ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

野菜天国

2016年11月01日 | ひとりごと
前にもここで紹介した、コミュニティ農場。


親友ののりこちゃんが暮らす町の、住民の人たちの支援で成り立っているオーガニック農場。
毎週火曜日と金曜日が、新鮮な野菜をいただく日になっていて、会員の人たちは自分の都合の良い方の日を選んでやって来る。
各野菜に、何パウンドまでとか、何個までという表示が書かれていて、各自それぞれ秤で計っては、せっせと袋に詰めていく。
のりこちゃんは、ここの農場の空気がひときわ美味しくて気持ちがいいからと、火曜日の朝からここに来て、野菜やハーブの収穫の手伝いをする。
そんな人は多分、のりこちゃんだけで、だから農場の人はみんな、彼女のことが大好きだ。

で、そののりこちゃんは今、沖縄にいる。
5年ぶりのウチナーンチュ大会が開かれたからだ。
だからわたしが彼女の代わりに、今週のお野菜をいただきに行くことになった。

******* ******* ******* *******

今日は天気も上々。
さあ出発!と道路に出ると…なんでこんなお山が…。


大きな木が多いので、秋の落ち葉の季節はどこも大変。
毎年、こういう落ち葉の山を見ると、ついつい飛び込みたくなったり、焼き芋がいくつできるだろう、などと夢想する。

高速道路を40分ほど走ってのりこちゃんの町につながる出口から降りると、いきなりのんびりとした牧場や、畑の風景が続く。

あ、新鮮卵の販売?!


残念…もう営業してないっぽいとがっかりしてたら、目の端っこに動くものが…あれれ?あの方々はいったい…?



農場に着いた!


休耕している側の丘。


別の休耕中の広場。


ああ、ほんとに気持ちがいい。


秋の進み具合が、うちの町より2週間ばかり早い。


同じニュージャージー州なんだけども、トランプを支持している人ばっかりで、ちょっとびっくりした。


帰りの道で出会った牛さんや豚さん、とっても気持ち良さそう。







今日の分け前。







こんな素晴らしい野菜をいっぱい、作ってくださった人たちに感謝!
お天道さまに感謝!
そして、すっごくたくさんのお裾分けをしてくれた、のりこちゃんに感謝!
いくらなんでも食べきれないから、柔らかな葉っぱものは、歩美ちゃんに食べるのを手伝ってもらおう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語正文の無い、国民の暮... | トップ | TPPの『毒素条項』に、日本は... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひでまろ)
2016-11-03 09:01:28
写真でも立派な野菜なのが伝わってきますね!
日本は、台風の影響で野菜が異常に高くなっていて
キャベツやブロッコリーが400円なんて状況です><

もやしなど天候の影響を受けない安い物や
道の駅などで安く買ってます♪
道の駅は、安いのに無農薬レベルの野菜が
買えるので重宝してます^ー^
ひでまろさんへ (まうみ)
2016-11-07 11:47:00
はい、ほんとに立派で美味しい野菜さんたちです!
今夜も美味しくいただきました!
日本の野菜の高値、そのせいで給食が中止になった、なんてニュースを斜め読みした覚えがあるんですが、そんなとんでもないことが、本当に起こっているんでしょうか?!

もうほんとに、自給自足の時代が近づいてきているんではないかと、思ってしまいます。
土地をみんなで共有したり、または作ってくださる農家の方々を支えたりして、地産地消の文化をガンガン発展させていかなければなりませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。