ごろっと、えほんをひろげよう

子供と一緒に絵本、本を読んで早や10年。今は学校図書館司書をしています。読んできた本読みたい本を綴りたいと思ってます。

山んばあさんとむじな

2016-09-18 17:20:09 | 低学年読み聞かせ
 2学期も三週目に入って、図書室にクラスの時間で
来てくれるようになってきました。
 1年生のクラスは、子供たちが少しにぎやかに始まった
ので、担任の先生とお話しして幾つかルールを決めました。
 本を選んで座り、10分間一人でしっかり読む。
それから、ひとりに本の紹介をしてもらう。
 呼びかけると、それなりに出来ました。
定着してくれたらいいですね。

 さて、授業の最初で読んだのは
「山んばあさんとむじな」という絵本です。
いたずら者の4人の子供が山に入って悪さばかり
します。山んばあさんに注意をされますが
ちっとも聞かず、とうとうむじなに化かされて
怖い目にあいます。
 最後は山んばあさんの正体が明かされ…。
むじなは化かすたぬきのこと。
 
 読んでからたぬきの出てくる本を
紹介しました。「少年と子だぬき」「ぶんぶくちゃがま」。
本当は「少年と子だぬき」を読みたいところです。

これからの季節、なんとなく
たぬきって感じがするのですが、今の子供達には
分からないかな~。
でも頑張って紹介していきたいです。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 図書館の神様 | トップ | 「しろくまのパンツ」「うん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

低学年読み聞かせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL