あんだーせぶん

まゆ子「……異常気象なんじゃないの? 太陽が増えてるとか」
ニア  「その発想が異常だと思うよ」

キック・アスは俺らの映画

2010-12-26 21:05:44 | 映画
ニコラス・ケイジが出演しているわりに、いまいち認知度が低い映画「キック・アス」を観た。
来たねこれは…。ヤヴァイよ。まさに「俺ら」のために作られた映画だよ。

あらすじ:
コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる高校生の主人公デイヴ(アーロン)。ある日、インターネットで買ったスーツとマスクを着て、自分もヒーローになったつもりで勝手に街へ出て正義のために活動を始める。その初出動で、あっさり犯罪者にやられてしまうのだが、その捨て身の姿はネットで話題になり、 “キック・アス”の名で一躍有名に。一方で、“ビッグ・ダディ”(ニコラス)とその幼い娘“ヒット・ガール”(クロエ)は、本格的な訓練を重ねながら、地元マフィアの犯罪組織を壊滅しようと、チャンスをうかがっていた。やがて、“キック・アス”は、“ビッグ・ダディ”&“ヒット・ガール”と犯罪組織のバトルに巻き込まれていく。
(オリコン)

ブラックな要素や、ハードコアなアクション、ギーク(オタク)の悲哀など…。
いろいろと語れる要素はあるんだけど、この映画最大の見所はなんといっても「ヒット・ガール」でしょ。

幼女 + 武器・格闘 = 萌え

メリケンどもも、ようやく日本に追いついてきたな。
クロエ演じるヒット・ガールが、大人たちをバッタバッタ殺しまくるシーンは最高にカッコカワイイ。
これはもう「萌え」意外の言葉が思いつかないわ。

俺、アメリカ人にはいわゆる「ロリ萌え」は永遠に理解できないって思っていたんだけど、
この映画を観て考え方が変わったわ。
太平洋の向こう岸にも「俺ら」と同じ魂を持ったやつがいるんだな。

コレ作ったやつマジ「分かっている」。
ヒット・ガールは、洋画幼女では、ハーマイオニーに勝るとも劣らない逸材だよ。
外人はすぐに成長しちゃうからな。「お早めにご賞味ください」だぜ。

この映画はもっと評価されるべき。
俺はこの映画を超応援します!

「すぺーすばとるしっぷ(笑)」なんて見ている場合じゃねぇぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライトノベルの楽しい書き方... | トップ | アイドリング!!! 9thライブに... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほどね (あかお)
2010-12-26 23:04:27
11歳のアクションに萌えちゃいかんから,
「R指定」なんだ。
日本は「R15+指定」だけど。

問題は,この映画が静岡県内では,
藤枝で1日2回しか上映していないということだろう。
Unknown (NieA)
2010-12-26 23:39:09
上映館少なすぎますよね。
もったいない…。

そういえばヒットガール屈指の名セリフ
"Okay you cunts"
予告では"雑魚ども"などというクソ訳になっていますが、
本編ではちゃんと(?)
"腐れ○んこども"となっていました。
R指定の良心を垣間見ました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む