MAYU CLUB ~まゆみの絵本棚~

絵本の読み聞かせの魅力を伝えたい!学ぶことにおいて生涯現役であり続ける、2児の母の活動&育児記録です。

絵本の読み聞かせの“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ へようこそ!!

“MAYU CLUB” ~まゆみの絵本棚~ は子育てをきかっけに絵本にハマったまゆみの読み聞かせに関するブログです。 元気いっぱいな年中の娘と小4の息子を育てながら、家庭での読み聞かせ、小学校や図書館での読み聞かせボランティア、絵本のあるリビングについて綴っています。

軽い家具は模様替えに便利!

2017年04月20日 | 絵本とインテリア
久しぶりのブログ更新です。

新学期が始まって2週間。
絵本の読み聞かせボラ以外のPTA活動を
今年は引き受けることになり、小学校へ出向くことが増えました。

また、娘関係のことでも出向くことが増えたからか、
掃除は続けていても、夕食などは、すっかり手抜きモードに・・・

以前は午前中に家で家事をし、午後に出掛けることが多かったのですが、
今年度は午前中に出掛けることが多いので、
午後に家事をしていると、あっと言う間に娘のお迎えの時間になってしまいます。

気持ちの余裕がなかったり、心身ともに疲れがちなので、
なんとか悪循環から、脱出したいです。

そこで、暖かくなってきたこともあり、キッチン側に寄せていた丸テーブルを、
バルコニー側に寄せてみました。


リビングに直射日光は入らないものの、晴れの日はとても明るい。

花粉症の症状がひどく、天気がいいのに換気をしながら掃除をしたり、
バルコニーに洗濯を干せない日々が続いていますが、
丸テーブルをバルコニー側に寄せたら、春を感じられるようになりました。

ローテーブルのいいところは、簡単に家具の位置を移動できることでしょうか。

夫は重たいものが嫌いで、家具などを移動させるのは大嫌いです。
仕事から疲れて帰って着た後に、テーブルを移動させるのを手伝ってくれといったら、
不機嫌になること間違いなしです。

一人で移動できる家具なら、誰の助けを借りることなく
思い立ったらすぐ模様替えができます。

丸テーブルは少し大きくても、横に倒せば転がせるので、移動が楽なのです。

疲労等により、心身ともに疲れ切っていた私ですが、
丸テーブルを移動したことで、春を感じられるようになり、
少し心身が元気になってきました。

私の春は、桜の時期より一ヶ月ほど遅れて訪れます。

GWを過ぎた頃には花粉の時期も終わり、
換気を思いきりしながら掃除ができます。

浴室乾燥では乾かせない衣類を洗って、
バルコニーに干して、すっきり乾かすこともできます。

そのころには、年度初め特有の忙しさから解放され、
一息つく時間も作れるようになるでしょう。

私の春はこれからです。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたり、参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ ヨシタケシンスケ 『このあとどうしちゃおう』 ブロンズ新社、2016年。
祖父の死をつらい出来事と感じさせない、不思議なヨシタケシンスケワールド。一読する価値あり。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本リビングは見た目よりも実用性重視?!

2017年04月11日 | 絵本とインテリア
今日は花粉の飛散量が少ない日だったので、
部屋の換気をしながら掃除をしました。


数日前から端午の節句の兜を飾っている。バルコニーには小さなこいのぼりも。

我が家の節句飾りは小さいものばかりですが、
家のサイズに合っているので気に入っています。

リビングの右側の壁に飾ってある絵は、
私が昔、ひとめぼれして買った、いわむらかずおさんの絵です。(1)

当時は丸テーブルではなかったのですが、
いつか丸テーブルを囲んで、家族でわいわいしながらご飯を食べる、
楽しいリビングにしていきたいと思い、購入しました。

左側の絵は、息子の版画です。

いわむらかずおさんの絵が1枚、壁のの真ん中に飾ってあるほうが、
スッキリするのですが、子どもたちの絵も捨てがたく、結局二つ飾っています。

「こうしたらもっとスッキリする」「こうしたほうがオシャレ」

というのはいくらでもあるのですが、家族の意見や実用性を重視しているため、
見た目は二の次にしています。

本当は絵本棚にゆとりスペース(空間)を作りたいのですが、(2)
「これいいな」と思う本は買ってしまうことが多く、
せっかく作った空間が、新しく買った本の居場所になることはしょっちゅうです。

けれど、子どもたちがそうした本を手に取って読んでくれていると、
ゆとりスペースもいいけれど、それよりも新しく買った本を入れるスペースのほうが、
大事だよなぁと思ってしまいます。

子どもたちは日々成長しているので、同じ本を繰り返し読むのもいいのですが、
新しい本から新しいものを吸収することも大事だと思うからです。

娘が手放してもいいと言った絵本を寄贈したり、あまり読まない絵本を書庫へ移動したりして、
絵本棚のスペースを作っても、結局そこに新しく買った本が入ってくるので、
我が家の絵本棚はローテーションの繰り返し。

すっきりした部屋、オシャレな部屋にもあこがれますが、
子どもたちにとっては、絵本のあるリビングが居心地いいようなので、
ある程度の絵本の量をキープしつつも、すっきり感がだせるよう、工夫していきたいです。

でも我が家の場合、減らすよりも、掃除や整理整頓のほうが効果があるので、
地味に掃除や整理整頓を続けようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたり、参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) いわむらかずお 作&絵 『14ひきのあさごはん』 童心社、1983年。

(2) 過去ログ 「絵本棚にゆとりの空間を作る」 参照。

【今日(昨日)読んだ本】

★ ユリアン・プレス 作&絵 / 大社玲子 訳 『くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀』 岩波書店、2016年。
「息子のお気に入り。絵を見て謎を解く本なので、ゲーム感覚で楽しめる。小3くらいから。」(児童書)

★ チゾン+テイラー 作 やましたはるお 訳 『バーバパパのふうせんりょこう』 講談社、1997年。
「通常のバーバパパシリーズより小さいタイプ。長さも短く、娘は物足りなさそうだった。年少向け?」(絵本) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掃除も読み聞かせも頑張りすぎない

2017年04月07日 | 絵本・児童書の読み聞かせ
子どもたちの春休みが終わり、やっと一人の時間に
部屋を掃除することができました。

今日は花粉の飛散量も少なめだったので、
部屋の換気をしながら、掃除ができたので気持ちよかったです。


図書館で借りた本が30冊ほど、表紙の見える絵本棚に入っています。

春休みは子供たちが家にいることが多かったので、
部屋の掃除は諦めました。

その方が、部屋がおもちゃで散らかっていても
「今日は掃除しないし、まぁいいか」と思え、文句も言わず気楽でした。

頑張って毎日掃除するよりは、
頑張らないで、ほどほどに掃除をするほうが、
精神衛生上、いいのかもなぁと思いました。(1)

絵本の読み聞かせも同じで、頑張って毎日読もう!と思うとしんどいので、
時々読まない日があっても「まぁいいか」ぐらいに思うほうが、
気負いしないですみそうです。

春休みは子供たちと、図書館で借りたジブリのDVDなどを楽しみました。

以前は週末だけ1時間テレビを見ていたのですが、
春休みは1日1時間と、少し緩めでした。

「春休みだし、時間もあるからいっか」

という感じで、私の肩の力も抜けたことで、
子どもたちも少し楽になったようなので、テレビとうまく付き合っていきたいです。

食事中は見ないので、会話の時間も取れていますし、
絵本も勝手に読んだり、もってきたりするので、
やっぱり絵本とテレビは、彼らの中では違うのだなと思いました。

息子が小5に、娘が幼稚園の年長になりましたが、
寝る前の読み聞かせは、今も続いています。

息子に関しては、こんなに寝る前の読み聞かせが続くと思いませんでした。

もう終わりでもいいんじゃないかと思うのですが、
「読んで」と言ってくるうちは、読もうと思います。

必ず「もう自分で読むからいいよ」と言ってくる時が来ると思うので・・・

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたり、参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

過去ログ 「よいお母さんでなく、明るいお母さんに・・・」 参照。

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ ジュール=ヴぇルヌ 作 /石川湧・石川布美 訳 『地底旅行』 偕成社、1993年(偕成社文庫)。
「私のリクエストで息子に読んだところ、内容がチンプンカンプンだったとのこと。この本にはもう少し眠ってもらおうと思う。」(児童書)

★ ヨシタケシンスケ 作&絵 『りんごかもしれない』 ブロンズ新社、2013年。
「娘の大好きな絵本。読んだあとに本物のりんごを出したところ、大興奮だった。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リビングは精神が安らぐ場

2017年04月02日 | 絵本とシンプルライフ
娘の体調が戻ったものの、入院することになり、
数日間、入院している娘につき添っていましたが、無事退院しました。

家に帰って思ったことは、我が家がやっぱり一番だということです。
部屋が散らかっていても、家事がたまっていても、
家にいるのが一番落ち着きます。

昨日はたまった家事を朝からこなしていましたが、
不思議と苦痛に感じませんでした。

たまっていたことが減っていくのが嬉しかったのです。

雨が降ってるときに短時間換気をして掃除をし、
半月に1回やっている、本棚の後ろのほこりも取り除きました。(1)


いつもの絵本リビングに戻る。久しぶりに掃除機をかけられて満足。

ここ半月ほど娘が体調を崩しており、普段と違う生活をし、
こんなことを感じました。

当たり前のように日々の生活を送れるのは、とても幸せなこと

花粉症のため、未だに外に洗濯物が干せず、換気をしながらの掃除も、
花粉の飛散量の少ない日のみに限定され、不便を感じていますが、
それでも、家で普通に生活できることは、ありがたいです。

病院にいるときは、食べ物もどこかで買わなければいけなかったので、
出費がどんどん出てしまいましたが、家にいれば、家にある食材で、
何かを作れば、材料費ぐらいしかかかりません。

絵本を読みたいと思ったら、絵本リビングからもってくればいいだけ。
何かしたいと思ったことが、家にいるときのほうがスムーズにできます。

日々の日常は、当たり前のようであって、当たり前ではないのだなと・・・

娘も家に帰ってからのほうが、リビングでのびのびしているので、
娘にとっても私にとっても、リビングは精神が安らぐ場なのだとわかりました。

我が家はあまり模様替えをしないので、いつも同じようなリビングですが、
その変わらない姿が好きなのです。

ちなみに、この半月ほど看病で疲れていましたが、
子どもが寝た後に、収納の整理したおかげで、
不用品をかなり処分できました。(2)

昨年度の書類は、すべて昨年度のうちに整理し、
不要になった書類は古紙リサイクルに出しました。

息子と娘が遊ばなくなった、幼児用のおもちゃがあったので、
保育園に問い合わせ、必要か確認したところ、
ぜひ欲しいとのことで、もっていったところ、喜んでもらってくれました。

おもちゃはまだまだありますが、今も遊んでいるものや、
愛着の強いものは無理して手放さず、子どもたちがあげもいいものだけ、
幼稚園や保育園、児童館、保健センターなどに問い合わせ、寄付します。

今回娘が入院した病院のプレイルームには、
良質な絵本が少なかったので、今度病院に確認し、OKが出たら、
娘があげてもいいという絵本を、寄付しようと思います。

(寄付するときはいきなり持ち込まず、必ず先方に確認をとります。)

看病続きで大変でしたが、大切なことに気付くことができ、
有意義な時間を過ごすことができました。

子どもたちが元気なこと、当たり前のように絵本が読めることにも感謝です。

今日も楽しい一日でありますように・・・

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたり、参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) 過去ログ 「やっている?絵本棚の掃除」 参照。

(2) 過去ログ 「年度末、子ども関係ののプリントや、引き出しの中を整理」 参照。

今日(昨日)読んだ絵本】

★ ユリアン・プレス 作&絵 /大社玲子 訳 『くろグミ団は名探偵 石弓の呪い』 岩波書店、2016年。
「息子のお気に入り。絵を見て怪しいところがないか探す作業が面白い。本が苦手な子にもおすすめ。」(児童書)

★ 瀧村有子 作 /鈴木永子 絵 『ちょっとだけ』 福音館書店、2007年。(こどものとも傑作集)
「娘のお気に入り、子どもの甘えを受け入れることは、とても大事だなと気づかされる絵本。」(絵本)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

散らかった絵本リビングから感じること ―子どもたちの頑張りや成長

2017年03月29日 | 絵本とインテリア
やっと娘の体調が元に戻り(1)、今日から普通の生活に戻りました。

といっても、いつの間にか幼稚園も小学校も春休みに入っていたので、
今は子どもたちが毎日家にいる生活です。

先日関東に雨が降ったとき、花粉の飛散量が少なかったので、
換気をしながら全部屋に掃除機をかけていたのですが、
片づけた矢先に、子どもたちが部屋を散らかしていくではありませんか!

おかげで、掃除後の絵本リビングの写真を撮ることすらできませんでした(笑)
(そんなわけで、今回も写真なしです。写真が好きな方、ごめんなさい。)

夜遅く、散らかった部屋を見て、うんざりする反面、
出しっぱなしになっているレゴや絵本を見ると、
子供たちが楽しく遊んでいる声が聞こえてきて、なんとも言えない気持ちになります。

床に置いたままの国語辞典は、ブーブー言いながらも、
わからない字を国語辞典で調べた息子の形跡。

床に落ちている、娘の皆勤メダル。
感染系の病気以外では、休まず幼稚園に通った証。

毎日忙しく生活をしていると、子どもたちの頑張りや成長を、
見過ごしてしまいがちですが、こうして片づけをしていると、
子どもたちは毎日頑張っているのだなと、気付かされます。

今日はガミガミ言いすぎてしまった。
もう少し褒めてあげればよかったな・・・

だいたい子どもたちが寝てから反省することが多いです。

もう母親になって10年以上たつというのに、
思いのほか、精神的に子供っぽいところが多く、
自分の未熟さが情けなく感じることがあります。

しかし、こんな母親でも、子どもたちは私に笑顔を振りまいてくれます。

私は掃除が好きですが、今後はこの子たちの前で笑顔でいられるよう、
疲れた時は素直に疲れたと言い、休もうと思いました。(2)

春休みは特に、子どもたちが家にいるので、家事の量が増えます。

散らかった部屋も、見方を変えると、まんざらでもないです。
子どもたちが楽しく遊んでいた証ですから・・・

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ 
↑ みなさんの応援が大きな励みになっています。少しでも記事に共感できたり、参考になりましたら、お好きな方をポチッとお願いします。

にほんブログ村 (バナーをクリックすると、安全なサイトのランキングにとびます)

【注】

(1) 過去ログ 「転んでもただでは起きない?! ――不用品を処分」 参照。

(2) 過去ログ 「よいお母さんでなく、明るいお母さんに・・・」 参照。

【今日(昨日)読んだ絵本】

★ ユリアン・プレス 作&絵 /大社玲子 訳 『くろグミ団は名探偵 石弓の呪い』 岩波書店、2016年。
「『くろて団は名探偵』ととても似ている、絵を見ながら事件を解いていく本。兄弟一緒の読み聞かせにおすすめ。」(児童書)

★ ハンス・フィッシャー 文&絵 /おおつかゆうぞう 訳 『たんじょうび』 福音館書店、1965年。
「おばあさんと動物たちの関係がとてもよく伝わってくる絵本。『こねこのぴっち』のぴっちも最後に登場する。」(絵本)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加