ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

いちいち面倒だと思っても、今とにかく何かしなけりゃ、手遅れになってしまう!ダムも国も決壊する!

2017年02月12日 | 米国○○事情
この写真を見てください。


これは、つい先日、夜のニュースで話題に上がっていた、カリフォルニア州最大の、多分世界でも最大の、高さが770フィート(約235メートル)もあるダムです。
そのオーロビル・ダムの放水路に、ある時、穴が空いていることに気づいたのですが、なぜか放置したまま(あるいは修理するタイミングを逸していた)放水を続けていた結果、
穴は当然少しずつ大きくなっていき、ついには水路の脇の山肌を崩し、今大変なことになってしまいました。
修繕の仕様がないのだそうです。
今、降雨量が増えて、ダムはもう満杯。
非常に危険な状態なんだそうです。

このことを例に、あれ、おかしいな?と気づいた時に、きちんと検証なり整理なり修正なりをすることが、どんなに大切なことかを、キャスターは何度も繰り返し話していました。
そして彼女は、このダムの問題を例にして、トランプ氏の選挙活動とロシアの関係についても、同じようなことが言える。
いや、社会に今発生している嵐は、急に襲って来たわけでは決して無い。
あれ?と思いながら、今は無理、面倒だ、関係ない、まだ大丈夫だろうと、無視してきた(わたし自身も含む)人たちのせいで、巨大化してしまったのだと。

日本で今、現在形で起こっている大きな問題もまた、わたしたちの政治に対する無関心と勇気の無さを栄養に、じわじわと大きくなってしまいました。

原発事故、沖縄を始めとする日本における米軍基地問題、『国家神道』の復活を目論む神道政治連盟や日本会議の台頭…。
その、ほんの一例を、以下に紹介します。

下記の図を見てください。


隣接する二つの土地が、一方は1億3400万円で、他方は14億2300万円で売却されています。
この二つ土地は国有地で、だから売却先と価格は、近畿財務局によって管理されています。
おかしいと思いませんか?
そのことについて、日刊ゲンダイさんが書いてくれましたので紹介します。

↓以下、転載はじめ

昭恵夫人が名誉校長
大阪の新設小学校に、不可解な土地取引

【日刊ゲンダイ】2017年2月11日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199294/1

「愛国心と誇りを育てる」――。

こんな教育方針で建設が進んでいる小学校に、土地売却問題が浮上した。
この学校は、「瑞穂の國記念小學院」(大阪・豊中市)。
学校法人「森友学園」の、籠池泰典総裁が進めている。
この4月に開校する予定だ。

何が問題かというと、同校の土地は、財務省近畿財務局が売却した国有地にもかかわらず、その売却額が公開されていないのだ。
そのため金額は不明だが、9日付の朝日新聞によると、森友学園は、相場の10分の1の安値で買ったという。

国有地は、約8770平方メートル。
この土地の周辺は、1平方メートル当たり15万円が相場だから、約13億円になる計算だ。
それが、朝日によると、1億3400万円だったと推定されているのだから、事実だとすれば大安売りである。
売買は、昨年6月に行われた。

この問題を追及している、豊中市議の木村真氏は今月8日、大阪地裁に訴状を提出した。

「昨年5月から、売買契約書類の公開を請求していますが、肝心の売却額が黒塗りになっているのです。
公開しない理由は、『当該法人の正当な利益を害する恐れがある』という曖昧なものなので、
口頭でそんなの許されないよ、と言うと、“法人から公開しないでとの希望があった”と、頑として認めないのです。
国有地の売却は、原則として公開するべきという観点から、金額の公開を求めて提訴しました」

この森友学園は、超保守的な教育で知られる。
大阪市淀川区で、「塚本幼稚園幼児教育学園」を経営しているが、そこでは、園児たちに、戦前の「教育勅語」を暗唱させている
バリバリの右翼なのだ。
ロイター通信は、
〈同園のカリキュラムは、戦前の日本を思い起こさせる〉
〈3~5歳の幼児に、愛国心を育むことを目的としている〉と、昨年末に世界に報じている。

総裁の籠池氏は、日本最大の右翼組織「日本会議」の、大阪代表・運営委員を務めている。
さらに仰天なのは、開校する小學院の名誉校長に、安倍首相の妻・昭恵夫人が就任していることだ。

2015年1月の産経ニュースは、昭恵夫人が、塚本幼稚園を訪問した様子を報じている。
籠池氏から、「安倍首相ってどんな人?」と聞かれた園児が、「日本を守ってくれる人」と答え、
昭恵夫人は涙を浮かべて、「ありがとう。(安倍首相に)ちゃんと伝えます」と、応じたという。

「私から見ると、塚本幼稚園は、かなり偏った教育機関です。
土地の売却額が、極端に安いのが事実なら、日本会議や安倍首相周辺からの働きかけがあったのではと、疑ってしまいます。
塚本幼稚園では、昭恵夫人のほか田母神俊雄、櫻井よしこ、百田尚樹といった、右派文化人の講演会を開催してきたけど、会場のキャパシティーは、150人ほどに過ぎない。
小学校を新設し、体育館を何百人も入れるホールとして使うなど、大阪における日本会議の拠点にしようという狙いもあるのではないでしょうか」(木村真氏)

日刊ゲンダイの取材に、財務局は、「情報公開法により、相手方の同意がないかぎり、売却価格を公表できない」と説明する。

国有地の払い下げに、どんな事情があったのか。
財務局は、明らかにするべきだ。


以上、転載終わり

******* ******* ******* *******









園児たちに、軍艦マーチの演奏や教育勅語の暗唱をさせる。
この『塚本幼稚園』の理事長、籠池泰典氏は、日本会議のメンバーです。

日本会議については、これまでにも何度も書いてきました。
国会議員、特に今の内閣の閣僚のほとんどがメンバーとなっている異様な状態をまず、なんとかしなくてはなりません。











財務局であろうが国会であろうが、市民はどんどん圧力をかけ、これ以上の大きな穴にならないように、日本という国が決壊してしまわないように、踏ん張らなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 即死の燃料デブリ残骸・推定... | トップ | 長男くんの救急車初乗り体験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

米国○○事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。