It's just me,myself and I

横浜育ち、米在住23年の女性のくだらない日記の中に、日米のギャップ、バークレーでの生き方、パイロットの毎日が見られる。

慣れた感覚

2017-06-15 | グアテマラ語学留学


エリンちゃんは、ホステルに移った。また下痢をしていて15分おきにトイレに入っているようだ。
少し心配だ。




昨日の夜、夕飯のテーブルでグアテマラでは地震が頻繁に起きないと言う話をしていたら。。。。。その数時間後の午前1時半ごろ、懐かしい感覚があった。地震だ。体感だと震度5だろう。ホームステイ先によってはベッドルームの壁が少し崩れてベットの上にほこりやコンクリートが落ちたり、うちのホームステイの場合は棚から物が落ちて割れたりした。近くの教会では壁や天井のダメージがあったそうだ。みんなすごく怖がっていたけど、たまたま日本に帰ってくると震度4の地震が2回ぐらい起きることもあるので、それほどは怖くなかった。初めての人は怖かったと思う。ただ単にこれ以上の強い揺れにならないことと、家が崩れないことだけを祈っていた。揺れが収まるとホームステイのお母さんが大丈夫かと様子を見に来てくれた。すぐ隣の部屋で寝ているイギリス人の女の子は揺れにも起きず、お母さんの心配する声にも全く目を覚ます事はなかったようだ。ははは。今日はとにかく町中の皆が地震の話をしていた。






古着屋で買ったソレルの防水ブーツ。 1300円くらい。 今日は大雨だったので、とても役に立った。こういう日にスニーカーを履いて出ると、必ず足が濡れて帰ってくる。





持って来た靴下は短いものばかりなので、スーパーマーケットで少しサイズを悩みながら靴下を買った。3足150円。Mサイズなのに少し小さめなので、よ〜く見たら小さい字で子供用と書いてあった。小さめで伸びも悪いので、少しずつズレ落ちるかなと心配だったけど大丈夫だった〜。よかった。


Niñoが子供って意味




医学生の友達が冷凍バナナを食べていた!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温泉でコネを作る | トップ | グアテマラ箇条書き2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿