ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

ヨーロッパ各国で放映されているユーロニュースで、「日本はすごいが私もすごい」と自画自賛する安倍首相

2017年05月02日 | 日本とわたし
スイス在住の方が、去年書かれた記事です。
今朝、フェイスブックのOver Seas発信版で紹介されていたのを読み、昨日の記事とシンクロしているような気がしましたので、ここでも紹介させていただこうと思います。

ユーロニュースに報道される日本の広告は安倍首相の写真
【スイスで聞く「日本」】
http://swissnews.exblog.jp/23015736/

私は、ユーロニュースを観て、30分でざっと、世界の出来事を知ることが多い。
また、ユーロスポーツで、テニスなんかの実況を見ることもある。
ユーロニュースは、ヨーロッパ圏内で、最も観られているテレビプログラムで、7,8カ国語(今はもっと多いかも)に訳されて報道される統一プログラムだ。
私はドイツ語で見る。

昨年から、気になっていることが出来た。

日本の社会や科学の発展や、世界に貢献している日本の国のコマーシャルである。

日本の看護師の優しさ、有能さ、医療の安定さ、研究所の進歩、
カンボジア、インドネシア、ケニア、フィリピン、ナミビアなどの文化、科学、教育な援助をしている、
誇張のない、ごく自然な良い情景が、映し出されている。
しかし、白黒の地味な報道だ。

最後には、画像の右上に、仰々しいカラーの卵形、あるいは四角、一面などいろいろではあるが、
桜の花びらにデコレーションされた、肖像写真が現れる。

安倍首相の顔写真だ。

その下に、「Japan, Sinzo Abe」と書かれている。


まるで、日本の業績は、彼個人の業績であり、自分は「天皇以上」、と云うような広告に見える。
世界で活躍する学者や専門家は、自分の召使のような印象を与える。

日本の若い看護師を自分の右左に座らせ、彼女達と手を握り、振っている映像は、正直「気持ち悪い」。

すぐ、テレビを消してしまった。
いろいろなバリエーションがあり、この看護婦達との映像はもう見ないが、まるで古いセンスの、OO独裁者的な印象を与える。

ヨーロッパに住んでおられる方、注意をしてユーロニュースを見てください。
ドイツ語ユーロだけに出てくるのかもしれませんが…。
皆さま、これをどう思いますか?

安倍首相は、自衛隊も、「自分の軍隊」と思い込んでいるように語るので、いったい日本はどうなってしまうのだろう。

総理大臣と云うのは、一時期の、一内閣の総理に過ぎないのでは?

アフリカ、アジアの後進国援助は、もう何十年も前から行ってきている。
彼の手柄ではない。
まったく顔が赤くなってしまう。
スイス人の知人が見ないことを願っている。


******* ******* ******* *******

この記事を読んだ人たちからのコメントを読んだYukariさんが、今度は今現在のユーロニュースの内容を教えてくれました。

******* ******* ******* *******

ああ、やっぱり赤面しているのは、私だけではないんだわ。
人の金を勝手にばらまいて、自分の手柄にしようという、盗人猛々しさ。
ユーロニュースは広告が割に少なくて、あっても国がスポンサーの場合は、観光と投資の誘致が主なのに、
日に何度も、札束をかざして自画自賛する日本が登場するのは、見る人々に、きわめて奇異な印象を与えるばかりか、
長年、奥ゆかしさを評価されていた国民性に、泥を塗る悪趣味の極み。

しかし、本当に堪忍袋の緒が切れたのは、海上自衛隊の広告です。
ここのところ頻繁に流れているようで、リクエストがあったので、録画しました。
急に現れたので、最初が欠けていて、映像の質もいまいちですが、こちらです。
https://youtu.be/tCLLe50sOP0

ユーロニュースは、非常に広範囲で見られているので、広告費は莫大だと想像します。
納税者の知らないところで、どれだけの税金が使われているのか、ぜひ国会などで追及してほしいものです。


******* ******* ******* *******

ぜひぜひ、国会で、この件についての質疑応答を実現するよう、議員に伝えてお願いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私日本人でよかった」「誇... | トップ | 「彼の気を散らせておくんだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。