ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

米国『ルートカナル』事情

2017年04月20日 | 米国○○事情
ソメイヨシノが散り、ぽんちゃん桜が散り、どの家の庭にも一本は植わっている日本ハナミズキの花が、ひらりひらりと色づいてくると、
牡丹桜が一斉に、満開を迎える。





通りを散歩するだけで、春の花見が存分に楽しめるだなんて、こちらに引っ越してくるまで全く想像もしていなかった。
知らないことだらけで生きていたんだなあと思う。


さて今日は、ドキドキしながら待っていた、ルートカナルを受けた。
日本では、根幹治療と言われているものだと思う。
右側の上、親知らずの隣の歯が、治療を受けることになった歯だ。
ずっと長い間、何度も強い痛みに襲われたけど、しばらく我慢しているとなんとなく消えていく。
痛みは右側の上だったり下だったり両方だったり、だからいったいどの歯が悪いのか、自分でもわからなくなっていた。

治療の1週間前から、抗生物質を8時間おきに飲まなければならなかったのだが、そういう部類のものを飲み慣れていないからか、体のあちこちに発疹が出た。
前日に夫の鍼治療を受け、気分はすっかりリラックしたものの、支払う金額を考えると、ドド〜ンと落ち込んでしまう。
1550ドル…。
いくら素晴らしい腕のお医者だからって、どうしてこんなにも高いのだろう…。

診察室に入ったものの、つまずいたり咳き込んだり、「緊張してる?」と看護師さんに聞かれて、「めっちゃしてます」と答えたら笑われた。
「ここに来る人はみんなそう。でも、心配しなくても大丈夫だから」と言われても…やっぱり怖い。

先生が入ってきた。
いよいよまな板の鯉だ。もう逃げられない。
まず、これまでの歯の治療状況を調べる。
「この4本のインプラントは特に、とても良い仕事が為されてますね」と、しきりに褒める先生。
上の前歯4本、夫がいつも「セブン、セブン、セブ〜ン♪」とウルトラマンセブンの歌を歌ってからかう、インプラント4姉妹。
「どこでやったの?」と聞かれたので、少しだけ詳しく話をした。

ここにも何度か書いたけど、このインプラントは、わたしが頼んでしてもらったものではない。
2本の前歯の間にできた、ほんとにちっちゃな虫歯の赤ちゃんを削ってもらおうと、評判が良い歯科医院に行ったのは、今から26年前のことだった。
白髪頭の、品の良い老年の歯科医は、「よろしくお願いします」と治療椅子に座ったわたしに、
「前歯の虫歯は直してもまたできるから、思い切ってしっかり治療してしまいましょう」と言った。
わたしは、「『思い切ってしっかり』というのは、どのような治療なのですか?」とも聞かず、すっかりお任せにしてしまった。
麻酔が施され、いきなり前歯の4本が、次々に削られていった。
どうして全然虫歯がない歯を削るんですか?
そう聞きたかったけど、凄まじいドリルの音と、歯科医のマスクに飛び散る血(肉)を見ているうちに、気が遠くなってしまった。
時間にして3時間。
「さあ、やっとこれで仕上げに入れます」と、嬉しそうな声で言いながら、その医師はわたしに手鏡を渡した。
その鏡の中に映った、ネズミの歯のように小さく尖った、血だらけの4本の前歯を見た時の衝撃を、今でもはっきりと覚えている。
なんてことを…。
それからはもう、意識が朦朧としてしまって、金属棒をガンガンと打ち込まれている時は、これは何かのバチなのか?などと思ったりした。

でも今日、ルートカナルの担当医師に「良い仕事だ」と言われ、ずっと忘れてしまっていた彼の言葉が蘇ってきた。
わたしはその時、前夫との協議離婚の真っ只中で、自分としては、4月末日に家を出ようと決心していた。
ずるいとは思ったけれど、無一文で家を出るつもりだったので、虫歯の治療を済ませておこうと歯科医院に出向いたのだった。
だから歯科医には、「事情があって何度も来られないので、今日一日限りでお願いします」と前もって伝えてあった。
それを聞いた彼は、
「じゃあ、全てを今日中にやってしまいます。
だから、責任を持って、2度とここに来なくても良いように、きちんとするから安心してください」
と言ったのだった。
7万円×4本で28万円。
前夫からは、そのことで何度も非難された。
当たり前だ、立場が逆なら、わたしだって文句を言う。
でも、そんなつもりなど全く無かったんだからね。
結局最後まで、信じてもらえなかったけど…。

その26歳の4本のフェイク前歯は、60歳の他の本物歯に比べると、色白でデカい。
そして、疲れがたまると、4本の歯ぐきの辺りがジーンとしびれたりする。
だからずっとあの歯医者には、心の中で文句を言ってきたのだけども、今日からはちょっと、でも良い仕事をしてくれてありがとう、と感謝しようと思う。

今日は初めて、こんなゴムカバーをつけてもらった。
よそ様の歯の写真だけど、参考のためお借りした。(わたしはタオルの代わりにゴーグルを付けた)


見た目は凄まじいけど、このカバーのおかげで、治療中に出る破片や血などが、喉元に飛んで来なくて快適だった。
あと一つ、麻酔の注射がはじめの1本目から、全く痛くなかった…というか、まるで何も感じなかった。なぜだろう…。

これまたよそ様の歯のレントゲン写真だが、3本の根幹を入れてもらったわたしのものとよく似てるので。


そして2週間後にまた、仕上げのクラウン治療が始まる。
これはスペシャリストではなく、普通の歯科医院でやってもらえる。
けれども、これまたすごく高くて12万円。
もうこれは、月々の支払いが少々高くても、歯の保険に入るっきゃないと思う。
歯の保険って、入るだけバカらしいよって言う人もちらほらいるけど、実費払いではとてもじゃないけど暮らしていけない。
これからまだまだ、詰め物の下で静かに深刻になっていく虫歯が、次はおいらだ!とばかりに順番を待っているんだから。

今日は10℃をちょっと超えただけの、肌寒い日。
わたしの財布は、零下10℃だな…。


さて、気分直しに、
去年の8月の末にのんちゃんちで、みんなでワイワイにぎやかに作ったお味噌の、早くも二つ目の容器に手を付け始めた。
これが無くなったらえらいこっちゃ!
これを食べ切ってしまう前に、次のができているようにしないと、味噌汁抜きで当分過ごさなければならなくなってしまう。
朝のコーヒーと夜のワインの代わりに、この手前味噌汁を飲み出してからというもの、美味しくて嬉しくて、もうコレ(具は刻みネギ+たまにアオサ)抜きの食事なんて考えられない!

やっぱりうっすらと膜が張っていた…ちょいとグロテスク。


心配してたカビは膜の中だけで、ペラリとめくるといい感じの味噌が現れた!


今回は、何回も、タマリのような液体がにじみ出てきていたので、大丈夫だろうかと心配していたのだけど、
オーガニックの玄米麹が良かったのか、はたまたオーガニックのヒマラヤ塩が良かったのか、それともみんなの笑いと愛情がこもってたからか、とっても美味しい味噌が出来上がった。

手前味噌、本当にオススメですぞ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪は「同人誌作ろう」「... | トップ | 野党頑張れ!報道してくれ!... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PeachJello)
2017-04-21 23:58:55
ルートカナル、お財布もつらいですよね。しかし血だらけの歯をみせてくれるとは、歯科医さんやってくれますね。ほんとに腕に自信があるんでしょうが、私なら気を失いそう。
PeachJelloさんへ (まうみ)
2017-04-22 13:37:58
はい、とぉっても辛いです。
また2週間もすると、$1200が飛んでってしまいますし…。
日本の国民保険のありがたさがしみじみと思い出される今日この頃です。

で、その血だらけの三角歯、今もくっきり覚えてるんです。ほんと、気を失いかけました。
なんであんなものを見せたかったのか、今改めて思うと不思議な気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。