中澤まゆみブログ「コミュニティヘルスのあるまちづくり」

医療と介護、高齢社会をテーマに書くノンフィクションライターのブログ。

住民主体で動き出した「幸手モデル」

2017-07-13 17:07:18 | 日記
中野智紀さんの取材記事

ATTENTIONという雑誌で、「幸手モデル」中野智紀さんの取材記事を書きました。
「幸手モデルって、実はよくわからない」という人にとって、
「そうだったんだ~」と納得できる記事になったのではないかと思います。
ウェブ版も出ましたので読んでください。

雑誌がほしい方は、ウェブサイトから送付の申し込みもできます。
「三鷹の嚥下と栄養を考える会」が主催する「KAIGOスナック」の記事もありますよ。
雑誌は文字数に制限があるので駆け足になりましたが、
「幸手モデル」については、もう少し書きたかったところです(^^♪。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2人に1人が"おひとりさま"... | トップ | 地域包括ケア世田谷モデル「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。