子離れ主婦日記

ついに50代!
完全専業主婦の旅立ちです。
「豊かな老後のために、焦らず始動します」
と、決意表明。


恐怖の引越し

2017-04-20 18:25:04 | Weblog

大分の賃貸物件を引き払い、品川区に1Kマンションを借りたJUN。

しかし、大分の1Kと、東京の1Kでは、家賃も広さも違う。狭い所から、広い所に移るんだったら、いいんだけど、、、逆はまじできつい。

結局、大分で、粗大ごみを出す時間もなく、東京まで、運んでもらってからの仕分け。

狭いお部屋には、すべて入りきらず、いらないものはトラックから降ろしてもらって、私の車にのせ、実家まで運ばなくてはいけない。

しかも、肝心なJUNが荷物より、遅い到着で、、、引っ越し屋さんとのやり取りはすべて私。

いらない椅子や机、テーブル、クッションなどなど、私の小さい軽自動車に、ギュウギュウに、つめこみ、ガタガタと、荷物ゆらしながらの怖い赤帽さん。

なんで、私がこんな苦労しなくてはいけないのよ~。と、文句たらたら。

で、荷物おいて、再び新しい賃貸物件に戻ったところに、やっとJUNが登場。

さ、いそいで、荷ほどきしようと、頑張ってみたものの、一番大切にしてるPCセットを出したところで、JUNさん「急に眠くなった」と、グーグーと寝始めた。

うそでしょう。結局片付けきれず、一緒に実家帰るわ。と、、、、車の駐車がきになったので、二度目は電車できた私。

お昼は夏日のように暑かったので、半そでできたけど、日付も変わろうとしている夜は、北風ピープーで、超さむっ。

一日行ったり来たりの荷物運びで、疲れていたのと、すっかり体も冷えたので、風邪ひいた~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雷のあと | トップ | 古い習慣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。