ガス太郎遠征日記!( がんばれ!FC東京サポーター!)
ひらすけ(男)&バモ子(女)&ガス太郎(オス?)板橋区民3人のFC東京観戦日記、遠征日記、食い倒れ日記




ガス太郎:
ふぁいやー!ガス太郎や!


バモ子:
試合観戦の前日は今回もタテさんをお誘いして心斎橋へ。


ガス太郎:
大阪遠征初心者の頃、ワイらの拠点は梅田ダンジョンやった。
新世界、なんばを経て今は心斎橋が心のオアシスやな!


ひらすけ:
〆は今年も龍の巣さんのカスウドン。


タテ:
カスサポですからね。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









ひらすけ:
鉄筋コンクリートだとすっかり見くびっていましたが大阪城の展示物はレベルが高いですね!!
ほとんどが撮影禁止で写真が載せられないのが残念ですよ。


ガス太郎:
淀君と秀頼の自刃した山里丸が天守のすぐ裏にあったとは知らんかったな。
にっくき家康にあぶり出される様が目に見えるようで悲しくなったで。


ひらすけ:
気を取り直して大阪城内にある豊国神社に行きましょうよ!


太閤殿下の銅像が飾られているところって珍しいんですよ!!
ほら!ご朱印も頂けます!!


バモ子:
なんで久能山東照宮のご朱印帳にもらっちゃうあなぁ~。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









バモ子:
元々、石山本願寺の境内であった大阪城には本願寺の遺稿も遺構も沢山あります!




ガス太郎:
ここに本願寺が建っとった訳や!
本願寺顕如の袈裟懸の松も根っこだけやけど残っとる!




ひらすけ:
大手門をくぐって最初に目にはいる千本桜は石山本願寺の頃からここにたってます。


死をも恐れない門徒宗の結束は高く石山本願寺の制圧に信長は実に11年もの歳月を費やす事になります。


この千本桜はそんな信長を見下ろし続けていた訳ですね。


バモ子:
きっと錯乱してたんだろうね。


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









ガス太郎:
城郭巡り10年にしてついに太閤殿下の大阪城へたどり着いたでぇ!!
まぁ今、残っとるのは大阪城は徳川秀忠の作った天守閣やけどな。


バモ子:
ぜったい違うよ~!
秀忠は鉄筋コンクリートのお城なんて造ってないじゃん!


ひらすけ:
良いところに気がつきましたね!
太閤殿下の黒漆喰大阪の天守閣城は1585年~1615年
大阪夏の陣までの20年間。


徳川大阪城の天守閣は
寛永3年(1626年)に再建されたものの寛文5年(1665年)落雷により焼失で39年間


現在の鉄筋コンクリート城郭は昭和6年から立ち続けて、既に90年ほど存在する訳です!!


バモ子:
と言うことで鉄筋コンクリート造が本物の大阪城です!


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )










バモ子:
三光神社を後にして大阪城を目指してそのまま北上してくとカトリック大阪玉造聖マリア大聖堂が見えてきます。

(高山右近)

ひらすけ:
すぐ近くに細川ガラシャが自害した細川家の大阪屋敷があってキリスト教の第一人者であった高山右近と共に石像が飾られています。

(細川ガラシャ)

バモ子:
ステンドグラスから光がこぼれて神々しい空間の聖堂内。
きっとガラシャ今頃、喜んでいるんだろうね。


ガス太郎:
散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ
ガラシャの辞世の句や。

花も人も散り際をわきまえてこそ美しい。って意味や。

せやからワイらも散るときが来るまで精一杯、生きねばならん!
名前が地名として残るほどにな!

(細川屋敷あと。越中井)

ひらすけ:
なるほど。細川ガラシャの造った町だから玉造って命名なんですね!



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







« 前ページ