MAYU CLUB ~まゆみの絵本棚~

絵本の読み聞かせの魅力を伝えたい!学ぶことにおいて生涯現役であり続ける、2児の母の活動&育児記録です。

絵本の読み聞かせの“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ へようこそ!!

“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ は子育てをきかっけに絵本にハマったまゆみの読み聞かせに関するブログです。 元気いっぱいな年中の娘と小4の息子を育てながら、家庭での読み聞かせ、小学校や図書館での読み聞かせボランティア、絵本のあるリビングについて綴っています。

日本子どもの本研究会 会員研修に参加!

2017年02月27日 | 日本子どもの本研究会
今朝、予定より早くバルコニーの造作家具の解体が終わり(1)、
部屋が少し明るくなりました。

ちょっと面倒なことも、エイッとやってしまえばスッキリ!
目に見えて変化が出てくることは、ついつい頑張ってしまいます。


外は曇っているものの、不思議と明るく感じます。

子供関係のことで忙しかったり、バルコニーの大掃除も大変だというのに、
昨日、久しぶりに日本子どもの本研究会の会員研修会へ行ってきました。

ここ数ヶ月、土日はいつも子供の世話だったので、
数ヶ月前から、どうしても春の研修会に出たいことを、夫に念を押して伝えていましたが、
夕方から夫が個人的な用事があると言われ、今回もダメかと思っていたのですが・・・

講座終了後に急いで帰宅し、夕方から娘の世話を私がするならOKとのことで、
講座終了後は、会場の方と話しもせずに、超特急で帰って来ました。

そのあとに子供の世話をしながら、バルコニーの掃除をしていたのです。

さすがに今朝は体中が痛かったですが、勉強会に参加でき、
多くの刺激を受けることができ、気持ちが元気になりました。

勉強会は、下記のようなテーマで行われました。

「本が苦手」という子を本好きにするには
―基本図書を組み込んだブックトークの実演&情報交換―


<特別トーク>
・子どもの本を選ぶとき ―絵本から読み物へといざなう―
講師/ほそえさちよ(編集者)    (敬称略)

<ミニ・ブックトーク実演>
・―読み聞かせ等と組み合わせて紹介する方法を探ろう―
太田和順子・代田知子・吉田美佐子(小学生~中学生向き)

<参加者との意見交換>

この3本柱で行ったのですが、私が一番よかったのは、
ほそえさちよさんの特別トークでした。

自分でも、子どもが絵本から児童書へ移行することは、
ハードルが高いと感じてきたので、移行するのにおすすめの本などを
紹介してもらい、とても参考になりました。

絵本の読み聞かせ関係の講演会などでは、
こうした話はあまり聞けないので・・・

質疑応答の時に質問をしたところ、気持ちよく答えてくださり、
モヤモヤしていたものが吹っ飛び、とても心が軽くなりました。

日本子どもの本研究会が主催する研修会や講座は、
個人的には絵本の読み聞かせだけでなく、小学校や中学校の
図書館ボランティアなどをしている人にもおすすめです。
(「会員研修会」と書いてあるのに、会員でなくても参加できます)」

今日は午前が片づけ、午後は用事と忙しかったため、、更新がこんな時間になってしまいましたが、
子どもや家事優先で、時間のあるときに、ブログを更新できたらと思います。(2)

更新が滞ったり、ご迷惑をおかけすることも多々あると思いますが、
ブログを細く長く続けたいと思うので、今後も温かく見守っていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事が参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) 過去ログ 「家の中の整理、専業主婦の今がチャンス!」 参照。

(2) 過去ログ 「読み聞かせの時間を減らしたものの・・・」 参照。

【今日(昨日)読んだ本】

★ 福本友美子・江口絵理 著 /スギヤマカナヨ 絵 『図書館のトリセツ』 講談社、2013年。
「図書館へ行くのが苦手だった息子が、この本の影響で、図書館に興味を持つようになった。」(児童書)

★ ジョン・バーニンガム 作 /あきのしょういちろう 訳 『トラブロフ バラライカにみせられたねずみ』 童話館出版、2010年。
「娘のリクエスト。年中には文章がちょっと難しい。読んでもらうなら1年生から。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家の中の整理、専業主婦の今がチャンス!

2017年02月24日 | 絵本とシンプルライフ
今日は久しぶりに午前午後と予定がなかったので、
朝からバルコニーの造作家具を解体し、少し疲れました・・・

息子が幼稚園に入る前、ベランダガーデンにあこがれ、DIYでマンションの規約に反しない程度の
造作家具を作り、バルコニーで植物を育てるのを楽しんでいました。

しかし、日当たりの悪い我が家は、植物が枯れやすい上に、土で洗濯物やバルコニーが汚れやすいことから、
数年前にベランダガーデンをやめることを決意。

それから少しずつ、鉢などを少しずつリサイクルに出したりして、
2年ほどかけてバルコニーを整理し、やっと造作家具の解体まで、こぎつくことがでいました。

まだ造作家具が半分くらい残っていますが、無理して一気にやらず、
来月中にすべて解体できたらと思っています。(※)

今日こそゆっくり休もうと思ったのに、久しぶりに午前午後とOFFの時は、
まとまった時間が取れるので、普段できない片づけなどを
「エイッ!」とやってしまう、いつもの癖が出てしまいました。

けれど、たまっていたことが少しできたので、
気持ちはすっきりしています。

もちろん、絵本リビングも掃除しました。


花粉がつらいですが、天気のいい日の掃除は気持ちがいいです。

我が家は狭い3LDKのマンションに夫と私、異性の兄弟二人が住んでいるというのに、
絵本の量が一般的な家庭よりも多いので、他の物の量を少なくしています。

年中の娘が、小学校に入るときには、荷物がグンと増えるでしょう。
息子は小学6年生になり、その1年後は中学生。

体も大きくなり、制服に部活、個室など、家の中の物の量や、
部屋の使い方が変わってくるので、そのときのために、
今から少しずつ物を減らしているのです。

広い戸建てに引っ越すことは、金銭的に難しいことと、
できるだけ住宅にかけるお金を抑えたいので、
工夫をして、今の家に住み続ける方が、出費が少なくてすみます。

娘が小学校の中学年くらいにならないと、
パートには出られないと思うので、専業主婦の今、
ちょっと面倒だと思う家の整理を、いろいろやっているのです。

もし、パートに出たいけれど、まだ子供の帰宅が早かったり、
働くためのまとまった時間が取れない場合は、家の中の整理をお勧めします。

ちなみに、私は娘を妊娠したころに、家の中の整理を始めました。
二人目が生まれたら、プラスアルファのことをする余裕がなくなると思ったからです。

あれから6年近くが経ちましたが、まだ家の中の整理は終わっていません。

産後は整理などする余裕がなかったですし、我が家は年の差兄弟だからか、
上の子のおもちゃや絵本を、下の子がまだ楽しんでいるので、
現役で活躍しているものがほとんどです。

なので、明らかに何十年も使っていないもの・・・
というのは、夫のものだけなのですが、これは私の物ではないので、
夫が収納に入りきらない現実を目の当たりにした時に、なんとかしてもらおうと思っています。

まだ時間がかかりそうですが、今日のように
午前も午後も予定のない日がたまにあるので、
そうした日に少しずつ整理していきたいです。

※バルコニーの片づけの続きは 「日本子どもの本研究会 会員研修に参加!」 です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事が参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【今日(昨日)読んだ本】

★ 福本友美子・江口絵理 著 /スギヤマカナヨ 絵 『図書館のトリセツ』 講談社、2013年。
「息子に寝る前に読んでいる本。図書館での調べ学習の仕方も、わかりやすく載っている。(児童書)

★ 谷真介 文 / 赤坂三好 絵 『たまごからうまれた女の子』 佼成出版社 1991年。
「娘のリクエスト。長崎地方に伝わる、ひな祭りの由来のお話。表紙の絵が少し怖いが、中の絵はかわいい。」(絵本))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせの時間を減らしたものの・・・

2017年02月23日 | 絵本・児童書の読み聞かせ
昨日、掃除をした後の絵本リビングの様子です。


文机の前に座ると明るく、レースカーテン越しに見える景色が美しい。

最近体がきついことが多く(1)、このままではまずいと思い、
少しだけ手抜きを始めました。

毎週子供関係のことで、親が足を運ばないといけないことがあり、
それらの割合が増えてきたので、やむなく絵本の時間を少し減らしました。

絵本の読み聞かせの時間を減らすなんて、一番やりたくないことですが、
夕食後、毎日娘に絵本を3,4冊読んでいるのを、2冊くらいに減らしたところ、
夕食後の食器洗いの時間を確保することができました。

以前は

夕食終了→娘に絵本を読む(30分強)→一緒にお風呂

だったのですが、今は

夕食終了→食器洗い(15分)→娘に絵本を読む(15分)→一緒にお風呂

という流れです。

食器洗いなんて、子どもの寝かしつけが終わった後に
まとめてやってしまえばよさそうですが、
食後すぐに勢いでやってしまうほうが、洗い物をためにくいことがわかりました。

夜、寝かしつけのあとの立ち仕事は正直きつく、
夕食後、子どもとカウンター越しにおしゃべりをしながら、
食器を洗うほうが楽しいです。

寝るときにも絵本を1,2冊読むので、調子の悪い時期は、
このくらいでもいいだろうと・・・

特に、昨日のように、午前午後と予定が入っているような日は、
いつもの家事と育児を、全部こなそうとすると、体がきつくなります。

今まで、極力子どものことを優先してきましたが、(2)
全体の1、2割くらいなら、お母さんがホッとする時間や、
優先したいことを優先する時があってもいいと思いました。

絵本の読み聞かせの量を減らした、翌朝のことです。

体がきつくてなかなか布団から起き上がれない私を見て、
娘は何かを感じたようで、

「ママ、からだトントンしてあげる!」

と、私の布団をめくり、足元から首筋まで、
肩たたきをするような感じで、トントンと何度もたたいてくれました。

以前、私の体が痛くなったときに、体を叩いてほしいと、
娘にお願いしたことがあったのですが、娘はそのことを覚えていたのです。

あまり強くないので、さほど気持ちよくはないのですが、
一生懸命私の体をトントン叩いてくれる娘のやさしさに、心癒されました。

その後、起きてから食事をとり、着替えて幼稚園へ行こうとした時です。

娘はドスンと私の膝に乗ってきて

「ママ、えほんよんで!」

と、幼稚園に行く前に言ってきたのです。

「えっ?!これから、幼稚園に行くんだよ!」

「うん。1さつでいいからよんで」

結局短めの絵本を娘に選んでもらい、幼稚園へ行く前に絵本を読みました。

昨日、絵本を読む量が減り、少し楽になったと思っていましたが、
娘のほうが一枚上手(うわて)でした。

絵本を読んでと頼んだ時に断られても、
親の隙を狙って絵本を持ってくるのですから・・・

この調子だと、totoalで見たら、読み聞かせの量は減らせなさそうです。

なので、いい気分転換&趣味になっていたのですが、減らしても子どもや家庭に支障のない、
ブログの時間を少し削ろうと思います。

娘が体をトントンしてくれる優しさを考えると、
子どもたちの心の安定のために、読み聞かせは大事にしたほうがいいのかな
と、思いました。

以前も私が忙しくなり、体調を崩したことがあったのですが(3)、
その時も子どものことを優先させたことがありました。

しかし、いつも「子供優先、自分後回し!」では、
私がストレスフルになってしまうと思うので、今回は

「子どもを優先しつつも、自分も少し優先してあげる」

といった感じで、自分を優先することを、許してあげたいと思います。

今後も家事と育児のバランスは、自分の体調や子どもたちの様子をみながら、模索していきたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) 過去ログ 「子どもの前でため息・・・お母さん、無理しないで」 参照。

(2) 過去ログ 「仕事より子育て優先」  「夏休みはいつも以上に育児優先」 参照。

(3) 過去ログ 「体調不良が続いています」 「絵本の読み聞かせボラと育児のバランス」 参照。

【今日(昨日)読んだ本】

★ ジョン・ヴァーノン・ロード 文&絵 /安西徹雄 訳 『ジャイアント・ジャム・サンド』 アリス館、1993年。
「娘のお気に入り絵本。大勢で読むより、親子で読んでほしい一冊。絵がとにかく楽しい!」(絵本)

★ アーノルド・ローベル 作 /三木卓 訳 『ふたりはいつも』 文化出版局、1977年。
「娘のリクエスト。がまくんとかえるくんの話は、お話によっては幼稚園児には難しいと思うが、娘はなぜか好き。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増え続ける絵本リビングのぬいぐるみ

2017年02月21日 | 絵本とインテリア
体調不良が続いており、体がきついと感じる日が増えてきました。

専業主婦といっても、いつも家で家事と育児だけをしているのではなく、
雑務が多いので、定期的な外出も多いです。

最近は、外での定期的な雑務が続き、その疲れを土日にとることができない上、
花粉の時期に入ってしまったので、かなり参っていました。(1)

しかし、毎日の掃除や育児が、いい意味で規則正しい生活に私を戻してくれます。


最近は日が少し高くなったからか、室内にお日様の光が入らなくなり残念。
バルコニーには日が入るので、その光に癒されている。

花粉症がひどい私には、薬を服用してもこの時期のはつらいですが、
毎日必ず寝室とリビングや和室の換気を行い、
よどんだ空気を入れ替えるよう、心掛けています。

もちろん、外でも家の中でも、寝るときもマスク着用です。
マスクをしないと、くしゃみが止まらず苦しいです。

花粉の時期も、掃除機をかけているときは換気を行い、
掃除が終わると窓を閉め、外から入ってきた花粉などを、
空気清浄機に吸ってもらいます。

空気清浄機も、毎日フィルターの掃除をするので、
フィルターにびっしりほこりがたまったりしません。

夫と息子がぜんそくで、私と息子が花粉症なので、
ハウスダストや花粉に気を遣いながら掃除をしています。

前置き長くなりましたが、今日は絵本リビングのぬいぐるみのことを
少し書きたいと思います。

女の子が家にいると、ぬいぐるみがどんどん増えていくことがありませんか。
我が家の娘は、ぬいぐるみが大好きです。

ハウスダストの関係上、家にぬいぐるみはあまり置きたくないのですが、
娘の大切な友達なので、ぬいぐるみは現状維持で、
他の布物をできるだけ少なくするよう心掛けています。

ぬいぐるみは、おもちゃ箱などにまとめて入れたほうが、
部屋がスッキリするのですが、
先ほども書いたように、ぬいぐるみは娘の大切な友達です。

なので、おもちゃ箱に入れるよりは、絵本棚の上に置いた方が、
ぬいぐるみたちも過ごしやすいと思うので、ここが定位置で、
私もそのぬいぐるみのことは、名前で呼び、かわいがっています。

しかし、喘息の息子と夫がいるので、ぬいぐるみがどんどん増えていくのは困るため、
もう遊ばなくなったぬいぐるみで、娘が手放していいものは、塩で清めて、
きれいな包装紙に包み、手を合わせて、感謝の言葉を添えてから、処分することもあります。

このお別れの儀式があると、子どもたちはおもちゃやぬいぐるみと、お別れをしやすいようです。

我が子にウォルドルフ人形(2)を・・・と思い、手作りしたこともありましたが、
子どもたちがあまり気に入ってくれなかったため、数年後、手放していいと言われた時、
清めて感謝の言葉を言った後に、手放しました。

親が心を込めて何か月かけて作った、手作りの人形をあっさり手放され、
なんだか寂しい気もしましたが、親が心を込めて作った作品でも、
残念ながら、子どもが気に入らなかったり、飽きたりすることもあるのです。

(手料理などでも、よくありますね)

市販品のぬいぐるみでも、その子との相性がいいのなら、
娘にとって、最愛の友達だと思います。

家にもうたくさんぬいぐるみがいるので、これ以上増やしたくないのですが、
クリスマスにサンタさんへお願いをすると、我が家にやってくることが多いのです。
この間のクリスマスにも、お友達が一匹増えました。

出かけ先などで、私が何気なく人形を買ってあげることはありません。
まずは、今家にいる子たちをかわいがってほしいと思っています。

飽きっぽい娘ですが、お気に入りのぬいぐるみとは、もう何年も遊んでおり、
放り投げたり、振り回したり、ほこりの原因になりようなんことばかりしていますが、
それだけいい関係なのだと思うので、やっぱり私がマメに掃除をすることが、一番よさそうです。

今の掃除のペースだと、夫や息子の喘息発作もほとんど出ませんし。

私が削るのは、いつも育児や家事より、趣味のブログや読み聞かせボラばかりですが、
あと数年は手がかかるので、仕方ないかもしれません。

その代り、子どもたちが甘えてくる時期に、
たくさん親子での思い出を作っておこうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事が参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) 過去ログ 「子どもの前でため息・・・お母さん、無理しないで」 参照。

(2) シュタイナーの教育思想をもとにうまれた人形。人の手で自然素材を使って作られているものが多く、素朴な表情が特徴。親が子に作ってあげるケースも。


【今日(昨日)読んだ本】

★ 福本友美子・江口絵理 著 /スギヤマカナヨ 絵 『図書館のトリセツ』 講談社、2013年。
「図書館のしくみを勉強するとき、子どもに紹介してあげたい本。分類記号などの秘密もわかる。」(児童書)

★ ジョン・バーニンガム 作&絵 /きじまはじめ 訳 『ボルカ はねなしがちょうのぼうけん』 ほるぷ出版、1993年。
「娘のリクエスト。以前からずっと気になっていた作品。デビュー作でこの完成度はすごすぎ。大人にも読んでほしい絵本。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家事量を減らす ―これ以上悪化させないために

2017年02月19日 | ティータイム(雑談)
今日は日曜日ですが、夫が仕事に入った後、洗濯や子供たちの世話をし、、
息子を習い事に送りだあとに掃除をし、やっといつもの絵本リビングに戻りました。


すっきりしたリビングを見ると、元気が出ます。

一昨日疲労感の波が襲ってきたので(1)、昨日は掃除と洗濯をお休みし、
幼稚園と学校行事以外の、休めるところでは眠れなくてもいいので横になり、
体を休めるよう心掛けていたところ、おかげさまで少し体が軽くなりました。

花粉が飛び始めたので、花粉と疲労の症状が一緒に出て
体がきつくなったのかもしれません。

お母さんは体調がよくないから、少し休むねと、子どもたちに何度も伝えたのですが、
絵本を読んでくれと、せがんできて大変でした。

本当は思い切って何もやらない!ということを試してみたいのですが、
それをすると、あとでやっていない家事を
全部自分がやらないといけないので、大変すぎて実行できません。

夫は妻のの体調不良などは気にしないタイプですし、
家事や育児のサポートは期待できません。

なので、体調が悪い時でも家事の量は減りませんが、やる量を減らし、
できる範囲で休息をとり、これ以上悪化しないようにすることが、大事だと思いました。
(掃除は好きなので、セーブはあまりしたくないのですが)

自分が倒れたら、家が回らなくなるので、
倒れて寝込んでしまうくらいなら、ほどほどに手抜きしたほうがいいです。

ちなみに、私は絵本が好きなので、子どもが絵本を持って来たら読むことが多いですが、
お母さんが子どもに絵本を読むのがしんどいと感じた時は、
一日1冊にしたり、時々お子さんにお願いして、お休みさせてもらってもいいと思います。

我が子は外遊びが大好きですが、私は体力がもたないので、
外遊びは幼稚園でいっぱいやっているからと割り切り、
私が子どもと遊ぶ時は、家遊びが中心です。

そのかわり、毎日の幼稚園の送り迎えを歩きでしているので、
その時に追いかけっこをしたり、外の景色を一緒に楽しんだりしています。

「細く、長く」続けられる方が、結果的にいいことが多いと思うので、
そのための、多少の割り切りや、あまり頑張りすぎないことも、大事だと思います。


今日の午後、部屋の片づけが終わったので、少し体を休めようと思ったら、
娘が文机やダメソファなどを移動させ、何やら作り始めたので

「自分のつくえを作ったの?」

と聞くと、「じぶんのいえをつくった」と言ってきました。
ダメソファは寝るときに使うそうです。



この遊びのあとに、木琴やらピアニカやらを出して遊び出し、
さらに遊びがエスカレート!!

「ママ!みて!!」「ママ!きいて!」「ママ!おなかすいた!」

しまってあったおもちゃを引っ張り出し、
部屋はどんどん散らかり、片付いた部屋はどこへやら・・・

子どもは散らかす生き物なので、仕方ないですね。
また懲りずに片付け、掃除します。

ブログに絵本のことや、インテリアのことなど、書きたいことはいろいろあるのですが、
夕方は息子に好物を作ってくれと頼まれているので、これから少し休み、
体を回復させていきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が、私の心の支えになっています。ブログを応援してくださる方は、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

※この記事の続きは 「増え続ける絵本リビングのぬいぐるみ」 です。

【注】

(1) 過去ログ 「子どもの前でため息・・・お母さん、無理しないで」 参照。


【今日(昨日)読んだ本】

★ 福本友美子・江口絵理 著 /スギヤマカナヨ 絵 『図書館のトリセツ』 講談社、2013年。
「息子のリクエスト。図書館の使い方について書かれた本で、書き方もわかりやすく面白い。小学校中学年から。」(児童書)

★ ハンス・フィッシャー 文&絵 石井桃子 訳 『こねこのぴっち』 岩波書店、1987年。

「娘のリクエスト。石井桃子の訳がなんとも温かい。読んであげると心がホッとする。女の子におすすめ。」(絵本)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加