ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

泥さん、見守っててください!安倍晋三の、安倍晋三による、安倍晋三のための憲法改悪など絶対に許さない!

2017年05月03日 | 日本とわたし
泥さんが亡くなりました。
まだまだ生き続けていきたかっただろう、64歳の人生でした。



泥さんは、兵庫県の姫路市生まれ。
1969年に陸上自衛隊に入隊し、少年工科学校(今の陸上自衛隊高等工科学校)を経て、ホーク地対空ミサイル部隊に所属していました。
その後、1975年に自衛隊を除隊し、1978年には工場経営、1992年には神戸及び姫路の弁護士事務所に勤務し、多重債務問題などに取り組みました。

まだヘイトスピーチなどという言葉が知られていない頃から、ヘイトスピーチに対するカウンター活動(それもたった一人で)でも、知られていました。
元自衛官という立場から、安保法案に反対し、こんな飛び入りの街頭演説をした(初めてだと言われています)こともありました。
この演説は、わたしもここで紹介させていただいたことがあるのですが、その記事が見つかりません。
そこでこの方、武田康弘さんのブログ記事を、ここに紹介させていただきます。

すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官(防空ミサイル部隊)の泥 憲和さん
【武田康弘の思索の日記】2014年7月5日
http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/40768d2be233f251b6ff75903613f0db?fm=entry_awp

街頭(6月30日 神戸・三宮の街宣活動に飛び入りで) 元自衛官(防空ミサイル部隊所属)泥 憲和さん

突然飛び入りで、マイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、その話をします。
私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。
日本に攻めて来る戦闘機を、叩き落とすのが任務でした。

いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。
でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。
自衛官は、命をかけて、国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。

いま、私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。
日本を守る話ではないんです。
売られた喧嘩に正当防衛で対抗する、というものではないんです。
売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。
それが、集団的自衛権なんです。

なんでそんなことに、自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、 安倍さんは、このように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来い、と言うのです。
冗談ではありません。
自分は戦争に行かないくせに、安倍さんに、なんでそんなこと言われなあかんのですか。
なんでそんな汚れ仕事を、自衛隊が引き受けなければならないんですか。
自衛隊の仕事は、日本を守ることですよ。
見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが、仕事なわけないじゃないですか。

みなさん、集団的自衛権は、他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。
当然ですよ。
だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしから、テロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて、市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

みなさん、軍隊はテロを防げないんです。
世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。
自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。
みゆき通りで、爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊は、テロから市民を守れないんです。
テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと、逆恨みされたんではたまりませんよ。
だから私は、集団的自衛権には、絶対に反対なんです。

安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を、自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいと言いました。
みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。
日本人を、米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。
そのことは、アメリカ国防省のホームページに、ちゃんと書いてあります。
アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助する、と書いてますよ。

ベトナム戦争の時、米軍は、自分だけさっさと逃げ出しました。
米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら、友軍でさえ見捨てますよ。
自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。
そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。
どうしたと思いますか。
軍隊が赤十字に守られて、脱出したんです。
そういうものなんですよ、戦争というのは。

安倍さんは、実際の戦争のことなんか、まったくわかってません。
絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来い、と言うんです。
自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を、毎日やっています。
一発撃ったら、人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。
だから、自衛隊は、慎重に慎重を期して、使って欲しいんです。
私は、自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。
使い方を間違ったら、取り返しがつきません。
ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。
でもね、戦場は国会とは違うんです。
命のやり取りをする場所なんです。
そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

みなさん、閣議決定で、集団的自衛権を認めてもですよ、 この国の主人公は、内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは、第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という、個人のアクシデントでつぶれるのが、内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら、日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

これからが正念場です。
だから、一緒に考えてください。
一緒に反対してください。
選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に、投票してください。
まだまだ勝負はこれからです。
戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。
しっかりと考えてくださいね。
ありがとうございました。


******* ******* ******* *******

この2014年4月に、泥さんは癌のため、余命一年と宣告されていました。
だからこのスピーチは、そん宣告から2ヶ月ほどが経ってからのものです。
泥さんは、余命が一年ならと、以前より増して、精力的に、日本全国を駆け回り、集団的自衛権、改憲問題、人種差別などの様々な社会問題について、話し続けました。

その泥さんを、東京新聞は、一面で紹介していました。



そして2015年9月14日、いよいよ安保法制の強行採決が迫っていた頃、国会前で、このようなスピーチを行いました。

文字起こししてくれたきーこさんのブログ記事を、ここに紹介させていただきます。

<安保法制反対国会前>
元自衛官 泥憲和さん「安倍総理は自衛隊をとんでもないものに変えようとしています」(文字起こし)
【みんな楽しくハッピーがいい】2015年9月14日
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4357.html

2015年9月14日 国会前





元自衛官 泥憲和さん:

ありがとう、おつかれさまです。
私は今日、参議院の議員会館で、ある集会に参加してきました。
それは、「自衛官の人権を守る」そういう集会です。
私ね、びっくりしました。
自分が自衛隊にいた時には、「自衛官は大学に来るな!学ぶ人権はない、お前達に人権はない!」と言われていたのに、
なんて日本の民衆の人権感覚って広くなったんだろう。
本当にびっくりしました。
もう、うれしくてうれしくって。

ところが、私が自衛隊の時に、「私たちが誰を守るか」という事を教えてくれた時に、ベトナム戦争の真っ最中でした。
全国で、反対デモが起こりました。
「自衛隊をなくせ」、という声もたくさんありました。
私たちは、教官に教えられました。
「『自衛隊をなくせ』というああいう国民を、有事の時には、君たちは命をかけて守るんだ」
「だから、自衛隊というのは、崇高な使命なんだ」
そういう風に言われたんです。
それが、私がいた時の自衛隊です。

ところが今、安倍総理は、その自衛隊を、とんでもないものに変えようとしています。

いま、水島先生の話を聞いたら、遠い遠いアフリカに行って、大国と一緒になって、アフリカの国々で、縁もゆかりもない人を撃つとしたら、自衛隊は殺すかもしれない。

みなさん、大洪水があったじゃないですか、大雨の。
そして陸上自衛隊、災害派遣の隊員達が、一生懸命住民を救助していました。
あれが自衛隊の姿ですよ。
そして、一人一人の自衛官は、「ああいう事がしたい」と言って、自衛隊という職場を選んだんです。
遠い遠い大国で人殺しをするために、自衛隊に入った人なんていませんよ。

ところが、「自衛官は政治的活動に関与してはならない」という、そういう法律があります。
だから、自分では声をあげられません。
そこで、私たちOBが、現役に成り代わって、彼らの胸の内を語らなければならない、と思っています。

私は、ミサイル部隊にいました。
今こちらに、元レンジャー部隊の、井筒さんが来ていらっしゃいます。
それから、今日の自衛官の人権を守る集会で、スピーチなさったのは、なんと、今年まで自衛隊の戦車部隊にいた、末延(すえのぶ)さんという方です。
補給部隊の井上さんという人も、顔と名前をあげて、今、戦争法案反対を訴えています。
元自衛隊OBが、●されています。

そして、この前国会で、自衛隊の機密文書が出てきたじゃないですか。
24万7000人いる自衛官の中で、たった350人しか出席できない会議だったんです。
そこで配られた資料なんです。
たった350人しかいないエリート中のエリート。
そこから資料がリークされました。
どういうことですか?
最高幹部ですよ。
その資料をリークした事がばれたら、その人の一生は台無しです。
守秘義務違反という事で、刑事罰にされます。
懲戒免職されたら退職金もない。
自衛隊の関係者の中で、もう信用も何もなくなっちゃってて、一生を●にしてしまう。
だけど、そのリスクと、日本が戦争に向かっていくリスクと天秤にかけたら、
「俺の人生かける時だ」と思って、あれをリークしてくれた幹部自衛官がいた、という事ですよ。

その決意をね、その決意を引き出したのは、みなさんのこの集会そのものです。
本当に感謝します。

今日は、私もちょっと、賢いところを見せたいと思います。

安倍総理は、「日本は国際貢献が足りない」と言うでしょ。
だから、「PKOに、これからどんどん積極的に参加していくんだ」そんなふうに言います。

じゃあね、国連常任理事国が、PKOに、どれくらいの兵隊を出しているか?
国連資料で、去年の数字が上がっています。
ドイツが204人です。
イギリスは280人ぐらいです。
自衛隊は250人近く出しています。
もう西側先進国並みの貢献は、ちゃんとしているんですよ。

じゃあアメリカは、何人出しているか!?
去年1年間で、113人しか出していないんですよ。
自衛隊の半分以下ですよ。

自分の勝手な戦争には、何万人も送り込む、そんなアメリカですけど、
世界の平和と安全のために手伝ってください、PKO出してください、って国連が頼んでも、113人しか出さない。
そういう国なんですよ、アメリカは。
おかしいでしょ。

しかもですね、そのアメリカが、自分たちのする戦争の、教科書を作っているんですね。
「低強度戦争の軍事戦略」という、テロとの戦いのことを書いた教科書があります。
米軍の教科書です。
それを読んだら、どういうことが書いてあるか?
一番初めに書いてあります。

「テロとの戦いは、アメリカの国際的利益を守るためだ、推進するためだ」

自分の都合でやっているんですよ。
なにもテロから世界を守るんじゃない。
そんなアメリカと、自衛隊が一緒になって海外に出て行ったら、どんな使い方をされるか。
冗談じゃないよ、ということです。

この法案を、廃案にするまで諦めないで、諦めないで、毎日毎日ここに結集して、集会をやってデモをやって、
それも全国の全国で集まって、国会に声を届けて、安倍総理を引きずり下ろして、廃案にしましょう!

最後に、警備の警視庁の皆さん、どうもご苦労様です。
私も自衛隊で、散々なことを言われたので、みなさんが色々と、散々なことを言われているけれど、
それはみなさん仕事でやっているんで、上から言われてやっているんで、好きでやっているわけじゃないことはわかります。
あなたがたを、そんなに人の嫌われ者にさせているのはね、やっぱり安倍ですよ!
市民と手をつなげる警察にするためには、みなさんも、安倍総理を引きずり降ろすために、今度の選挙、お願いします。

ありがとうございました。


******* ******* ******* *******



けれども、その3日後の17日に、安保法案が、与党によって強行採決されてしまいました。

国会の外では、激しく降る雨にもかかわらず、大勢の人たちが反対の声を上げていました。







******* ******* ******* *******

そして今日、2017年5月3日、70回目の憲法記念日に、泥さんは亡くなりました。


大勢の人が集まり、自民党がまた強行を目論んでいる憲法改悪に、反対の声を上げました。






野党の党首全員が、揃ってこのように立ったのは、画期的なことだと思います。





憲法記念日にちなんだ、NHKのアンケート調査では、






という結果が出ています。


一方、憲法改正に執念を燃やす日本会議が主催する集会も開かれ、


その集会の場に、安倍首相からの、ビデオレターが公開されました。


「東京五輪が開かれる2020年に、新しい憲法を施行させたい」

この男は、また大酒でも飲んで酔っ払っているんでしょうか?
シラフだとしたら、なんという軽薄さでしょう。
この男は、オリンピックをダシにして、なんでもかんでも決められると思っています。
オリンピックとさえ言えば、共謀罪も憲法改悪も、国民なんてコロリと騙されるし、強行採決したって誰も何も言えないと。

けれども、改憲について、施行の期日や内容をこんなふうに公の場で語るのは、重大な違反です。
憲法99条の「憲法尊重擁護義務」に違反し、立憲主義に反するからです。

野党議員はこのことを指摘し、追求してください。
新聞テレビも、このことについて報道してください。

そしてまた今、急に、教育の無償化などという、国民が食いつきやすい話を出してきましたね。
無償化など、憲法をいじらなくてもできることです、その気があれば。
もうほんと、しょうもない政権のしょうもない言葉遊び、止めさせましょうよ。

民進党の蓮舫党首がこんなふうに言いました。
「緊急事態条項や教育無償化、今度は自衛隊。毎回言うことが違う。なんのために誰のために憲法改正するのか見えない」
「総理の、総理による、総理のための憲法改悪に反対!」


その通りだと思います。

安倍晋三の、安倍晋三による、安倍晋三のための憲法改悪など、絶対に許さない!


憲法施行70年
【東京新聞】2017年5月3日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017050302000138.html

日本国憲法は3日、施行から70年を迎えた。
1947年5月3日の施行から、一文字も変わらず、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三原則を掲げてきたが、
改憲は今、現実的な政治テーマになっている。
 
昨年7月の参院選の結果、与党と、改憲に前向きな野党の改憲勢力が、衆参両院で3分の2以上を占め、数の上では改憲発議が可能に。
2014年施行の改正国民投票法で、改憲手続きは確定している。
衆参両院に設置された憲法審査会では、テーマごとに議論が進む。
 
改憲勢力は、国会議員の任期延長特例や教育無償化など、比較的国民の理解を得やすい分野から、改憲を目指す方針。
安倍晋三首相は、来年の自民党総裁選で、3選された場合、任期となる21年9月までの改憲に、意欲を示す。
今月1日、改憲を目指す超党派議連の大会で、「(憲法施行70年の)節目の年に、歴史的な一歩を踏み出す」と訴えた。
 
共同通信社が、今年3~4月に実施した世論調査では、
改憲を必要とする回答が、「どちらかといえば」を含めて計60%に。
一方で、安倍首相の下での改憲には、51%が反対
憲法で、自らの人権が「守られている」「ある程度守られている」との回答は、計91%に達した。

******* ******* ******* *******

毎日新聞、朝日新聞、読売新聞に出された、意見広告です。


憲法70年、未来につなごう

武力で
平和は 
つくれない。
今までも、
これからも。

黙らない
この意見広告は、
主権者であるわたしたちが、
直接発言する紙上のデモです。


******* ******* ******* *******

泥さん、どうか見守っててください!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土だ〜! | トップ | 『愛いろいろ』と『青たん』... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり戦争は嫌だよね。 (どま)
2017-05-05 23:34:55
私は60才の中年おばさん。日中戦争(第二次世界大戦)の事をちょっと知ってる。戦争中、「天皇は偉い、日本は素晴らしい」と唱えながら一方で「本当にそうだろうか、満足に食べてないよ、空襲が怖いよ」と考えていた事。 終戦の時、負けたってのに、 戦争からの解放感から戦争反対になった事。ほとんどの人が戦争が嫌だに変わった事。それでアメリカの言いなりになった事。結構惨めな扱われ方したけど。理屈なんかどうでもいい、戦争が自分に関わって欲しくなくなった事。アジア諸国への害について考えたのはそれより後になったけど。どうしてそんなに嫌だったのか。また戦争をやった時、勝てばいいんだと思うのか。軍の偉いさんも勝てばいいんだと思っていたんだよ。ごまかして「勝ってます」と国民に嘘をついてしまう位勝ちたかった事。でも戦争はどっかの国が勝つとどっかの国が負けるんだよね。あの戦争では日本が負けたね。戦時中の辛さと戦後の惨めさを知る日本がなぜまた戦争をしようとするのか。いや、戦争をしようとしているのは一部の人だね。戦争をよくは知らない人達と、知ってるけど戦争をしたい日本人の皮を被ったエセ日本人。エセ日本人はすぐに日本から出て行って欲しいな。勿論政治の中枢に居られては困る。あの戦争がすごく嫌だった事を当時の人達が言っているじゃないの。
憲法だから守りたいんじゃない。 (どま)
2017-05-06 07:49:44
現行憲法を守りたいのは、それが私達の(日本人の、地球上のほとんどの人達の)生きていく為には揺るがせにしてはいけない事が定められているからだ。誰が作ったんだろうと、「ありがたい事が書いてある、戦争をしたくないんだ、まともに暮らしたいんだ」の為に役立つ事が書いてあるからだ。(ありがたくない人は、倫理的には人間ではあるまい。)改悪されたくない。改悪された憲法など守りたくない。
安倍さんに (淡水真珠)
2017-05-06 16:46:45
文句を言わずアメリカで活動すれば良かったのに。アメリカは他国を戦争に巻き込むなって。もう遅いか(>_<)
どまさんへ (まうみ)
2017-05-12 23:31:57
『現行憲法を守りたいのは、それが私達の(日本人の、地球上のほとんどの人達の)生きていく為には揺るがせにしてはいけない事が定められているからだ』

このことに、わたしも心から同意します。
この平和憲法を、世界に推し進めるべく外交に尽くすことが、日本の政治家としての態度ではないかと思います。

そしてそのことを、主権者であるわたしたち市民がまず、しっかりと認識し、支える行動を取らなければなりません。
人任せにしていてはいけないことだということを、子どもの頃からの教育の中で教えていけるよう、きちんと議論をして、変えていくべきだと思っています。
淡水真珠さんへ (まうみ)
2017-05-12 23:45:32
アメリカ国内にも、他国を巻き込む戦争をこれ以上起こすなという抗議が、あちこちで起こされています。
退役軍人たちが、自らの経験を公の場で話し、戦争はやってはいけないと訴えています。
けれども、現存する軍はあまりにも大きくなり過ぎていて、それを根こそぎひっくり返すことなどできませんので、市民は自分たちの暮らす町の議会に訴え、それを州に上げ、そこから連邦政府にという流れを作っています。

それぞれ国が抱えてしまっている問題は、まず第一にその国に暮らす人々に影響するものです。困っている人たちを見過ごすことができなかった泥さんは、まず自分の身の回りにある問題に立ち向かっておられたのだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「泥憲和さん、本当にありがとう」No.1396 (毎日がちょっとぼうけん)
泥憲和さん、 昨日、5月3日憲法の日の朝にあの世へ旅だってしまいました。 生きていて欲しかったです。 生きていて欲しかったです。 泥さんも、こんなに早く逝ってしまうとはご......