ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「戦争をしない手伝わない!武器を持たない作らない!」これが、日本が世界に言うべきこと!

2015年05月13日 | 日本とわたし


戦後70年
のこす
引き継ぐ


戦後70年シリーズ、
今回は「のこす」立場から、西都保健生協の組合員・岩井忠正さんに聞きます。
岩井さんは1920年生まれ、94歳です。
学徒出陣で、人間魚雷『回天』や、人間機雷『伏龍』と呼ばれる特攻隊に参加させられました。
(田口大喜記者)

人間魚雷『回天』の記憶
=『鉄のお棺』に乗せられて=
元特攻兵 岩井忠正さん(94)


1941年、岩井さんが21歳の時に、太平洋戦争が勃発しました。
慶応大学で西洋哲学を学んでいましたが、兵力の不足のため、1943年から始まった学徒出陣によって、戦争へ駆り出されます。

『大和魂』や『根性』などの精神論がとびかう中、
「この戦争は必ず負ける。石油と鉄が必要な戦争で、日本がそれを輸入していたアメリカを相手にして勝てるはずがない」
と、強く思っていました。

徴兵検査に向かう汽車の中、いっしょに徴兵された弟の忠熊さん(立命館大学名誉教授)と、
「生きては帰れない」
「天皇制は間違っている」
と、周囲に分からぬようドイツ語を交えて小声で語り合いました。
しかし、抵抗することはできませんでした。
「戦争批判は、唱えただけで連行された。
だけど、同じように考えていた学生もたくさんいたはず」
と振り返ります。


◾️『新兵器』と見せられたのは

1944年から、対潜学校(*)で、敵の潜水艦を攻撃する方法を学びました。
日本の戦況が次第に苦しくなっていくなか、
一発必中の新兵器が開発された。搭乗員を募集する」との知らせが。
軍国的な思想強制が嫌で、「1日も早くここから出たい!」と応募。
約400人の学徒兵たちとともに、山口県光市の基地へと送られました。

そこで見せられたのが、水中特攻兵器『回天』、人間魚雷です。



「これはお前たちのお棺だ」

上官は、岩井さんたちに言い放ちました。
「俺たちはこれに乗って死ぬのか…」
その場が静まりかえったといいます。
「そこに人権などない。『運命だ』とあきらめるしかなかった」

ある日、出撃前夜の特攻兵が訪ねてきました。
面識のない彼は慶応出身でした。
激励の言葉はなく、握手を交わす程度だったそう。
「死ぬ覚悟はしていても、死にたくないのは皆同じ。
同窓の私と会うことで、生きてきたこの世とのつながりを確認したかったのだろう」

回天に搭乗して命を落とした若者は、約100人にものぼりました

「死ぬための訓練」を続けた岩井さんでしたが、風邪で受診した軍医から、結核と診断されました(後に誤診と判明)。
転勤命令が下り、出撃は免れました。


◾️人間機雷『伏龍』

その後、広島県呉市の潜水艦基地隊を経て横須賀へ。
そこでまたしても、特攻の訓練を受けることになりました。
人間機雷『伏龍』でした。
これは、潜水服に酸素ボンベを背負い、3mの棒の先端に機雷を仕込んだだけの装備
兵士はこの姿で海底に潜んで、本土に近づく敵の上陸用舟艇に攻撃する、という作戦でした。
ところが、ボンベの呼吸法が難しく、ボンベ内の苛性ソーダを誤って吸いこみ、肺を焼く事故が多発
1945年7月、岩井さんも、訓練中の事故で入院。
退院後間もなく終戦をむかえました。

結局、伏龍は実践に導入されることなく、訓練で約50人の死者を出しただけでした。


◾️妥協は戦争への協力

戦時中の日本は、戦争に反対する気持ちはあっても、沈黙をせざるを得ない状況でした。
結果、特攻隊員に仕立てあげられた経験を、岩井さんは「失敗だった」と語ります。
「抵抗運動を起こせなかったのは、我々の世代の責任。
体制に妥協することは、戦争や犯罪につながる。
それは今でも起こりうること。そのことを知ってほしい」
と続けました。

*******       *******       ********

講演や著書も多い岩井さんですが、この体験を初めて語ったのは、戦後40年を過ぎた60代のころ。
ふとした誘いがきっかけでした。
しかし今は、
「いまの日本の情勢は、戦時中にとても似ている」という危機感で、自宅を訪れる若者たちに語り続けています。

ーーーーーーーーーー

*対潜学校
機雷の設備や水中探索術を習得させる、旧日本軍の教育機関。
横須賀の久里浜にあった。







先日URLだけご紹介させていただいたブログ『こころのかけはし祈りの和』の記事中に、
日頃ずっと考え続けている、平和な世界の構築への日本の役割が、とてもわかりやすく書かれていました。
その中の一部をここに、引用させていただきます。

政治経済担当グループより
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2449.html
↓引用はじめ

日本が戦争を避けることができるとすれば、それは、武器・軍備の強化によってではなく、
日本が、まず、韓国、中国、台湾、フィリピン、ロシア等のアジア諸国に平和的な話し合いを持ちかけ、平和条約を結び、
そして、国連や世界中の有力な国々、有力な発展途上国に対し、
「日本はこれ以上武装の強化はしない。
日本とアジア連合は、世界各国に対し、政治・経済によって、国際的役割を果たし続ける」
と、
自らが平和国家であることを強くアピールすることによります。
それによって、平和の維持が可能になっていきます。

それが世界の世論の賛同を得ます。
(実際は、戦争・軍産複合体にうんざりしている国が多く、戦争で問題解決をしたい国は少ないため)

日本のこの取り組みを続けることによって、世界に戦争によらない、新しい経済と政治的な流れを世界に作り、
また日本の姿勢、貢献が、世界各国の支持を得て、軍事的にも日本を支援してもらうこととなります。

日本が平和国家として、積極的に動き続ければ、確実に世界の世論を変えていく。
絶えずそのアピールを続ければ、日米安保だけでなく、ロシア、EU諸国、アジアの国々の賛同を得、中国単独で戦争ができない状況を作られていく。
世界が日本を守る形になる。
戦争をしようとする国があれば、その国を政治的、経済的に封鎖して、攻撃できなくする仕組みができてくる。

日本が武装によらない対応策を、本気でアジア各国、世界の有力な国々にアピールし続ければ、それが可能になります。

ただ、これは、今の日本の国の体制では困難なところがありますが、
アジアを一つにまとめることができる、平和的にまとめることができるのは、本来は日本です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伴奏バイトと夜の散歩とハナ... | トップ | ちょっと復活 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
統一教会と安倍政権 (反安倍)
2015-05-15 09:16:56
【要拡散】 驚愕!統一協会の主張と原発推進右翼のシンクロ率!!
http://blog.livedoor.jp/peaceasia/archives/52135297.html

日本は生活水準を三分の一に減らし、

税金は四倍、五倍にしても

軍事力を増強していかねばならないと、

こういうことを彼ら言ってるんです。

日本の大増税
日本の生活水準の低下
日本の再軍備
日本の核武装
おまけ 児童ポルノ日本マンガの廃絶
おまけ2 左翼思想者への異常なまでに徹底的な憎悪

これ、すべて文鮮明の統一協会の主張であり。
さらに。
現行の自民党の施策とも完全に合致している。

もはやシンクロ率400%と言わざるを得ない。
いつもありがとう! (ひろみ)
2015-05-16 22:23:21
まうみさん、いつもいつも精力的な愛のメッセージありがとうございます。

戦争体験者の言葉の重みを感じます。
私たちは、同じ時代に突入しないように、
争い状態から卒業できるように
できる限りのことをしていきましょう!

武力を持つということは、戦争が起こることを
前提にしているんですよね。
戦争が起こらないことを前提として、生きることが
これからの未来になるように、いつまでも
声をあげていきたいと思っています。
2649
「安倍憲法違反内乱罪外患罪犯罪者政府」 (通りがけ)
2015-05-20 04:35:00
@日本、「状況によっては北朝鮮に軍事攻撃を行う」

日本の中谷防衛大臣が、集団的自衛権を行使し、状況によっては北朝鮮のミサイル基地を攻撃することが可能だと語りました。

ロイター通信によりますと、中谷大臣は19日火曜、異例の表明として、北朝鮮がアメリカをミサイル攻撃した場合、日本は北朝鮮を攻撃することが可能だと述べています。
日本の報道各社が、中谷大臣の話として報じたところによりますと、このミサイル攻撃は大惨事になると思われる為、その結果を考慮し、日本は北朝鮮に対するあらゆる軍事作戦に入る用意があるということです。
日本政府は最近、戦後初めて日本の自衛隊を国外での戦闘に派遣する許可を与える法案を可決しました。
中国と韓国はこれ以前に、日本の自衛隊が近い将来、海外での戦闘行為に参加できるようになることについて警告を発しており、日本に対し、性急な決定により地域の平和と安全を危機に陥れないよう警告しています。
これ以前に、世界で物議を醸した日本とアメリカの軍事関係の拡大に注目し、この表明は中国や韓国を初めとする各国の懸念を引き起こしています。
両国は日本に対し、地域の不安定を誘う行動に注意するよう求めました。
国連のパン事務総長も19日、韓国・ソウルで「日本は、適切な措置により近隣諸国との関係改善を追求すべきだ」と警告しています。
韓国の英字新聞コリア・タイムズも19日、日本を批判し、「日本は、北朝鮮に関する問題について韓国やアメリカと連携すべきであり、利己的な行動をとったり、無断で北朝鮮に対する措置を講じることはできない」と報じました。
日本は、北朝鮮とは正式な国交がなく、今年の3月には、北朝鮮に対する制裁をさらに2年延長することを発表しています。
_________________

「閣議決定は違憲立法である」

先に閣議決定した集団的自衛権の行使を早速行おうという安倍憲法違反内乱罪外患罪犯罪者政府ですね。

実は憲法によりすべての法律は行政府内の官僚が立法して施行することを禁じています。立法は国権の最高機関で唯一の立法機関である国会のみがこれを行い、内容を審議のうえ国会で承認制定された法律のみが国会の下部機関である行政府によって施行されます。

「日本国憲法第41条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。」

すなわち戦後政府が中曽根以来たびたび行ってきて現在の安倍政府にいたってさかんに乱発している官僚立法と閣議決定にのみ基づく新法の制定はすべて違憲立法そのものです。最高裁判所の違憲立法審査権発動は全く必要ありません。

そもそも唯一の立法機関である国会で立法審議制定されていないのだから、これら閣議決定での法律施行はすべて最初から憲法が規定する制定手続き違反の明々白々な違憲立法です。

これはまさに国権の最高機関国会の下部機関たる行政府公務員による憲法違反行政であり、かように国会審議抜きで施行して行政執行すれば直ちに最高裁審査不要で直接刑吏の手に下され、憲法99条違反刑法内乱罪現行犯有罪となります。
反安倍さんへ (まうみ)
2015-05-22 13:19:32
統一教会のことは、自分でもちゃんと調べてみなければと思いながら、まだ進んでいません。
なので、記事を興味深く読ませていただきました。

まず自分でいろいろと調べようと思っています。
ありがとうございました。
ひろみさんへ (まうみ)
2015-05-22 13:22:09
こちらこそ、いつも読んでくださり、ありがとうございます。

ここ最近、ちょっと体調(というか指)を悪くして、途端に心まで弱ってしまって、すっかり返事が遅れてしまいました。
自分はこんな程度なのか…なんて思って、さらに落ち込んだりしていました。

でも、またぼちぼちと書き始めていこうと思っています。
読んで応援してくださる、ひろみさんのような方々の言葉が、ほんとうに支えになります。
ありがとうございました。
通りがけさんへ (まうみ)
2015-05-22 13:26:12
「閣議決定は違憲立法である」

わたしもずっとずっとそう考えています。
弁護士の方の中にも、いろいろと声かけをして、運動をしておられる方がおられます。
これをどうしたら、国会、または司法の中で、裁くこと、せめて指摘することができるのかと、毎日のように考えていました。

なので、いただいたコメントをまずきちんと理解し、自分にできることを見つけたいと思います。
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2015-06-10 13:46:55
学者さんの仰るように憲法改正は憲法の手続きに乗っ取って行うべきであると言うのは当たり前のことですね。今の状況は解釈変更で説明できる域を越えていると思います。
その上で野党の議論の希薄さにも辟易します。この憲法解釈は違憲である?では自衛隊を目の敵にしてきたあなた方が何故今、あたかも自衛隊の守護者かのような言動をとるのか。この捻れの現状を野党自らが体現してしまっている滑稽さには何とも、悲しさすら覚えます。
もはや憲法が生み出す捻れの構造について議論してもいいような時期ではないかと思います。憲法に連綿と続く歴史を感じられない国は日本だけではないか。この特殊な国は自己のアイデンティティを失って右も左も途方にくれている。
Unknownさんへ (まうみ)
2015-06-24 13:54:29
コメントをありがとうございました。
返事が大変に遅くなり、申し訳ありませんでした。

憲法というものをわたしたち主権者も、そして権力者も、ちゃんと理解しないまま過ごしてきてしまいました。
この機会を生かして、日本全体で、もう一度憲法というものを自分の手で取り、声に出して読み、その言葉を聞き、理解できない部分を疑問として考え、自分の頭で捉えていくべきだと思っています。

歴史を歪曲したり、おろそかにしたりしている国は、未来には先細っていく運命にある。
そういう言葉を胸に、日本という国をもう一度立て直す意味でも、老いも若きも、そして子どもも、一緒になって憲法を学んでいけたらいいなと願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事