It's just me,myself and I

横浜育ち、米在住21年の女性のくだらない日記の中に、日米のギャップ、バークレーでの生き方、パイロットの毎日が見られる。

特別扱いをしない事で

2017-04-03 | パイロットの日記


私のスケジュールはとても柔軟で、上手くいけば仕事を減らして休みを増やすことが出来る。でもさ、減らしすぎると仕事に行きたくなくなる。 仕事に行かないと漢方もちゃんと飲むし、ニノ君にも毎日会えるし。

3月はいつもの6割の収入で終わりそうだったけど月末にピックアップして(普通の)8割まで収入が上がった。 4月はこれまたラッキーが続いて、スケジュールを4割まで下げることに成功、そこから人手不足の日に割り増しでピックアップしてる。 というわけでこの5日間くらい仕事モードになってる。なっているうちにたくさん仕事に行って、後半にゆっくりしてもいいし。

今回の機長は空軍出身のミシェルTさん。サバサバしてて好きだわ。 旦那さんは2年くらい前に引退した機長。旦那さんの甥でフロリダに住んでいる Aさんは、うちの会社の副操縦士で、その奥さんLさんは、私がノースの子会社で働いていた時に同僚だったLちゃん。航空業界は狭いですね〜。Lちゃんは6年くらい前にデルタ航空でパイロットとして就職したんだけど、入社して1-2年で双子を妊娠、その二年後の今、女の子を産む寸前。 おおぉー。 忙しいなぁ。夫婦で大手のパイロット、子供が3人。 子供の面倒やベビーシッターの状況が気になる。Lさんは結構几帳面な性格だそうで、ベビーのケアー関連の話で家族と衝突することも多いみたい。

ミシェル機長は多分55歳前後かと思うけど、旦那さんが既に引退しているので彼女も近く早めに引退をして人生を楽しみたいと言っている。

FAが「全員女性クルーのフライトだ!!」と言って、写真を撮りたいと大興奮。 ちなみに私は、女性と飛んでいるからと特別扱いをしない。 自分は単にパイロットであり、「女性パイロット」と考えていないから。特別扱いをしない事で、子供たちにも性別を関係なくパイロットになりたいと思ってほしい。



テキサスのコーポスクリスティ。


せっかく景色が良いのに、バルコニーに出れないようになっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロから3 | トップ | 責任重大だよ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Sungirl)
2017-04-04 20:41:46
そこでシーフード食べた!!
美味しかった思い出の街だよ。
Me (@Sungirl)
2017-04-05 07:38:13
あーサンガールがテキサスに行ったの忘れてた!! コーポス行ったのね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。