ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

前川さん、国会議員になってください!

2017年06月18日 | 日本とわたし
一日中、少しでも時間があるとピアノに向かっていた10日間が終わりました。
この10日間、それでもやっぱり気になったので、国会の様子をちらりと観たり、ツィッターやフェイスブックで流れてくる記事を斜め読みしていました。
心が大変に乱れましたし、ブログに書き留めておきたいことも山のようにあったのですが、体はたった一つしかありません、練習に集中するよう自分を諌めながらの10日間でした。

首相を筆頭に、外道議員たちの醜い姿、口から出てくるデタラメやウソの言葉の羅列を、これでもかこれでもかというほどに見せられ、聞かされた国会でした。

でもそれだけに、必死になって頑張っていた野党議員たちや、加計学園の「文書は間違いなく本物」と証言してくれた前川前事務次官の存在に、大いに励まされました。

この前川氏の言動は、わたしの今まで持っていた官僚という存在に対する印象を、大きく変えるものが多かったのですが、
今朝見つけたこの記事を読んで、彼のような人に国会に立ってもらえたらと、ますます強く願い始めています。
記事は、5日前に、東京新聞の【ふくしま便り】の欄に書かれていたものです。



【ふくしま便り】
私塾「福島駅前自主夜間中学」 震災でも途切れず8年目

【東京新聞】2017年6月13日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_report/list/CK2017061302000170.html

さまざまな事情で、義務教育を修了できなかった人のための学びの場、自主夜間中学が、福島にもある。
「自主」と付くのは、元教員などのボランティアが、手弁当でつくり上げ、続けている私塾だからだ。
学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題で、「行政がゆがめられた」と訴えている前川喜平・前文部科学省事務次官も、ここに通ったボランティアの一人だった。
何を求めたのか。
答えを探して、授業の様子を見せてもらった。
 
JR福島駅に近いビルの一室。
午後6時に、自主夜間中学は始まった。
教師と生徒、一対一の学習が原則で、6組ほどのペアが、肩を並べて教材をのぞき込む。
英語のアルファベットを学ぶ組、新聞を材料に、時事問題を読み解く組など。
休憩を兼ねた15分のお茶タイムを挟んで2時間、静かだが、熱気に満ちた学習が続いた。
 
生徒の年齢は、20代から80代まで。
教師役は、教員を定年退職した人が多い。
 
運営母体の「福島に公立夜間中学をつくる会」が、活動を始めたのは、2010年8月だった。
 
文科省が設置した公立夜間中学は、全国に31校。
大部分が首都圏、関西圏に集中し、東北以北には一つもない。
 
設立メンバーの大谷一代さん(54)は、7年前に亡くなった実弟が、不登校の末に苦しむ姿を目の当たりにした。
「弟と同じ境遇の人たちを救いたい。夜間中学を」と、仲間に呼びかけたのが、きっかけとなった。
 
自主夜間中学は、月に4回。
授業料は無料。
東日本大震災があっても途切れず、生徒は20人ほどに増えた。
 
この小さな私塾に、思いもよらぬ「贈り物」があった。

前川氏の講演「夜間中学と日本の教育の未来」を、東京で聞いた大谷さんが、「ぜひ、福島でも」と直談判した。

******* ******* ******* *******

(まうみ注・1時間半近くの長い講演ですが、ぜひ時間を見つけて観ていただきたいと思う内容ですので、ここに挿入させていただきます)


日本国憲法26条は、文部科学省にとっては一番大事な原則を示したものである。
旧憲法の時代には、教育を、国民の権利として認めていなかった。
教育というのは人権の中核。
教育を受ける権利は、基本的人権。
個人の尊厳を、実際に実現する基礎にあるのが、教育である。
教育を受けることができないと、一人一人が、それぞれの人生を豊かに全うすることも、尊厳を守ることもできなくなる。
教育は、人権保証の中核である。
憲法の三原則は、基本的人権の尊重、国民主権(政治は国民が主権者であり、政治家は国民の代表として奉仕する)、永久平和主義。
この三つが日本国憲法の三大原則で、憲法改正ができないものである。


******* ******* ******* *******

前川氏は、あっさりと快諾。
今年1月14日、文科省事務方のトップが福島を訪れ、講演が実現した。
このとき関係者を驚かせたのは、前川氏が、「退省したら、福島の夜間中学の活動に参加したい」と、申し出たことだった。

 
前川氏が、天下り問題の責任を取って辞職したのは、この約1週間後。
そして2月1日、今度は、ボランティアとして、福島に姿を見せた。

 
マンツーマンの授業を受けたのは、渡辺宏司さん(78)だった。
 
「講演の内容がさっぱり理解できなかった、と話したら、一緒に新聞を読みながら、解説してくれたんだよ。
偉ぶるところのない、温厚な人だったな」

 
渡辺さんは、中学を卒業したものの、自動車染色工になるために高校進学を断念したことを、今も悔いている。
生徒の中には、そんなお年寄りが多い。
 
この後、週に2回ずつ、合計10回にわたって、前川氏はボランティアにやってきた。
 
最後は5月12日。
数日後、「しばらく忙しくなります」と、運営母体の会の代表、菅野家弘さんに電話があった。
前川氏が、加計学園問題で記者会見したのは、同25日のことだった。
 
「驚いたな。暇になったら、また来てくれないかな。待っているよ」と、渡辺さんは話した。
 
夜間中学を巡っては、2016年12月に、教育機会確保法が成立。
これを受け、文科省は、各都道府県に少なくとも一つ、公立夜間中学を設置するよう、検討を進めている。
   
   ×  ×  ×
 
福島駅前自主夜間中学では、生徒、ボランティアを募集している。
連絡先は大谷さん=電090(2025)5287=へ。 
(福島特別支局長・坂本充孝)

******* ******* ******* *******

夜間中学
埼玉の運動31周年集会 「重要な役割」 
初参加、文科省事務次官が評価/埼玉

【毎日新聞】2016年10月31日
https://mainichi.jp/articles/20161031/ddl/k11/100/096000c

埼玉の夜間中学運動31周年を記念した集会が29日、JR川口駅東口にある、複合施設「キュポ・ラ」で開かれ、
文部科学省の事務方トップとして集会に初参加した、前川喜平事務次官が、
「(夜間中学は)教育の場で、重要な役割を果たしてきた」と評価し、文科省として、公立夜間中学設置を推進する考えを示した。【鴇沢哲雄】

埼玉には、公立夜間中学がなく、川口市には、自主夜間中学が設けられている。
集会は、「すべての人に義務教育を」をスローガンに、県内に公立夜間中学を設置するための運動を続ける、
「埼玉に夜間中学を作る会」(野川義秋代表)と、「川口自主夜間中学」(金子和夫代表)が開催。
前川次官は、「夜間中学と日本の教育の未来」と題して、講演した。

1979年に文部省(現文科省)に入り、初等中等教育局長などを経て、今年6月に次官になった前川次官は、
「教育は、人権保障の中核。国籍に関わらず、全ての国民は、等しく教育を受ける権利がある」と語り、
卒業証書を受け取るだけの「形式卒業」や、義務教育未修了者、不法滞在の外国籍の親を持つ子どもたちなど、
教育を受ける権利を制限されてきた人たちに、学びの場を提供してきた「夜間中学」を、高く評価
した。

また、不登校が増えている現状を挙げ、「今後、夜間中学の重要性が、増す可能性がある」とも言及。
「個人的見解」としながら、
「夜間中学設置について、組織としての文科省は、これまで見て見ぬふりをしてきた。
(夜間中学設置に賛同する)自分は、(省内では)異端。居心地が悪かった」
と、吐露した。

文科省として、公立夜間中学設置を推進するに当たっては、
「多様な学習機会を確保する観点」から、不登校の生徒についても、本人の希望を尊重して、受け入れていく方針を明示。
半世紀近く、夜間中学運動に関わってきた元教師からは、「大変大きな前進」と、歓迎する声が聞かれた。

講演後、野川代表は、「作る会」の今後の活動方針について、
▽公立夜間中学設置の法案ができるよう、各団体と連携を深める
▽6万人署名達成を目標に、活動を拡大する--ことなどを挙げた。

金子代表は、自主夜間中学の取り組みについて、「生徒やスタッフを増やしながら、市民と一緒に教室を充実させる」と話した。

******* ******* ******* *******

こんな外道議員の寄り集まりのようになってしまった与党が、国会の在り方をことごとく劣化させた結果、


まだ支持がこんなにあるのが不思議で仕方がありませんが…。









(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのフォーレ | トップ | 暑い暑い6月のオーディショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。