MAYU CLUB ~まゆみの絵本棚~

絵本の読み聞かせの魅力を伝えたい!学ぶことにおいて生涯現役であり続ける、2児の母の活動&育児記録です。

読み聞かせ記録 『絵本ダイアリー』 6冊目突入!

2016年10月19日 | 絵本の読み聞かせ
子どものことや身内のことでバタバタが続いていましたが、
今日久しぶりに時間が取れそうだったので、久しぶりにブログを書いてみます。

私は小4の息子と、年中の娘が寝る前に、
絵本の読み聞かせをしているのですが、
その記録を息子が1歳のころからノートに残してきました。

といっても、書くのが面倒で書けないときもあり、
ルーズな記録なのですが、きっちりしないおかげか、9年ほど続いています。

グランママ社から出ている『絵本ダイアリー』という本(日記?)を使っています。
自由度が高くて使いやすいからか、先日6冊目に突入しました。

下が5冊目、上が6冊目。1冊目から保管していますが、もうボロボロです・・・

おはなし会に参加したことや、絵本を買ったことなども記録しています。
書き忘れもありますし、忙しい時は読んだ本の名前しか書きません。

けれど6冊目は、書名だけでなく、時々コメントも書こうと思います。
書名だけでもいいのですが、やっぱりどんな様子で聞いていたのか、
どんなリアクションをしたのか、読み返すと知りたくなるので・・・

昨日、子どもたちが寝る前に絵本を持ってきました。

息子は自分一人で読んでいた『そらいろ男爵』(1)をもってきたので、
自分で読んでいても、読んでもらいたいことがあるのだなぁと、改めて思いました。

前日は児童書の続きものを読んでいたので、その続きを持ってくると思っていただけに、
「今日の気分」の影響が大きいように感じました。

今日の気分を満たしてから眠ることは、とても幸せなことだと思います。

娘は『スイミー』(2)を持ってきたのですが、この絵本は今までもってきたことがなく、
昨日が初めてだったからか、娘はお話に感動したようです。

小さな魚が大きな魚のふりをして、自分たちより大きな魚を追い出すなんて・・・

素直にびっくりし、感動している娘を見て、
幼稚園児の感受性ってすごいなぁと思いました。

スイミーは小学校の国語の教科書に出てくることが多く、
読み聞かせボラなどで読むことがないのですが、
絵本は教科書より絵が多いので、絵にうっとりします。

(絵の美しさにひかれて、この絵本を買ったので)

息子は教科書に載っていたからか、興味を示さず、
『スイミー』は絵本棚で、自分を手に取ってくれるのをじっと待っていました。

そして、やっと娘の手に取られ、喜んでもらえたので、
絵本はとても嬉しかったと思います。

絵本を管理するのは、とても根気のいる作業で、
狭い我が家では、読まれない絵本を置くスペースの余裕はありませんが、
今回の娘と『スイミー』のような出会いを見てしまうと、
やっぱりできるかぎり、子どもの目に届く本棚に置こうと思いました。

こうした感動を子どもたちと共有したり、
絵本ダイアリーに綴る心の余裕をもつよう、心掛けたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ←絵本の読み聞かせライフが少しでも参考になったら、ポチッと応援お願いします♪(応援が励みになっています)
にほんブログ村

【注】

(1)「今日(昨日)読んだ絵本」 参照。

(2)「今日(昨日)読んだ絵本」 参照。

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ ジル・ボム 文 /ティエリー・デデュー 絵 /中島さおり 訳 『そらいろ男爵』 主婦の友社、2015年8月
「戦争について書かれた絵本なのに、重たくないので朝の読み聞かせにも。中・高学年におすすめ。」

★ レオ=レオニ /谷川俊太郎 訳 『スイミー』 好学社
「国語の教科書で読む前に、幼稚園時代に子どもに読んであげたい絵本。とにかく色が美しい!!」
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お気に入り!絵本棚の横に人... | トップ | 欲張らず、細く長く、絵本と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む