ごろっと、えほんをひろげよう

子供と一緒に絵本、本を読んで早や10年。今は学校図書館司書をしています。読んできた本読みたい本を綴りたいと思ってます。

すばこ

2017-06-28 20:18:18 | 低学年読み聞かせ
 2年生の図書の時間に課題図書の「すばこ」を
読み聞かせしました。このクラスは1年の頃から
図書の時間に読み聞かせを続けているのでどんな
本でも、集中して聞いてくれます。

「すばこ」はドイツの侯爵が自分の森に鳥を呼び寄せ
たくて、巣箱をたくさん自分の森の木にかけて
置いたところ、害虫を食べてくれたので、まわりの森が
害虫で枯れてしまったのに無傷で済んだ。それで巣箱の
重要性がわかり世界に広がっていった。というお話です。

 表紙の緑の森と、架けられた巣箱がとても綺麗です。
中の絵も素敵で、好感が持てました。
ついでに鈴木まもるさんの鳥の巣の本やたまごの本を
紹介して見てもらいました。
 担任の先生によると、読書感想文の宿題は無いそうです。
けれどこうした本はしっかり紹介していきたいと
思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳の聞こえないメジャーリー... | トップ | いのちのおはなし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

低学年読み聞かせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL