ごろっと、えほんをひろげよう

子供と一緒に絵本、本を読んで早や10年。今は学校図書館司書をしています。読んできた本読みたい本を綴りたいと思ってます。

言の葉の庭

2017-05-18 20:46:28 | 一般書
 息子から借りた新海誠監督の小説「言の葉の庭」を
読みました。
 幾つかの章に分かれて、主人公秋月孝雄くんの周辺の
人たちの話が語られているのですが、それが少しややこしくて
読み進んでいけば関連性もわかるのですが、出てくる人々の
繋がりに足りないところもあったり、この人物にまた別の
誰かの登場は必要あるかな?と思うことが多かったです。
 もう一人の主人公雪野は孝雄の学校の教師だったのですが
だんだんとそれが明かされていき、そのあたりから
面白く読み進めることができました。
 最後の方は、前半の人たちの章が必要だったのかな?と
思うくらい駆け足でストーリーが進んで行きました。
 と息子に話したら、アニメはほとんど孝雄と雪野の
話だけとのこと。なるほどねと実感しました。
 内容は・・・と思う本でしたが、新宿御苑の東屋で雨の
中、二人が徐々に気持ちを寄せていく様子は
すてきにイメージが湧いてくる言の葉の情景でした。
 折角なので、アニメも見てみたいと思い息子に
レンタルをお願いしました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「本ってどうやってできたの... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL