MAYU CLUB ~まゆみの絵本棚~

絵本の読み聞かせの魅力を伝えたい!学ぶことにおいて生涯現役であり続ける、2児の母の活動&育児記録です。

修士号

2004年03月17日 | 大学院(通学)
最近どうも疲れ気味です。

先日、院へ修士号授与決定者の掲示に
私の名前があり、少し安心したものの
喜びの気持ちはそんなにこみ上げてきませんでした。

それよりも、短大時代に卒業予定者の掲示を見たときの方が
嬉しかった記憶があります。
この違いは何だろう??と思いました。

準学士も学士も、私に大きな自信を与えてくれました。
なぜこんなにも納得がいかないのに「修士」なのだろうと…

結局は、2年間で研究のすべてなんてわからない。
入り口に立って、ちょっと足をつっこんだくらい
研究とは長期戦で、イキナリすごい論文が書けるものではないんだなと…
でも2年前は、修士を出たら、すごい論文が書けるようになっていると思っていました。

まぁ、そこが成長なのかもしれません。
あの時、学士だけに満足しなくてよかった。
次に進んで、自分の無力さと、かすかな魅力を感じることが
私の院生生活には必要だったのだと思います。

これから何年もたって、日常や社会、研究などを通じて
2年間の反省などが次に繋がっていったとき
「やっぱり私は修士だったんだ」
と思えるのかもしれません。

院の先生方は、いくつになっても非常に研究熱心。

「好きなことをやって食わせてもらっているんだから」

と、ある先生がおっしゃったときは
探究心と向上心に対する終わりのない世界だと感じました。
そこが、研究の魅力でもあり、研究者の魅力でもあるのだなと思いました。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まゆみの大学院合格まで | トップ | 樋口一葉研究会へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大学院(通学)」カテゴリの最新記事