ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

森友学園問題の根本に潜む、政治ロビー団体の戦前復古の野望を、今このときに潰せなくてどうする!

2017年03月20日 | 日本とわたし


そしてこれ↓は、東京テレビのゆうがたサテライトで報道された、必見ビデオです。
消去されてしまう前に、ぜひ見てください!
http://www2.uliza.jp/IF/iphone/iPhonePlaylist.m3u8?v=128575-565827&p=785&d=629&n=405&previewflag=0

ところどころ、大事だと思った部分を文字起こししました。













































































保守勢力の動向に詳しい、ジャーナリストの青木理氏:
森友学園と政界との関係は、トカゲの尻尾を切ろうとしたんだけれども、尻尾の方が一生懸命になって、虚実織り交ぜて食いついている。

ーー籠池夫妻と稲田氏の関係を探るヒントとは?

稲田大臣が5年前に行った公演。










稲田氏は、安倍総理との出会いについても語っている。










ということで、稲田大臣は、5年前に靖国神社で開かれた、『谷口雅春先生を学ぶ会』というところで講演会をしていた。
さらには、籠池氏の夫人諄子氏も、この会に文章で寄稿していた。




ーーこの、谷口雅春氏というのは、どんな人物なのでしょう?

青木理氏:
このあと出てくる日本会議もそうなんですけれども、戦前に『成長の家』という新興宗教を立ち上げた、ある種の宗教人なんですけれども、
実を言うと、この人が、戦後日本のいわゆる右派運動の中枢に、今に至っても相当の影響力を持っている人。
谷口さん自身が、超国家的な主張をして、戦中などは軍部の戦争遂行に協力し、戦後は、戦後日本の右派の源流を作った。
その人たちに、籠池氏も稲田氏も連なっていく。

ーーこの谷口雅春氏を中心にした『成長の家』が、日本最大の保守勢力『日本会議』につながっていくということなんですね。
『日本会議』の創設メンバーの一人、この方に聞きました。

自民党の参議院議員会長を務めた、村上正邦氏、参議院のドンと呼ばれました。



















ーー谷口氏が目指したものについて、村上氏はこう語ります。







ーー『成長の家』は一旦(1983年)、政治運動を中止するんですが、『日本会議』というものが出来上がりました。
この団体はどういう団体で、なぜできたんですか?



青木理氏:
谷口雅春氏が、1960年代に、日本全国で学生運動がすごく華やかだった頃に、このままじゃまずいということで、右派の学生を集めて、右派の学生運動を立ち上げた。
谷口氏が亡くなって、『成長の家』自体は、基本的に政治活動を止めるんですけれども、その学生活動の出身者たち、当時学生活動に関わった、『成長の家』の若い学生たちが、
その後も、この『日本青年協議会』を立ち上げて、今の『日本会議』の事務的な、実務的な中枢や理論構築面での中枢を、『日本会議』が担っている。
だから、事実上、『日本会議』は、『成長の家』が源流になっている。

ーーで、『日本会議』を支援する、国会議員の懇談会に、なんと議員のおよそ290人も参加していると。



ーーさらに、現役閣僚もかなり多いんですね。半数以上が入っているということで、これはどういう意味があるんですか?



青木理氏:
そもそも『日本会議』っていうのは、純粋な右派活動というよりは、自分たちの主張を政界で実現させるための『議員懇談会』を作っているわけですから、政治ロビー団体とも言える。
ここに丸がついている人の全員が全員、『日本会議』の主張に、本当に心から同調しているかどうかは別として、
安倍さんが、この『日本会議』との親和性が非常に高いものですから、安倍一強の政界の中で、お賽銭を入れるようなつもりで入っている人もいれば、
稲田さんのように、根っからの『日本会議』と非常に近しい人たちもいる。

ーーなるほど。じゃあ籠池氏が、この『日本会議』の場をうまく使って、安倍総理との接点を作ってきたと言えますか?

青木理氏:
言えます。
言えますし、今、籠池さんとか安倍さんとか昭恵さんとか、いろいろ問題が起きてますけれども、
問題の根本にはやっぱり、『日本会議』とか『成長の家』の谷口さんが訴えたような日本を作りたい、という、ある種の政治思想が横たわっているんですね。
それは、是非は別として、非常に戦前復古的な、だから「教育勅語は素晴らしいんだ」というようなことを言うと。
そういうことが横たわっているんだということを見つつ、今回の騒ぎを見ていないと(いけない)。
これからの日本がどうなるのかっていう問題がかかっている、というところも注目すべきだと思う。

↑以上、文字起こし終わり

******* ******* ******* *******

「我々がこの学園をつくりあげようとしたのは、皆さん方のご意思があってこそ。そのご意思の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金も入っている」

「2015年9月5日、昭恵夫人が講演に来たとき、現金で、『主人から』と言われ、100万円をもらった」
「『領収書は?』と聞くと、『結構です』と言われた』」

「国有地を買うとき、財務省から神風が吹いて入手できた。財務省と大阪府の関係を、国会で話したい」
「3年くらい前から、急に役所が、小学校開校の計画に好意的になった。大阪府私学課も、財務省近畿財務局も、後押しをするようになった」
「財務省側は、迫田英典氏が理財局長である間に、話を進めたほうがいいと言っていた」

この迫田氏、安倍首相と同じ山口県出身で、15年7月に理財局長に就任。
16年6月17日には、国税庁長官に出世!!

迫田氏の在任中に、籠池氏が証言しているように、物事がトントン拍子に進んでいったようです。

15年9月3日
迫田氏、安倍首相と官邸で面会。

15年9月4日
近畿財務局、大阪航空局の担当者が、森友学園の工事業者らと面談。

15年9月5日
総理夫人昭恵氏が、森友学園の新設小学校の名誉校長に就任。

16年6月20日
8億円引きの“格安価格”で、国有地の売買契約を締結。


ーーーーーーー ーーーーーーー ーーーーーーー ーーーーーーー

「関わった議員はなんぼでもいる。維新とか、あちこちに」

そりゃなんぼでもいるでしょうに、この学園を推してた、日本会議やの神社本庁やの神道政治連盟だのに所属してる議員が、国会にはウジャウジャいるんですから。

そもそも、安倍政権と維新の会と籠池氏を結びつけるきっかけとなったのは、『日本教育再生機構』
これまた『日本会議』ともメンバーが重なる団体で、
〈教育を通じて国民意識を覚醒させ、国家への愛情を取り戻すこと〉と、公然と唱えている。

安倍政権と維新の会が目指す教育方針を、体現しようとしたもの、それが森友学園が開校しようとした瑞穂の國記念小學院だった。

参照:
https://dot.asahi.com/wa/2017031800020.html?page=1

******* ******* ******* *******

■ 遠縁(安倍晋三の甥)遠縁が主催者である『全国高校生未来会議』に、文科省と総務省が後援


最高額4万円(北海道・九州・沖縄地方)〜東京23区1千円の交通費と宿泊費が支給された。
クラウドファンディングを利用した寄付で賄ったが、安倍首相夫人の昭恵氏も応援メッセージを寄せ、目標を上回る397万円あまりが集まった。

2016年3月23日〜25日
「全国高校生未来会議」というイベントが、衆院第1議員会館、および最終日は首相公邸という、大層な会場で開催された。
ちなみにこれは、選挙権年齢が18歳に引き下げられるのを受けてのもので、文科省と総務省が後援し、優秀者には総務大臣賞や地方創生担当大臣賞、さらには内閣総理大臣賞まで贈られた。
いわば、“国を挙げて”バックアップしたこのイベントを主催していたのが、安倍晋三の甥、斎木陽平という24歳の若者だった。


■ 安倍親族が経営している『AO義塾』を、文科省が後援

『未来会議』と『AO義塾』が、異様に文科省からえこひいきされている事情を、詳しく書いてくださった記事を紹介します。
「安倍総理」親族が経営の塾を、文科省が後援 “AO義塾”代表のペテン
【デイリー新潮】2016年12月15日
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/12200810/?all=1

ネジもギターの弦も、長く使うと自然と緩んでしまうから、時に点検が必要だ。
人間も同じである。
12月5日で在任期間が1807日と、中曽根康弘氏を抜いて戦後4位になった安倍晋三総理も、つい気の緩みが出てはいないか、いちど確認してみる価値はあるだろう。
いや、まさか、朴槿恵大統領のように、一部の“身内”への利益誘導に、走ったりはしていないだろうが。

とはいえ、総理の看板を利用したい人がいれば、その看板に“配慮”する人もいることは、認識しておいても損はないかもしれない。

たとえば、今年3月23日から25日の3日間、「全国高校生未来会議」というイベントが、衆院第1議員会館、および最終日は首相公邸という、大層な会場で開催された。
選挙権年齢が18歳に引き下げられるのを受け、全国から選抜された中3から高3の約120人が、地域興しプランを競ったり、
自民党の谷垣禎一幹事長や、民主党の岡田克也代表(ともに当時)ら、各政党幹部の演説を聞いての模擬投票を行ったりしたのだ。


◆ 安倍総理の親族
文科省と総務省が後援し、優秀者には総務大臣賞や地方創生担当大臣賞、さらには内閣総理大臣賞まで贈られるなど、
いわば、『国を挙げて』バックアップしたこのイベントを主催したのは、斎木陽平という、24歳の若者が代表を務める『リビジョン』なる一般社団法人だった。
イベントが開催されるまでの経緯を、文科省幹部が声を潜めて語る。

「『未来会議』の後援については、2013年秋に、初めて打診があって、当初は検討に値しない、とされました。
高校生のイベントは数多いのに、ひとつだけ後援するのはまずいからです。
ところが、昨年9月16日、当時の下村博文大臣から、“全国高校生未来会議を、首相直下の事業としてやってほしい”という指示が下った
(まうみ注・文科省に打診したのは、昭恵夫人であったことが判明しました)
『主催はリビジョンで』、との話でした。
安保法案ですったもんだの時期に、急に『高校生の活力』や『AO入試の育成』と言いだして、省内では皆、『なにが起きたんだ』と思いました

そのとき、『情報』がもたらされたという。

「リビジョンの斎木代表は、安倍総理の親族だ」、と聞かされ、みな仰天したんです。
文科省は、いろんなイベントに公平であるべきだし、リビジョンという法人に、活動実績がほぼないことなどから、文科大臣賞の設定だけは拒んだものの、
『安倍総理の親族だから仕方ない』という言葉の下、後援を余儀なくされたのです」(同)

山口県長門市の、さる市議に尋ねると、

「斎木家は、この地域で、代々医者の家系で、陽平くんの曾祖父は長門市長を務め、祖父の秀彦さんは、安倍晋三さんの父親の晋太郎さんの、長門地区の後援会長だった。
そもそも、安倍家とは遠縁にあたる、と聞いています」

総理ご自身は知ってか知らでか、周囲はこうも、総理の“看板”に配慮するものなのだ。
それでも、イベントを通して、高校生たちが、政治について真摯に考える機会を得られたなら、だれが主催しても構わないかもしれないのだが――。

ちなみに、未来会議に全国から集まる、若者たちの交通費や宿泊費は、クラウドファンディングを利用して、寄付が募られた。
斎木氏は毎日、フェイスブックで寄付を呼びかけ、安倍昭恵総理夫人も〈皆さんのお力を貸して頂けるよう、心よりお願い申し上げます〉などと、メッセージを寄せた結果、目標を上回る397万円余りが集まっている。


◆ AO義塾の広告塔
ところで、斎木氏には、塾経営者としての顔もある。
10年、慶應大学法学部にFIT入試、つまりAO入試で入学すると、その年末には、AO入試対策が専門の「AO義塾」を立ち上げ、今に至る。
その指導内容は後述するとして、件の未来会議では、参加者をAO義塾に勧誘する、ビラが配られていたのだ。
〈未来会議参加者の君へ〉と題され、こんなふうに書かれていた。

〈君たちは、選抜を勝ち抜き、今日ここへやってきた/しかしそんな君たちに問いたい/国会に来ただけでいいのか?/(中略)さぁ、多くの同志たちと志をもって/AO入試という名の旅に出かけてみませんか〉

そして、〈未来会議参加者3つの特典〉として、〈入塾金3万円が無料に!〉などと記されていたのだ。

このことの意味を、教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が説くには、

「文科省の後援を受け、クラウドファンディングでお金を集め、首相までが駆けつけた全国高校生未来会議で、こんな勧誘のチラシを配るのは悪質です」

そのうえ、AO入試は、“未来会議への参加”といった“活動点”があると、合格しやすい
なんのことはない、文科省が安倍総理に遠慮し、昭恵夫人が強く後押しして実現した、全国高校生未来会議とは、“AO義塾の広告塔”だったのである。


◆ “実績ロンダリング”
また、おおた氏は、
「斎木氏は、AO入試の素晴らしさを広めたい、と言っていますが、実際は、逆にAO入試の精神を歪めている」
と話すが、その意味を説くために、さるAO義塾関係者の話に耳を傾けたい。

「AO義塾の2期生に、高校時代からNPOを作って活動し、おそらくそれが評価されて、慶應に受かった生徒がいた。
斎木さんはそこに目をつけ、リビジョンを作ったんです。
その証拠に、リビジョンの設立趣旨から、当初はHPの文言まで、そのNPOとそっくりでした。
そして、AO義塾の生徒をリビジョンで活動させ、その実績を、AO入試の志望理由書に書かせる。
しかし、AO入試は本来、自らの意志でなにか活動をした人を求めているのだから、斎木さんの指導は、AO入試の精神に反します。
実際、そういう子は、大学入学後、まったく活動に参加しません」


こうした手法を、“実績ロンダリング”と呼ぶそうで、“未来会議”はその母体になったのだが、“精神に反する”指導にはこんなものも。
保護者が語る。

「今、高3の息子は、慶應法学部が第1志望で、AO義塾に通わせましたが、
出願ギリギリに、講師から、“これ、前に合格した人の志望理由書を少し変えてるから、安心して出願して”と言われ、情けないながら出願した結果、不合格でした」

さるAO義塾出身者は、こんな話もつけ加える。

塾の関係者が生徒たちに、“ほかの塾の教材を集めてこい”と指示するのを、見てしまいました」

他塾の関係者も言う。

「私たちが塾で教えていた、命より大切な指導ノウハウも、AO義塾に真似されてしまった。
また、ほかの塾に通っていて、“1回おいでよ”と誘われ、志望理由書にちょっとコメントされただけの生徒が、合格実績に入っていたりするのです」

昨年度も、初の東大推薦入試で、14名の合格者を出したと高らかにうたっていたが、AO義塾生の合格率は、全体の合格率とほぼ同じ。
事実上、対策に効果がなかった、と思しき数字なのだ。

そしてもうひとり、ある保護者の話を。

「娘が高3になった今年5月、入塾を検討しましたが、斎木先生に会えるまで1カ月。
娘と一緒に訪れ、明治大学志望だと伝えると、“へぇ、そんな珍しい子もいるんだ”。
それでも入塾を決め、T先生に付くことになりましたが、T先生は1回指導しただけで、次もその次も休みで、私が塾に電話すると、“辞めました”という。
斎木先生の説明を求めても、忙しくて連絡がとれないとかで、やっと先生から連絡がきたのは、2カ月後の9月。
しかも、“T先生と連絡がとれなくて私も困っちゃった”、なんて言うんです」

なお、この詐欺まがいの行為をもいとわない無責任男は、政治家志望を公言
10月に立ち上げられた小池百合子都知事の、「希望の塾」にも参加している。


******* ******* ******* *******

■ 昭恵氏の一言で、『もったいない学会』に8000万円

33:15あたりから
「外務省の役人はなかなか理解してくれなくて、えいやとばかりに私は、理事長と一緒に、安倍夫人のところ、首相官邸まで行きました。
安倍夫人が会ってくれました。
聞いてくれました。
あの人(安倍昭恵)すごいですね。
その晩に首相と話してくれて、首相からすぐに連絡が入って、ぐるぐるっと回って今年予算がつきました」




******* ******* ******* *******

■ 安倍友の『森友学園』に9億円

■ 安倍友の 『加計学園』に131億円

■ 安倍友の 『国際医療福祉大学』に163億円

******** ******* ******* *******

おまけ


ツィッターで流されてきた写真ですが、なんとまあ、どんだけ長い時間打ち合わせしてるんだ?ということが、一目でわかるすごいまとめですね。

籠池氏に続いて、迫田氏、稲田氏、安倍昭恵氏にも、証人喚問を受けさせるべく、もう一踏ん張り、声を上げていきましょう!
そして、この証人喚問を放映しないと言っているNHKに、抗議の声をどんどん上げていきましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水を守り、土を守る。それが... | トップ | 雪かきと猫のしあわせと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。