に歩こうよ!と誘ったら……いきなりの参加!嬉しかった!


がんばって歩いてたフレディ、とうとうおねむに。けど、君は今日一番のデモンストレーターだったぜぃ!


セントラル・パークにも春が。


公園の真ん中の集合場所に。


おつかれさまでした。
原子力(核)大好き人間が作り上げたシステムと闘うには、とんでもない根気とあきらめない根性が要る。
けどもう、わたしらはあきらめるわけにも、知らんふりをしに戻るわけにもいかんのやから、
ならばせめて、楽しいやろうやないの!


公園パトロールのミニパトカー。フレディのお気に入り。


黒いリス?!この地域では珍しい。


旦那とBあやちゃん。そういや旦那は、ベビーカーを押して歩くという経験ができんかったなあ。


もう少し暖こうなったら、ここにも人がいっぱいになるやろう。


ちょっとあんた、なに撮ってんの?


車で来てくれた旦那が、セントラルパークのすぐ近くの路上に駐車してくれてたので、超助かった。
またちょっと風邪気味っぽいのに、今回のデモは初めっから終わりまで参加!ありがとう!

家に戻っても、まるで疲れを知らないフレディ。
このTシャツ、何人もの人から「ベルリンで住んでたの?」とか「ベルリンに行ったの?」とか聞かれた注目のデザイン。
信号の止まれ!


そして歩け!どうやら、ベルリンの信号機のデザインらしい。そこに20シーベルトはイヤだ!ワッペンもプラス。


「NO MORE NUKES」と叫ぶ最強の4歳児フレディ。
高校生までずっと習てた民謡を、今夜は特別に、福島にまつわる民謡を披露してくれたBあやちゃん。
手作りの納豆や、米のとぎ汁乳酸菌を持参で来てくれた。

彼女はそして、チェーンソーで彫刻をする芸術家さんなのである。

うちの裏庭のジャングルを、好きなようにぶった切ってくれる約束をして、さよならをした。
またおいでや~!


P.S.
なぜかまたまた、今度はNHKのインタビューを受けた。
前回よりは少しはマシなことを言えたけど、
「まずするべきは、汚染地に閉じ込められている方々を全国各地で受け入れ、汚染された瓦礫を一所に固めて処理することやと思う」
これが言えんかった。
インタビューの後で、数分、記者さんと歩いた時、
「お願いですから、ほんまのことを放送してください。暮らしに一番必要な、正しい情報の伝達をしてください」
と、何度も何度もお願いした。
「僕も、闘ってるんです。そうしたいと思って、なんとかしようと思って、こうやって取材してるんです」と、とても複雑な表情をして答えてくれた彼。

どんな場所にもきっと、苦しんでる人がいるんやと思う。
けれどもやっぱり、ここがせんかったら、あんたが言わんかったら誰がする?誰が言う?っていうところはあると思う。
その人や会社は、もうそろそろ、一年も経ってしもたことなんやし、勇気出して立ち上がらへんか?
人の、国の命がかかってんねんで。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕たちの、花火の連絡、見え... | トップ | 3.11.2012 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (Min)
2012-03-12 14:01:51
フレディ君かわいいですね~。
私も息子が小さかった頃、911後のピースウォークに家族で参加したこと思い出しました。
写真からNo Nukesデモのピースフルな感じが伝わってきます。
日本のデモは警官がたくさんいて、隊列も分断されたりとちょっと緊張感があるけど、NYはフレンドリーなんですね~。
昨日の東京のデモでも国会を人の鎖で囲もうとしていた人たちを合流させないために道路を閉鎖したとか、聞きました。
そしてもっと許せないのは、天皇陛下の真意であろう「放射能の問題を克服しなければならない」という部分を、NHKを始めとするテレビ局が放送でカットしたことです。
まうみさんがお話したNHKの記者さんが良心をもって真実を報道してくれることを心から望みます。
安全な国づくり (terryjam)
2012-03-12 15:23:51
天皇陛下の言葉が深すぎて泣けました。
そして野田首相の浅いことよ。いや多分政府があまりにもお粗末だから、立派な言葉も嘘に聞こえてしまうんですね。

今、ガレキの受け入れ問題で国民は割れてるように思います。
受け入れるのが正しい道、本当の民主主義(失笑ものですね)だ、という意見。
ガレキが安全だなんて誰も保障できない。被災地に(もっと言えば福島に)集約すべきだ、という意見。

私は後者の意見を持っていますが、これを言うと、心がない、日本人じゃない!と言われますね。
今こそ助け合うときだろう!と。
私は、汚染拡散して一億総玉砕してどうする、と思っています。今後、また地震が来て福島の4号機が昇天したらほんとうに東日本は一巻の終わり。その時に受入先として健康な土地がなくてどうやって助けてくれるというんだろう。
地震が来る前にも終わりそうなくらいのフクイチだというのに。
輸送費と処理費用考えたら、現地で処分するのが一番なのに。

でも、あれ、ガレキ受入の代償(補助金かな?)がなくても喜んで受け入れてくれるのだろうか。そこも疑問です。タダで、赤字自治体が受け入れて焼却処分してくれるのかな。自治体は国にカネ出せよ、ってきっと言うと思うのです。
カネで解決させるやり方、原発と同じ構図に見えますね。

しかしつくづくバラマキの好きな政府だ・・・。
Unknown (まーこ)
2012-03-12 16:37:54
まうみたん 
ニュースではニューヨーク在住の日本人がコーラスで募金を募って応援ってのが紹介されてたよ。
ま、たまたま見たのがそれだけやってんけど。
でも音楽系のんやからもしやまうみたんもいてはるか?なんて思ってしっかり見てんけどどうもいてはらへんかったみたい。
きっとその時てくてく歩いてたんかな?
かわいいなあ、フレデイくん・・・
Minさんへ (Unknown)
2012-03-13 11:26:18
『Peace and prayers』
教えてくださってありがとう。
時々、頭をもたげて、こちらを見るひとの眼差しに、怒りや哀しみ、あきらめや祈りが感じられて、たまらなくなりました。

天皇陛下は、どのようなお気持ちでいられるのでしょうね。
報道というものの正義はいったい、どこにいってしまったのでしょうね。
本当に失望しました。

マンハッタンでのデモは、多分あの規模だから、警察の方ものんびりしているのかもしれないけれど、
前にイラクへの開戦反対デモをした時、あの時は1万人を超えていたのですが、
その時も、それほど多くの警官は出動していなかったし、
デモ隊の人達とあれやこれや話をしてたりするのを見た覚えがあります。

警官は、デモ隊の人達に、万が一なにかが起こった時の警備のために居るべきで、
デモ達の人達の邪魔をするためではないはずです。

NHKの記者さんも、わたしの言葉に深く頷きながら、「そうですそうです、おっしゃる通りです!」と賛同してくださり、
記事にする時のためにと、連絡先まで聞いてくださったのですが、
やはり、わたしが言った事柄は、NHKには気に入られなかったのかもしれません。

でも、ひとりでも、局に関わっておられる方に、直接訴えられたこと、聞いていただけたことは嬉しかったです。
terryjamさんへ (まうみ)
2012-03-13 11:37:56
瓦礫を受け入れる自治体には、政府からお金が流れていますよ。
水面下、というより、けっこうあからさまに、
他の自治体に刺激を与えるかのように、
札束をまた、原発狂団方式で、ヒラヒラとさせています。

絆も復興も、もうぐちゃぐちゃですね。
あの連中の口から、そういう言葉を一切聞きたくありません。
吐き気がします。
野田のあの、中身も心も無い言葉は、原発推進に賛成してる人達の間でも、かなり失望感が広がったそうです。
あれこそが、人間の皮着た言いなりロボットの姿、ですね。
情けないというより、心底悲しくなりました。
あんな男が父や夫や伯父やいとこや兄や弟や祖父でなくて、ほっっっっんとによかった!

今はとにかく、四号機の万が一の倒壊に備えて、近隣にまだ暮らしてはる人達を早急に避難させ、
四号機の周りを、どうにかして整えることしかないと聞いてます。

この先何年後に、大きな地震がまた、どこに起こるのか、それがどうにもわからん限り、とにかく想定外も想定内もひっくるめて、今以上の危機的状況にならんよう、国をあげてせなあかんことが山ほどあるというのに……。

安全な国づくりは、今の連中にはもう絶対にできひんことです。
人間を総入れ替えせな。
原発を問う総選挙、これが実現したらいいのに。
まーこちゃんへ (まうみ)
2012-03-13 11:44:29
コーラスのとこにはおらんかってん。
同じ時間に、いろんなとこで、いろんな団体がやっててん。
わたしが参加したのは、福島とアメリカを結ぶ、慰霊と核絶滅を祈る行進デモ。
子供も赤ちゃんもいたよ。

14通りから59通りっちゅうと、普通に歩いたら1時間もかからへんねんけど、
バンドの演奏に包まれながら、のぉ~んびり歩いたから、結局2時間以上かかってん。
足の裏は痛うなったけど、気持ち良かったわ。
通りのみんなも、笑いかけたり踊ったり、途中から参加してくれた人もいた。

警官さんらは、わたしらの歩く速さに合わせて、パトカーをのろのろ、しかも逆走でついてきてくれてん。

フレディ、めっちゃ可愛いやろ~。
もうめろめろやってん♪
でもデモでも!! (Bあや)
2012-03-13 14:52:12
あれれ、コメントしたはずが・・・!?
気をとりなおしてもう一度!
その節はほんまにお世話になりました!!めちゃめちゃ楽しかったです!ふれでぃもピアノ弾かせてもらったりカルタで遊んでもらったり、めっちゃ楽しかったようでww
右も左もわからないNYをふれでぃと一緒に楽しく歩けたのも、まうみさんとご主人、ツイッターで知り合ったRさんがサポートしてくれたお陰です!本当にありがとうございました!!
NHKのニュース見ましたが、なんとなく「アメリカでも反原発の動き」っていうふうに持って行きたかったんちゃうかな?って感じでしたね。
NYから「福島から避難させて!」とか「20ミリシーベルト許せない!」ってメッセージを送ってるということを伏せたいような。アメリカのデモはアメリカ向けって。
NHKにはもうちょっと頑張って欲しいですね。福島をはじめホットスポットの住人が早く避難できるように、もっと政府をせっついて欲しい!!
ちなみに、あのメッセージサインは、脱原発ポスターを募集してるサイトからプリントアウトしたものです。

また、納豆を大量に仕込んでチェンソー担いでふれでぃにおもろいこと仕込んで遊びに行きますね!!
あ、頂いた動画、まとめてみたんですが(くっつけただけですが)youtubeにアップしてもいいですか?
ではでは、ふれでぃと遊んでくれた息子さん&彼女にもよろしくお伝え下さい!!
ほんとにありがとうございました!!
Bあやちゃんへ (まうみ)
2012-03-14 00:29:07
いえいえ~、わたしらの方こそ、楽しい時間をありがとさんでした!
旦那は実は、ちょいと風邪気味で、あのデモの後、やっぱ臥せってしもたんやけど、
それでもあれから後も、フレディのことやBあやちゃんのことを、あれやこれやと話してましたよ~。
おもろいって……がはは!

おもろいこと仕込まんでも充分おもろいので、
納豆とチェンソーだけは忘れずに?!、またいつでもおいでくださいませ。
なぁ~んもおかまいしませんけど(きっぱり!)。

そっか、NHKはやっぱり、まだまだ精神が解放されてないんやね。
う~ん、残念……あの記者さんも、唸ってはったもんね。
けど、わたしの答えに、頭もげそうなくらい頷いて、興奮してはった記者さんの顔、今でも忘れられへんのよね。
彼もまた、苦しんではるんやなあって思た。

また、Bあやちゃんの写真、見せてね。
それと、動画、まとめてくれてありがとう!
そういう技を全く持たないわたしには、超~助かります!
どんぞどんぞ、アップしてください。楽しみにしておりま~す。

ありがとね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。