ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

初めてのフォーレ

2017年06月09日 | 音楽とわたし


一昨日の夜から慌てふためいて練習している。
ヴァイオリニストのエリオットから、この曲を一緒に弾かないか?というお誘いがあったからだ。
で、いつ一緒に弾くのか…それは、来週の土曜日に行われるオーディションなのだった…。

今年の定例演奏会は来年の1月20日。
毎年カーネギーのホールを借りて行なっているのだが、去年のザンケルホール(中ホール)での集客が芳しくなかったことから、協会が財政難に陥ったため、今年はウェイルホール(小ホール)での開催となった。
どちらのホールにしても、今までコツコツと積み上げてきた評価を落とすわけにはいかない。
そんなことが一回でもあると、次の年には借りることができなくなってしまうからだ。
なので、年々、オーディションは厳しくなっている。

わたしも実は、ジェーンと一緒に、プーランクの連弾ソナタでオーディションに挑戦しよう、と思っていたのだけど、
ジェーンのお父さんが急に亡くなったため、予定を変更して、来年まで延期しようと決めたところだった。

エリオットにも、パートナーのピアニストがいて、彼女とのリハーサルをする予定になっていた。
ところがなぜか、そのうちの2回も、彼女はスタジオに現れなかった。
そればかりか、どうして来なかったかの説明も無いままらしい…。
それで、エリオットは、彼女のことが信用できなくなって、ピアニストを変えようと思ったのだと言う。

事情はすごくよくわかる。
もし自分がエリオットだったら、やっぱりわたしも同じことをしただろうと思う。
でも、でも、曲が曲だけに、10日間で仕上げてオーディション、というのはかなりキツイ…。

******* ******* ******* *******

手のスペシャリストに、ピアノを弾く時は、膝がきっちり90度になるように、椅子の高さを調整するよう教えてもらった。
座高が高い(足が短い)からか、椅子をかなり低くしても足りないので、6センチのヒールを履いて弾いてみた。
すると、これまで1時間も弾くと、肩が詰んできたり太ももの後ろが痺れたりしてたのに、そういうのが全く無くなって快適なのだ。
どうしてこんな単純なことに気づかないまま、今までの長い時間を過ごしてきてしまったのだろう…。
いや、振り返っても何も進まない。
60の手習い、いや、手の習い直しだ。

手の習い直しといえば、弾いても指が痛まなくなったのは、本当にありがたい。
大好きだったいろんなものを、食べない飲まないと決めて1年半。
ストレッチもとりあえずサボらずに続けている。
少しだけ弾き方も変えたのだけど、長い間、何本もの指をスポーツテープでぐるぐる巻きにしないと弾けなかったのだから、素手で弾けるなんて夢のよう…ああ嬉しい。

だからこそ引き受けられた。
大曲だけど、練習したいだけしたら弾けるようになる、きっと。
練習をしたいだけできることがどれほど幸せなことだったか、できなくなった3年間、ずっと考えていた。

どういう目的であれ、曲の練習に入ると、わたしはわたしに話しかけることが多くなる。

できるかな?
うーん、なんとも言えへん。

今日はけっこういいとこまでいったんちゃう?
うん、なんかええ感じやね。いけるかもね。

なんでまた、ここが全然弾けへんようになるわけ?
わからんわ、そんなこと!

こんな調子で大丈夫かな…。
大丈夫やって、思てやるしかないやん。

間に合うかな…。
間に合わせるしかないやん。

ほんま、美しいな、この曲。
ほんまやね、すっかり惚れてしもたわ。

弾きたいな、カーネギーで。
そやね、強く念じて練習がんばろ!

******* ******* ******* *******

エリオットから頼まれて、早3日が経とうとしている。
初見で弾いた時は、えらいもんを引き受けてしまったと、ちょっぴりだけど後悔した。
でも、だから余計に、これを10日で弾けるようにできるか…という賭けがしたくなった。

指使いを決める。
フレーズの流れを読む。
ピアノが始めっからガンガン飛ばしまくるので、リズム練習とゆっくりの練習を根気よくやる。
けれどもやっぱり焦る。
焦るから、ついつい速く弾いてしまってつっかえる。
そして落ち込む。
それの繰り返し。
二分音符が一拍のテンポの速い曲だけど、オーディションまでには間に合わない。
これだけははっきりしているので、遅めのテンポで弾くけれども、曲のイメージがおかしくならないように仕上げなければならない。
ただ、オーディションでは全曲丸々弾くのではなくて、審査員や聴衆にアピールできる聴かせどころ(大抵は難度が高い部分)を2分間弱弾けばよい。
10日という短い期間では、それさえも大変なことだけども、全曲よりは大いに助かる。

とりあえず、最初の合わせをする日曜日の夜までに、まともな演奏ができるようになっておかないと。

と、焦りまくるわたしは、夫にお願いをした。
「ごめん、この10日間だけ、家事と仕事以外の時間、弾きたいだけ弾かせてほしい」
事情も説明した。
状況も説明した。
けれども夫の返事は、いつもと変わらなかった。
「ボクの生活は?」

ピアノの部屋は筒抜けで、防音装置はもちろん、ドアさえも無い。
だから、3階以外の家の中のどこに居ても、ピアノの音は否応なしに聞こえる。
でも、ほんとに今週末と来週の金曜日の夜までだけだから、いつもはゆっくりする夕食の後も練習させてほしい。
「毎日朝から晩まで、好きなことをせずに仕事して、やっと週末がきたというのに、3階に追いやられるのか」
「どうしてそうエキセントリックになるの?もっと普通にできないの?」

毎回のことだけど、本当にがっかりする。
25年も一緒に暮らしてきて、同じことでもめている。
どちらも「あなたのことを理解している」と言うけれど、きっと夫はわたしを、わたしは夫を、ちゃんとわかってあげられていないのだ。
ピアノ弾きが家族にいると、家族は大変な思いをする。
まず音が大きい。
そして練習に没頭し始めると、気持ちが譜面に吸い込まれてしまうので、時々会話が上の空だったりする。
だから、ピアノ弾きはピアノ弾きで、すごく気を遣っている。
特に、大人になって、自分以外の人と暮らすようになってからは、弾きたいだけ弾くことも、弾きたい時に弾くこともしないようになった。
まあ、大きな舞台がある時などは別だけども…。

でも、泣いても笑っても、わたしが使える日は10日間なのだ。
そのうちの3日はもう過ぎた。
一日一日、劇的な進歩というのは望めないから、3歩進んで2歩下がり、また3歩進んで2歩下がりして、オーディションの本番に臨めるよう頑張る。
そしてできたら、オーディションに受かり、カーネギーで弾いているエリオットと自分を強くイメージしながら頑張る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池氏より何倍も総理を侮辱... | トップ | 前川さん、国会議員になって... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sarah)
2017-06-13 23:43:06
こんばんは~
今日は13日、火曜日です。
練習は順調ですか?

カーネーギーホールで喝采を浴びるまうみさんとエリオット氏を想像しつつ、
「気」を送ります、がんばって~!

まうみさんが満足できるように、
オーディションが無事に終わりますように。
がんばれ (みけ)
2017-06-15 19:21:17
今いかなければ、いついくというのか?今でしょ!。
今しかないのだから、今いくしかない。
Let,s go
sarahちゃんへ (まうみ)
2017-06-22 02:22:25
「気」をありがとうございます!
しっかりいただきました!

今回の練習は、一日一日が勝負だったので、かなり気合を入れました。
指を酷使しすぎると、本番に弾けなくなる可能性もあったので、体調も整えなければならなかったし。

でも、できるだけのことはできたと思います。
結果は七月の初め。ドキドキです。
みけさんへ (まうみ)
2017-06-22 02:23:42
はい、今でした!
もうほんと、みけさんの行け行けコメントに励まされ、行って参りました。

ありがとうございました!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽とわたし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。