あえいうえおあお☆

新人劇団員の徒然日記です・・・

12月19日(金)のつぶやき

2014-12-20 06:58:55 | 日記

お久しぶりのツイッター(≧∇≦)
明日は忘年会(*^^*)
今年あと何回飲めるかな?


コメント

8月2日(土)のつぶやき

2014-08-03 06:05:33 | 日記

謎のモダン館 まゆのブログ更新しました。

大分名物と言えば・・・ goo.gl/891SVy


コメント

大分名物&観劇 モダンちゃんたちの日帰りツアー (大分名物編)

2014-08-02 08:58:49 | 日記
先日、劇団員3人で大分へ観劇旅行?に行ってきました。
久しぶりのお出かけに大興奮で、前日から嬉しすぎて眠れなかったり、朝早く目が覚めたり・・・
まるで遠足の前日の小学生なみな私たち(笑)

車中では、大分の名物話で盛り上がる。
から揚げ、とり天、だご汁、かぼす、しいたけ、やせうま?
とにかく大分に着いたら美味しいもの食べたいね!!という話をしながら途中高速のサービスエリアで休憩。
そこで目撃した、串にささったたこ焼き・・・
小腹がすいた私たちは、その誘惑に負けてしまい大分名物の前にたこ焼きを食す。



たこ焼きを食べてテンション上がりつつ、大分のアーケードらしきところへ到着。
早速「とり天ランチ」の看板を見つけ入ったお店はちょっとオシャレなカフェ。
メニューを見ながら、結局頼んだのは「ホットサンド」「グリーンカレー」「チキン南蛮」
みんな大分名物ではないですけど、それは夜にかけることにしましょう!!ということでいざ観劇へ。

北区 ACT STAGE の「飛龍伝2014」
なんと表現したらいいのかわからないけど、とにかく感動と衝撃を受け大興奮な私たち。
興奮冷めやらぬまま再びアーケードへ。
大分名物を求めさまよい歩く私たちがみつけたものは・・・




「ビリケンさん」



「札幌ラーメン」

と、大分には関係のないものばかり。
結局入ったお店はこれまたオシャレなカフェバー的な感じで、そこでは「パンケーキ」「チリドック」「ビール」

デパ地下で、とりあえず大分のお土産をゲットし、「売春捜査官」のビデオ上映へ。
そこでも更に衝撃と感動を受け・・・

大興奮しながら、長崎への帰路を急ぐ私たちでした。

なんだかんだ妄想はしていたのに、結局のところ大分名物にはありつけず・・・
またの機会にリベンジしたいと思います!!
コメント

7月9日(水)のつぶやき

2014-07-10 06:38:11 | 日記

謎のモダン館 まゆのブログです☆
ひとまず長崎公演、終演しました〜。次は福岡??
goo.gl/Gy0a9a


コメント

「BLACK GATE」を終えて・・・&感謝!!

2014-07-09 08:51:57 | 日記







謎のモダン館「BLACK GATE」長崎公演、終演しました。

雨の激しく降る中をご来場いただいた皆様、
お手伝いいただいたスタッフの皆様、客演の伊折さんと努さん。
その他、この作品に関わっていただいたすべての皆様に心から感謝いたします。
ありがとうございました!!

終わってから、興奮冷めやらぬうちに感想を・・・と毎回思うのですが、
いろんな思いが強すぎて、なかなか言葉にできません。
今も頭の中はぐるぐるですが、記憶の確かなうちに(≧▽≦)

4月に復帰し、早速台本(まだ未完成)をいただきました。
最初に台本をいただくときは、ほんとに嬉しくてワクワクします。
私はどんな役なのかな?どんな話になるのかな?と想像するだけで、御飯3杯・・・
私の場合はビール3本(笑)いけちゃうくらいです。
新人が二人も入り、デビューを楽しみにしていたものの、いつの間にかいなくなり・出れなくなり・・・
どうなることかと思いましたが、客演の方たちが快く引き受けてくださり、一安心。
まあ、このあたりはまだ想定の範囲内(笑)

役者が変わったので、配役が変わることも視野に入れ?
物語自体も大きく変わるのかと心配もしましたが・・・
今回はそれもなくとても順調に台本も完成し、修正が少し入りつつ、最終稿をいただいたのが1週間前。
まあ、それも想定の範囲内ではあったものの・・・
自分の中でうまくバランスが取れず、気持ちだけが焦ってしまい、頭がついていかない。
台本を読んでも読んでも頭に入っているつもりでも、ポカンとぬけてしまう。
本番直前まで、みんなに迷惑をかけてしまい、また反省。

でも、本番はみんなの力を貸してもらい・・・なんとか大きなミスもなく演じきることができて一安心でした。

いつものことですが、本番前をまじかに迎えると、なんだかドキドキして逃げたくなります。
楽しい気持ちもどこかへ飛んでいき、苦しい気持ちだけが心を支配します。
もうこれで終わりにしようと、その度に思います。
でも、逃げずに結局は本番を迎え演じるのは、
一つは「一度始めると決めたことはとことんがんばる」という自分自身に対しての意地。
そして、お客様から「よかったよ」という言葉をもらったとき、
今までのすべての苦労が報われたような気がして、また次への力となるのだと思います。

そしてもちろん、一緒に演じきった最高の仲間たちがいるから。
もちろん役者だけでなく、照明やら音響やら、いろんなものがミックスされて、
一つの舞台を作り上げたことへの喜びが、また大きな力となるのだと思います。

今回の作品をもって、音響のとびさんが退団することになりました。
とびさんの選曲はどれもこれも大好きで、その曲を聴くたびに、
その作品の情景や思い出が一瞬のうちによみがえり、とても懐かしくて、温かくて、切ない気持ちになります。
私よりもずいぶん若いのですが、しっかりしてて優しくて、お兄さん的な存在でした。
稽古場でとびさんに会えなくなるのはとても淋しいですが、しばらくは家業に専念されて・・・
いつの日かまたいっしょに、作品を作り上げる日が来るまで、
私ももっともっと精進します。
ちゃんとお礼言えなかったから、この場をお借りして。とびさん、ありがとうございました!!











コメント (4)