中澤まゆみブログ「コミュニティヘルスのあるまちづくり」

医療と介護、高齢社会をテーマに書くノンフィクションライターのブログ。

新刊が出ました

2017-03-20 11:36:13 | 日記
「おひとりさまの介護はじめ55話」

1月末に新しい本を出版しました。
東京・中日新聞で2年間連載したコラム(介護転ばぬ先に)を中心に、
介護ビギナーに向けてわかりやすくまとめた『おひとりさまの介護はじめ55話』(築地書館1500円)です。
4年前に新しく始まった母の介護のことも盛り込んで、
介護に必要な最新情報を介護家族目線でお届けしています。
後半ではこれまで講演でお伝えしてきた「自分らしい終活のための10か条」をまとめました。
介護家族や本人予備軍、介護ビギナーのお知り合いにも、ご紹介ください。

●内容紹介

介護が必要になったときぶつかる大きなハードル。
制度や情報を知らなかった……、
どう動いたらいいのか、わからなかった……。

介護を「自分ごと」として、考える。
医療・介護の現場と制度を長年取材してきた著者が、
2年におよぶ新聞連載と講演をまとめた、お役立ち介護入門書。
出版社からのコメント
自らも認知症の友人を8年間在宅介護し、
高齢の両親の遠距離介護を続けている著者が、
当事者だからこそわかる、介護をする人・される人にとって
本当に必要で役に立つ知識・情報が満載の、
かゆい所に手が届く介護入門書です。

●「あとがき」より
2014年9月から2年間、東京・中日新聞でコラム「介護転ばぬ先に」を連載しました。
タイトル通り、介護をこれから始める人と介護のビギナーに、
わかりやすく制度や情報を紹介しようというのがテーマです。
現在進行形で続いている私自身の2つの介護体験も取り入れな
がら、介護で出会うさまざまな出来事の基本をお伝えしようと始めたコラムは、
おかげさまで、好評のうちに終了しました。
本書はそのコラムに大幅加筆。
さらに、日ごろ講演の中で取り上げ、好評いただいている
「自分らしい『終活』のための10か条」も加筆し、合わせて掲載しました。
いずれは誰にでもやってくる介護に、怖がらず向き合うためのきっかけとして、
本書をお手に取っていただけたら幸いです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域ケアを考える「まるごと... | トップ | 2017年1月~3月の講演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。