ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

深まる秋に思うこと

2016年11月06日 | ひとりごと
今朝2時、まだ真っ暗な中、サマータイムが終わった。
時計を1時間繰り上げるので、日本との時差が従来の14時間になった。
これでまた、日本に暮らす家族との連絡が、ちょっとだけ不便になる。

紅葉がぐんぐん広がり、どこもかしこも落ち葉だらけ。
葉っぱの雨を受けながら、車を走らせていると、必ず「ありがとう」の言葉が口をついて出てくる。
春の瑞々しい若葉が、陽の光に輝く成熟した緑の葉となり、そして様々な秋色に染まって落ちていく。











約7ヶ月の間、いろんな喜びや楽しみ、そして慰めを与えてくれて、ありがとう。


今週の中頃から末は、ひさしぶり息子ふたりと、別々に会うことができた。
長男くんは、先週の木曜日から来週の月曜日まで帰省して、マンハッタン時代の友人に会ったり、クライミングを楽しんだりしている。
次男くんは、昨日の映画を一緒に観て、その後ニュージャージーまで戻り、『いろいろあったけど元気出しな!夕食会』を一緒に食べた。
どちらもアラサーのおっさん(彼ら曰く)なのだけど、家に戻ったらチビ時代そのままに、わたしはせっせと世話焼きをしたくなる。


さて、明日からの1週間は、教えている生徒たちの発表会に向けての最後の週だ。
生徒たちは、夏休みを挟んでの、9月からの新生活の混乱の中、一所懸命頑張っている。
そんな彼らのためにも、わたしもできるだけのことをしてあげたいし、自分自身の練習もしなければならない。
そして発表会が終わったら、ようやく毎年恒例の、と言えるようになった、2週間の休暇を取って日本に行く。

長い間、この2週間の休暇を告げる時、なんだか申し訳ないという気持ちになるのを止められなかった。
様々な国から移り住んでいる人たちで成り立っているこの国の社会では、帰りたい時に、帰る必要がある時に帰るのは、その人の権利であり、当たり前の行動なので、
わたしが遠慮がちに、申し訳なさそうに、ちょっと2週間ほど、日本に旅行に行くと言うと、
生徒の親御さんたちは決まって、パッと笑顔になって、「それはよかった、楽しんできてね」と、誰もが喜んでくれるのに…。

ピアノの教師が休暇を取る。
というのは、わたしが習っていた時代(それはもう、半世紀も前のことなのだけど)には、あまり無かったような気がする。
生徒の方も、レッスンを欠席するなんてことは、よほどのことが無い限り考えられなかったし、許されないと思っていたような気がする。
時代が変わり、国が変わり、文化や、わたし自身の暮らしの経済、そしてわたし自身も変わってきたはずなのに。

まあ今年もまた、1年頑張ってきた自分への褒美、みたいなタイトルをつけて、わたしは飛行機に乗り込むんだろうな。
いつか、そんな褒美でも何でもなく、ひょいっと行きたい時に行ける自分になれる日が、来ることを願いつつ…、

ブログ記事の更新がかなり少なくなるか、もしかしたら12月のはじめまで、ずっとできなくなるかもしれないことを、先にお詫びしておきたいと思います。
今もまた、原発問題、汚染問題、被ばく問題、TPP問題、緊急事態条項問題、豊洲問題、オリンピック問題、米軍基地問題…と、次から次へと起こってくる問題について、書きたいことがいっぱいあるのですが、
いかんせん、体はひとつ、心もひとつしかありません。
だからまず、わたしがわたしであること、心身共に健康を保つことを最優先にするには、あきらめなければならないことが出てきます。

でも、もしよかったら、カテゴリー毎にいろいろと書いてきたものがあるので、読んでいただけたらとても嬉しいです。
なんて言いながら、またせっせと書き込んでいるのを見つけたら、「こら、まず今せにゃならんことをやれ!」と叱ってください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユンカーマン監督「沖縄を『... | トップ | 米国『“ガラスの天井”は高か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。