ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「安倍首相の言い分は全く逆。集団的自衛権は誰も救えず守れないばかりか、かえって危険」by中村医師

2014年05月16日 | 日本とわたし


自衛隊来るほうが危険

アフガンで人道支援
ーーーーーーーーーー
ペシャワール会 中村哲氏


アフガニスタンで医療活動や灌漑水利事業などの、人道支援を30年間続けている非政府組織『ペシャワール会』(事務局・福岡市)の、現地代表中村哲氏(67)=写真=は15日、
西日本新聞の電話取材に応じ、集団的自衛権が行使された場合、安倍晋三首相の主張とは逆に、
海外で、邦人が、危険に巻き込まれる可能性が高まることを指摘。
憲法9条の存在が、国際社会での日本の立場を高めていることを強調した。
(聞き手・上野洋光)

アフガニスタン人にとって、日本は、軍事行動に消極的な国だと思われています。
一言で言うと、敵意のない国
これは、自衛隊の行動を縛ってきた、憲法9条の威力です。

アフガニスタン人も、日本には、他国の戦争に加担しないという『掟』があることを知っています。

アフガニスタンで活動する中で、米軍のヘリコプターに撃たれそうになったり、米軍に対する反政府側の攻撃に巻き込まれそうになったりしたことはありますが、
日本人だから、という理由で標的にされたことはありません。
この『掟』があるからです。


今、活動拠点のアフガニスタン東部のジャララバードには、私以外、外国人はいません。
大勢いた欧米の人は、逃げ出しました。
米同時多発テロの後、米国を中心とする多国籍軍が、集団的自衛権を行使し、軍服を着た人々がやって来てから、
軍事行動に対する報復が激しくなり、国内の治安は過去最悪の状況
です。

アフガニスタン人は、多くの命を奪った米国を憎んでいます。
日本が米国に加担することになれば、私はここで、命を失いかねません。
安倍首相は記者会見で、
「(現状では)海外で活動するボランティアが襲われても、自衛隊は彼らを救うことはできない」と言ったそうですが、全く逆です。
命を守るどころか、かえって危険です。
私は逃げます。

9条は、数百万人の日本人が血を流し、犠牲になって得た、大いなる日本の遺産です。
大切にしないと、亡くなった人たちが浮かばれません
9条に守られていたからこそ、私たちの活動も続けてこられたのです。
私たちは、冷静に、考え直さなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「9条があるから、海外ではこれ... | トップ | 人でなしらが目論む戦争ゴッコか... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新鮮な情報でした (Dr.OK)
2014-05-20 03:19:48
私もFacebookで『集団的自衛権容認反対』の立場で、あちこちにコメントを入れていますが、新しい根拠を一つ加えることができました。
さらなるご活躍を期待しております。
Dr.OKさんへ (まうみ)
2014-05-20 13:32:13
記事を読んでくださり、ありがとうございました。

自分の記事はさておき、先生のブログを目を皿のようにして読ませていただきました。
もう、かれこれ40年もの間、痔と共に生きている者としては、なんともありがたい記事ばかりで……いやはや。
相方は米国人鍼灸師です。なので、特に、鍼灸と痔の治療についての記事は興味深く読ませていただきました。

さて、『集団的自衛権』ですが、あんな政治家たちの妄想遊びを、実現させてたまるかと思っています。
ひとりでも多くの方に、そのことを知らせ、全国民レベルの反対の声になるようにしたいのですが……。

日本人の誇りです (Unknown)
2014-06-01 12:22:12
中村先生のことは以前から知っておりました。アメリカのアフガン攻撃の時は私もテレビ局、新聞社にずいぶん抗議の電話をいたしましたが駄目でした。ペシャワール会の若い心優しい青年が命を落とされたことは、政治の責任と思いました。欲得ばかりで動く医師が多い中、尊敬申し上げられる数少ない医師のおひとりです。どうせ何しても駄目という諦めこそが、愚かな政治家の思う壺です。小さいながらも声を挙げていきたいものです。
Unknownさんへ (まうみ)
2014-06-02 13:34:41
ありがとうございます。これまでにもずっと、支援されてこられたのですね。
そういう方々の支えがきっと、中村医師には伝わっていると思います。

彼のように、実際に、口だけではなく行動されている方にとっては、今の政府の要人たちの言葉は、虫唾が走るほどに腹立たしいものばかりだと思います。

わたしはせめて、彼の言葉を伝えさせていただきたいと思い記事を書いているのですが、その力の小ささに、自分でも落ち込む時があります。
けれども、そういう時はいつも、わたしがやらなくて誰がやる?と、自分で自分に声かけをすることにしています。
なので、Unknownさんの最後の言葉は、とても嬉しかったです。がんばりましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。